予防医療(ワクチン、避妊・去勢) 高度医療(CT検査、腹腔鏡、整形、ヘルニア) トリミング ペットホテル デイケア リハビリ 各種セミナー(しつけ教室)

右京動物病院ブログ: 診察

1 / 4912345...102030...最後 »

7月16日(金) 長生きのためにも

カテゴリー: あれこれ・・・ 診察 

7月16日(金)

******臨時休診のお知らせ*********

院長(平野)は完全予約制となりますので、ご注意ください。
田中:7月25日(日)、26日(月)27日(火)

7月19日(月)は研修のためスタッフ数が少なくなります。
その為、19日は完全予約制とさせていただきます。
診察を希望される場合は必ず一度病院にご連絡ください。
また、可能であれば別日にご来院くださいますようご協力よろしくお願いいたします。

******セミナーのお知らせ*********
パピー教室:7月25日(日)

 

こんばんは、獣医師の二股です。
じとじとした蒸し暑い日が続きますね💧

すっきりしない天気が続きますが、ここ2週間の間に子宮蓄膿症のわんちゃんが2件続けて来院され、
改めて避妊手術の大切さを実感しました。

子宮蓄膿症とは、子宮内に大腸菌などの細菌が感染することで膿が溜まる病気です。
避妊手術をしていない中高齢以降の動物、特にわんちゃんで発症が多く、
陰部からの排膿、出血、食欲低下、沈鬱、多飲多尿など症状、
また、重症になると細菌感染によるショックや多臓器不全を起こしうる緊急疾患です。
子宮蓄膿症の最適な治療は子宮卵巣の摘出手術となります⚡

陰部からの出血、排膿で来院されたPちゃん。
エコー検査では拡張した子宮と血液検査では炎症マーカーの上昇が認められ、子宮蓄膿症と診断しました。
入院し、そのまま手術となりました。



拡張した子宮。子宮内には膿が貯留していました。


子宮頸部には腫瘍(平滑筋腫)が認められました。


その他、Pちゃんは複数の乳腺腫瘍を認めたため、乳腺腫瘍切除も同時に行いました。

無事手術を終え、Pちゃんは術後3日程ですっかり元気を取り戻しました。

しかし、このような事態になる前に避妊手術を行い、予防を徹底することが大切です⚡
避妊手術を行わないと子宮や卵巣の疾患になりやすいばかりではなく、乳腺腫瘍のリスクも大幅に上昇します。
今回Pちゃんの乳腺腫瘍は幸い悪性度の高いものではありませんでしたが、
悪性度が高ければリンパ節や肺への転移も十分に可能性があります。

避妊手術をせず、中高齢の動物での子宮蓄膿症、子宮の腫瘍、乳腺腫瘍・・・
いずれかは大体の子がなっているというくらいかなり多いです!💦

乳腺腫瘍の発生率は初回発情前の避妊手術を行うことで0.05%、2回目の発情前の避妊手術では8%と報告されています。
初回発情前の生後6か月前後で手術を行えば乳腺腫瘍のリスクをぐっと減らせます!!

避妊手術を検討されている方、是非前向きに考えあげてください✨
手術が怖いという方も気軽にご相談ください🌱

 

 

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、「いいね!」をお願いします♪ 
futamata@U-KYO-Animal Hospital


⭐︎ LINEはじめました ⭐︎

 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等
    便利でお得な?情報を配信して参ります(^^)v
 フードのご注文も24時間可能です♪ 
 ID検索【ukyo-ah】

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師
 ISFMキャットフレンドリークリニック ゴールド認定

7月11日(日) 

カテゴリー: 診察 

7月11日

*******臨時休診のお知らせ*********

院長(平野)は完全予約制となりますので、ご注意ください。
三浦:7月9日(金)、10日(土)
田中:7月12日(月)、25日(日)、26日(月)27日(火)
小澤:7月11日(日)

7月19日(月)は研修のためスタッフ数が少なくなります。
その為、19日は完全予約制とさせていただきます。
診察を希望される場合は必ず一度病院にご連絡ください。
また、可能であれば別日にご来院くださいますようご協力よろしくお願いいたします。

******勤務形態変更のお知らせ*********

7月20日から、三浦獣医師の診療は完全予約制となります。
お手数をおかけしますが、診察をご希望の場合は前日までにご予約ください。

******セミナーのお知らせ*********

パピー教室:7月11日(日)、25日(日)

こんにちは。獣医師の田中です。
すっかり夏になりましたね。嵐山でもセミの声が聞こえ始めました。

今日はワンちゃんのアトピー性皮膚炎についてお話しします。
ワンちゃんにもアトピー性皮膚炎という病気があります。
アトピー性皮膚炎のワンちゃんは花粉であったり、布団やカーペットの中にいるダニ(ハウスダスト)に反応して痒みが出てしまいます。あたたかい季節に花粉やハウスダストが増えるので、春から夏にかけてよくみられる病気です。
指の間、口の周り、目の周り、耳が痒く
なります。
この病気はのワンちゃんはもともと ”皮膚のバリアが弱い“ 状態です。そのため、「治す」ことは難しく、生涯付き合っていかなければならない病気です。

治療としては、痒みを抑える治療がメインとなります。
昔からよく使われるお薬にステロイドがあります。長期間にわたる治療ではステロイドの副作用に気を使いながら治療する必要があります。
近年では「分子標的薬」といって、痒みのスイッチだけを抑える、副作用の少ないお薬も出ています。

さらに新しい「抗体薬」が発売されています。
抗体とは、体の中で作られるたんぱく質の1つです。本来は病原体にくっついて攻撃し、体を守る役割をしています。
抗体が持つ”くっつく”という性質を利用して作られたお薬が「抗体薬」です。
ノーベル賞でも話題になった、がんの治療に用いられるオプジーボというお薬も抗体薬の1つです。

アトピー性皮膚炎の治療に用いられる「サイトポイント」というお薬は、痒みのスイッチとなってしまうたんぱく質にくっついて、その役割の邪魔をして痒みを止めてくれます。


このお薬のもう1つの特徴は、タンパク質で出いていることです。
これまでのお薬は化学物質でできていました。体の中に入った化学物質は作用を発揮した後は、肝臓や腎臓などで分解・排泄されます。
一方、サイトポイントはタンパク質でできているので効果を発揮した後は分解されてアミノ酸になって体に吸収されます。お肉を食べたのと同じことですね。
こういった特徴があるので非常に安全性が高いお薬になっています。
病気があって、これまでであれば痒み止めのお薬が使いにくいワンちゃんにも安全に使うことができます。

サイトポイントは注射のお薬ですが、1カ月間効果があるのでその間お薬を毎日上げる必要はありません。
痒みを止める効果も素早く発揮してくれます。

アトピー性皮膚炎という病気は厄介な病気ですが、このような新しいお薬もあり治療の選択肢が広がってきています。
その子その子に合った治療の選択が重要な病気なので、しっかりと相談して治療法を決めましょう。

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、「いいね」をお願いします♪ 
kiyoaki@U-KYO-Animal Hospital


⭐︎ LINE@はじめました ⭐︎

 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等
    便利でお得な?情報を配信して参ります(^^)v
 フードのご注文も24時間可能です♪ 
 ID検索【ukyo-ah】

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師
 ISFMキャットフレンドリークリニック ゴールド認定

 

7月6日(火) 完全予約制に変わります。

カテゴリー: 診察 

*******臨時休診のお知らせ*********

院長(平野)は完全予約制となりますので、ご注意ください。
三浦:7月9日(金)、10日(土)
田中:7月12日(月)、25日(日)、26日(月)、27日(火)
小澤:7月11日(日)

7月19日(月)は研修のためスタッフ数が少なくなります。
その為、19日は完全予約制とさせていただきます。
診察を希望される場合は必ず一度病院にご連絡ください。
また、可能であれば別日にご来院くださいますようご協力よろしくお願いいたします。

******勤務形態変更のお知らせ*********

7月20日から、三浦獣医師の診療は完全予約制となります。
お手数をおかけしますが、診察をご希望の場合は前日までにご予約ください。

******セミナーのお知らせ*********

パピー教室:7月11日(日)、25日(日)

 

こんばんは。獣医師の三浦です。

まずはご連絡です。
上にも記載しましたが、7月20日から私の診療を完全予約制に変更させていただきます。
休診日は水曜日と日曜日です。
お手数をおかけしますが、待ち時間がかなり少なくなるかと思いますので
どうかご協力よろしくお願いいたします。

 

さて、今日は柴犬のKちゃんをご紹介します。

まずはBeforeとAfterの写真をご覧ください👀

角度が違うので、全体像では分かりにくいかもしれません💦
全体的に薄かった毛が、2枚目の写真ではボリュームが出てきているのです。
首輪の隠れ具合、全然ちがうでしょう??

細かく見て見ましょう。

まずは1月

私が診療を始めた頃です。
アトピー性皮膚炎の診断でしたがステロイドを飲んでも皮膚の痒みが治まらず、
顔、胸、四肢、お腹…あちこちを掻いて脱毛していました。

そして1ヶ月後の2月

胸の赤みがだいぶ改善し、足先、お腹の毛が生えてきたのが分かるでしょうか?

3ヶ月後の4月

さらに毛が生えてきて、お顔の表情も心なしか明るいですね☺
ここまでステロイドやら抗生剤やら薬浴やら…なかなか良くならなかった皮膚病。
最初の1月は細菌や真菌の感染もあり、夜中も散歩中も掻いていたそうです。
今でもかゆみ止めのお薬は飲んでいますが、副作用のない範囲まで減らすことができています。

何をしたかというと…ご飯の変更🍖

過去に他院でアレルギー検査をしており、
食物アレルギーは全て陰性で返ってきていたのですが…
どうしても痒みが治まらなかったので、除去食試験を行うことにしました。
具体的には、今まで鶏肉のご飯を食べていたので、鶏肉の入っていないサーモンの療法食に変更しました。
その結果、ご飯を変更しただけで痒みが激減!!

現在4歳のKちゃん、長年苦しんでいた原因のひとつに食物アレルギーがあったようです。
おそらく、ダニなど環境アレルゲンに対する反応も関わっていると思われ
完全にお薬をなくすことはできませんが、
今までよりはだいぶ楽に生活できるようになったのではないでしょうか。

アレルギー検査については、よくご質問いただくのですが
今回のように、100%診断ができる検査ではありません。
お費用に余裕があれば、参考程度に調べておいて悪くはないですが…
内容にもよるのですが、検査が全てではないな、と実感した一件でした。

今後も必要な時に、必要な検査をご提案できるよう努力してまいります。

 

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、「いいね」をお願いします♪

R.Miura@U-KYO-Animal Hospital

LINE@ご登録ください。 ID検索【ukyo-ah】⭐︎

⭐︎インスタ人気です⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師
 ISFMキャットフレンドリークリニック ゴールド認定

6月20日(日) ネコちゃんの皮膚病

カテゴリー: 診察 

6月20日

*******臨時休診のお知らせ*********
院長(平野)は完全予約制となりますので、ご注意ください。

******セミナーのお知らせ*********
パピー教室:27日(日)


こんにちは。獣医師の田中です。
長かった緊急事態宣言が終わりましたね。
1日も早く日常が戻ればいいのですが…
まだ油断はせずに、うがい手洗いなどの私たちができる感染対策は継続しましょう。
当院としても継続して感染症対策を行いながら日々診療を行ってまいりますので、安心してご来院ください。

今日のお話は、最近ネコちゃんで見つけた皮膚病についてです。

ある日、ネコちゃんのお腹あたりがすごく痒そうということで病院に来られました。
ネコちゃんでは痒みを起こす原因として一番多いのは、「アレルギー性皮膚炎」です。
このネコちゃんもアレルギー性皮膚炎かな?と思い、診察をし始めました。
しかし、いつもとは違う、違和感がありあました。
ネコちゃんたちの皮膚病の診断には“見た目”が意外と重要なのです。
アレルギー性皮膚炎は顔や首に症状が出ることが多いのです。
今回のネコちゃんはわきばらの部分に皮膚病がありました。

「アレルギー性皮膚炎ではなく、違う病気の可能性が高いかもしれない」と考えました。

続いて皮膚検査を行いました。バイ菌(細菌感染)やダニ(毛包虫、疥癬)は見つかりませんでした。
感染症ではないのかな?
まだ残っている考えておかないといけない怖い感染症がありあます。
それは、『皮膚糸状菌症』です。

それを調べるために特殊な検査を行いました。
ウッド灯という紫外線を出すライトで検査をします。すると、


こんなふうに光ります。
これは皮膚糸状菌症の特徴的な所見です。

その後、この光っている毛を外注検査に出したところ”Microsporum canis“が検出されました。



『皮膚糸状菌症』と確定診断しました。

治療は抗真菌薬が入ったシャンプーや塗り薬、抗真菌薬の飲み薬などで行います。

このカビはネコちゃんの毛を食べて増殖します。
家の外の土の中にいるカビなので、外出してしまうネコちゃんが移ってしまうことがあります。また、ノラネコちゃんに感染していて、接触した際に移されてしまうこともあります。
皮膚の見た目はこんな感じです。


輪っか状に皮膚病ができ、赤くなって、脱毛を起こします。

実は、この病気が怖いの理由はこれだけではないのです。
このカビは人間にも移ることがあるのです。😨

人間に移ると下のような皮膚病ができます。
また、子供の頭に移ってしまうと「ケルスス禿瘡」になってしまいます。
ネットで調べてもらうと写真が出てきますが、かなりショッキングな写真ばかりです。😱
お家での消毒はハイターなどの塩素系消毒液で掃除して、毛やふけをふき取ることが重要です。
ネコちゃんが完治した後も4カ月間はカビ菌が家の中に残ってしまうという報告もあるので、継続した掃除が必要となります。

ネコちゃんに痒みのある病気が見つかったら、こんな怖い病気が隠れているかもしれないので早めに病院にお越しください。
しっかりと診断し、治療してあげましょう。

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、「いいね」をお願いします♪ 
kiyoaki@U-KYO-Animal Hospital


⭐︎ LINE@はじめました ⭐︎

 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等
    便利でお得な?情報を配信して参ります(^^)v
 フードのご注文も24時間可能です♪ 
 ID検索【ukyo-ah】

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師
 ISFMキャットフレンドリークリニック ゴールド認定

6月13日(日) ビールの美味しい季節になりました

カテゴリー: 診察 

6月13日(日)

*******臨時休診のお知らせ*********
院長(平野)は完全予約制となりますので、ご注意ください。

******セミナーのお知らせ*********
パピー教室:27日(日)

こんばんは
獣医師の小澤です。

まだ夏には早いですが、ぼちぼち暑くなってきておりますね。
暑がりで毎夏暑さで体調を崩す私には辛い季節となりました😭

ちなみに本日のタイトル
「ビールの美味しい季節になりました」は
小学校か中学校の頃に手紙の時候の挨拶の例として紹介されており
ビールは夏の飲み物なんだなと覚えるきっかけとなった一文です🍺
この流れでお気に入りのビールの話が出来たら大人っぽさが出てよかったのですが、
残念ながら下戸で全然飲めないので、今回も小動物のお話をしようと思います😄

さて、今回のお題は爬虫類🦎の痛風についてです!
人で馴染みの深い病気なので皆様ご存知かもしれませんが、
痛風は風に吹かれるだけでも痛いと言われるような痛みを伴う関節の病気です💦
実は哺乳類の中で痛風になる可能性があるのは人間👪などの霊長類だけとされています。
哺乳類以外では鳥類🐓と爬虫類🐍も痛風になります。

同じ痛風ではありますが、
人が痛風になる原因は他の哺乳類と違って特定の酵素が存在しないためとされていますが、
鳥類🦜と爬虫類🐊はそもそもの腎臓の機能が哺乳類と大きく違うことによって痛風になりやすくなっています。

そのため、鳥類や爬虫類は過度の高タンパク食や腎臓病をきっかけに痛風になっていくのが特徴です。
・症状としては動きが悪くなる
・関節が腫れてしまう
といったものが多いでしょうか🤔

写真で見るとこんな感じになります




このような関節の腫れが見られたら血液検査を行って、尿酸値を測定します。
その上で可能であれば生検を行って症状と照らし合わせて診断して治療スタートになります。

我々の尿酸値も気になるところですが、
爬虫類や鳥類を飼育されている方はご自宅のペットの尿酸値も上がっていないか、
指の関節などをよく見て気にしてみてください😁

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、いいね!をお願いします♪

(拍手も、ランキング参加も、いつも、スタッフ一同の励みになっています(o^∇^o)ノ)

OZAWA@U-KYO-Animal Hospital

6月11日(金) 誤食事件!

カテゴリー: 診察 

6月11日(金)

*******臨時休診のお知らせ*********
院長(平野)は完全予約制となりますので、ご注意ください。

******セミナーのお知らせ*********
パピー教室:6月13日(日)、27日(日)



こんばんは、獣医師の二股です。
とても暑い日が続いていますね!
まだ6月なのにと先が思いやられます…💦
気温が上がり、我が家のペットは益々食欲旺盛になってきているようです🦎





今日は誤食事件をおこしてしまったわんちゃんについてお話しします。
犬に中毒をおこすものとしてチョコレート、玉ねぎ、ブドウ、キシリトールなどが有名ではありますが、
他にも中毒をおこしうるものは沢山あります⚡
今回は防虫剤を食べてしまったというMくんを紹介したいと思います。
防虫剤を食べてしまったMくん、元気はあるものの来院時、顔がぴくぴく痙攣していました。
口の中からは防虫剤の香り・・・
皆様の中でもクローゼットに置かれている方がいらっしゃるかもしれません。



今回食べてしまった防虫剤の成分はパラジクロロベンゼンというもの。
中毒症状として嘔吐と痙攣などの神経症状があります。肝毒性を生じることも。
症状もでていることからお預かりでの処置、検査を行い様子をみることとなりました。
来院してすぐに催吐処置をしたところ、嘔吐物の中から防虫剤の袋と防虫剤と思われる粒が出てきました。
また、胃内の防虫剤を吸着させるため、大量の吸着剤を飲ませました。

お預かりから2時間程度経つと痙攣が悪化し、
振り子のように体までゆらゆら大きく揺れるようになったMくん。
犬舎がガタガタ音が鳴るほどでした。
神経症状を抑える薬を投与し、症状は落ち着いたものの、
もう少し摂取量が多ければさらに危険な状態だったかもしれません。
幸い、血液検査も正常!
翌日無事退院することが出来ました🌸




誤食は大きな危険を伴います。
おもちゃなど消化できないものであれば腸閉塞を招き緊急手術を要します。
今回のような中毒を引き起こすものであれば摂取量により生死を彷徨うこととなります。
予防はとにかく危険なものを手の届く場所に置かないこと!!
特に誤食癖のある子は繰り返すことが多いです。
お気を付け下さい!!!

 

 

 

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、いいね!をお願いします♪

(拍手も、ランキング参加も、いつも、スタッフ一同の励みになっています(o^∇^o)ノ)

futamata@U-KYO-Animal Hospital


⭐︎ LINE便利です ⭐︎

 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等
    便利でお得な?情報を配信して参ります(^^)v
 フードのご注文も24時間可能です♪ 
 ID検索【ukyo-ah】

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師

5月29日(土) 必殺皿戻し!!(注:ope写真でます)

カテゴリー: 未分類 診察 

5月28日(金) 

*******臨時休診のお知らせ*********
院長(平野)完全予約制となりますので、ご注意ください。

******セミナーのお知らせ*********
パピー教室:5月30日(日)

 

 

 

SAGANOの太陽です。

新しい病院、着々と工事が進んでいます!

2階の診察室前の待合の様子です。やっと窓ガラスも入り、それらしくなってきました。

2階フロアの図面をお見せしますね。

この図面を元に様々な必要物の位置を書き込んでいきます。例えば、、

コンセント、それらのワット数、酸素配管、LAN、電話線、照明への電線、監視カメラ、防火センサー、対人センサー、換気扇、クーラーなどの空調、壁の強度を増す下地、スピーカー、などなど 

(誰かやってくれ笑)

やっと残す作業も少なくなってきました。あとは主に内装や機材の選定くらいですね。

あとおよそ2ヶ月、楽しみにしていて下さい。

 

 

では一症例ご紹介しますね。

これまでに何度かブログにも登場してると思いますが、膝蓋骨脱臼という疾患をお話します。

簡単にいうと膝のお皿が外れるもので、多くは内側に外れます。

症状がなければ基本的に外科適応になりませんが、ケンケンをするなどの症状がある場合や、筋肉の萎縮が認められる場合は外科適応になります。

外科の方法はいくつかありますが、私はお皿が本来はまっている溝を深く掘る術式と脛の骨を人工靭帯を用いて外旋させる術式を併用しています。

写真は左膝のお皿が内側に脱臼しているものです。脛の骨も内旋しています。

(脛の骨とその横にある細い骨の間の距離が離れているので内旋していると分かります)

右膝のお皿は綺麗に中央に収まっていますよね。この位置に左膝のお皿も戻してあげたい訳です。

 

レッツ皿戻し

大工さんのように骨を削っていきます。表面の骨膜は残したいので、一段下の骨をだるま落としの様にブロック状に抜いてきます。

1.5mm程度溝を深くすることができました。(深くしすぎても意味がありません)

脛の骨に穴を開け、人工靭帯をひっかけて外旋させます。

あとは関節包などの軟部組織を利用してお皿の位置を微調整して手術終了です。

ばっちしお皿が中央に乗っていますね。脛の骨も外旋してストレートになっています。

術前

術後

 

膝を横から見てもお皿がしっかり乗っていることがわかります。

よく見れば人工靱帯を通している脛の骨の穴も見えますね。

よく頑張ってくれました。

 

あとはお母さん。お願いだから安静を守ってね😂 

 

 

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、「いいね」をお願いします♪

taiyo@U-KYO-Animal Hospital

LINE@便利です ID検索【ukyo-ah】

⭐︎インスタも大人気です⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師

 

5月23日(日) びっくり仰天

カテゴリー: あれこれ・・・ 診察 

5月23日(日)

*******臨時休診のお知らせ*********
院長(平野)は完全予約制となりますので、ご注意ください。

******セミナーのお知らせ*********
パピー教室:5月30日(日)

こんにちは。獣医師の田中です。
先日、事件が起こりました。

うちには佐吉という名前の猫😸がいます。
もうすぐ2歳になる男の子です。
最近、夜も暑くなってきたのでベランダ横の窓を開けて網戸にしていました。
すると、佐吉が網戸の外をのぞきにやってきて、カーテンの向こう側で外をのぞいていました。
まあ、いいかとそのまま放っておきました。
しばらくすると、外から低い唸り声が聞こえてきました。ノラ猫が遊びに来たのかなとのんきに外を見ると佐吉とノラ猫がにらみ合っていました🙀。
あわてて「佐吉!何してるの!」と声をかけると、佐吉とノラ猫が逃げていきました。

なんで佐吉が逃げるの!と言いながら追いかけましたが、住宅街の隙間に逃げ込んでしまい行方不明になってしまいました。
夜中に1時間くらい町内を捜索しましたが、見つかりませんでした・・・😭

暗い中探し回っても仕方がないので、翌日に警察署に届け出と京都動物愛護センターに届け出ることにして床につきました。
念のため、佐吉が外から帰ってきてもわかるように網戸のままにしました。

眠りに落ちて、夜中の3時頃です。
いきなり、「にゃー!!!😺」と言って佐吉が帰ってきました!
ひっつき虫だらけになっていました。

夜中の3時からお風呂でシャンプーをして、汚れを落としました。
後日、ノミ・マダニの予防薬「レボリューションプラス」をつけてあげました。

一時はどうなるかと思いましたが、ちゃんと家に帰ってきてくれてあんしんしました。大きなけがもなく、無事でよかったです。


家の外にはいろいろな危険があります。
ノミ・マダニに咬まれて血を吸われて貧血を起こしたり、かゆくなってしまうことも問題ですが、感染症を移されてしまう恐れがあります。
人間にも移ってしまうものもあります🤒。(猫ひっかき病、SFTSなど)

ノラ猫から感染症を移されてしまうこともあります。
猫カゼ、猫白血病、猫エイズなんかが怖いですね😿。

お腹の中に住む寄生虫に感染してしまうこともあります。
カエル🐸を食べて感染するものや、他の猫ちゃんのウンチ💩から感染します。
これも、レボリューションプラスで予防することができます。

このような怖いリスクから猫ちゃんを守るために、ワクチンやノミ・マダニ予防は重要になります。
万が一、外に逃げ出してしまっても病気から守ってあげることができます。
ノラ猫ちゃんを保護した時も同様に、ワクチン、レボリューションプラスで予防してあげましょう。
心配事があればいつでもご相談ください。

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、「いいね」をお願いします♪ 
kiyoaki@U-KYO-Animal Hospital


⭐︎ LINE@はじめました ⭐︎

 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等
    便利でお得な?情報を配信して参ります(^^)v
 フードのご注文も24時間可能です♪ 
 ID検索【ukyo-ah】

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師
 ISFMキャットフレンドリークリニック ゴールド認定

5月18日(火) 猫の関節疾患

カテゴリー: 診察 

*******臨時休診のお知らせ*********
院長(平野)は完全予約制となりますので、ご注意ください。

******セミナーのお知らせ*********
パピー教室:5月30日(日)

 

こんばんは。獣医師の三浦です。
ここ数か月、ストレートネックからの肩こり・頭痛で悩まされていました。
寝起きの頭痛が一番辛く、枕を変えたいな…でも良い枕は高いな…と迷っていました。
そこでお勧めされたのが、タオル枕!
バスタオルを丸めて首の下にフィットさせるように調節するだけの簡単なものなのですが
これが効果テキメン!!
たった一晩試しただけで、頭痛が激減しました!
こんな簡単なもので解決するなんて、目から鱗ですね😳
枕で悩まれている方、是非試してみてください😊

さて、本日は猫さんの関節疾患について。
とある報告では、10歳を超える猫さんの90%以上は何らかの関節疾患を持っているといわれています。
犬は日頃からお散歩に行ったり歩行状態を見ることが多いので気付きやすいのですが
猫は飼い主様が気付かないことが多いです。
歳をとって活動性が落ちてきたな…というのが関節炎が原因になっていることは多いです。
関節疾患がよく生じるのは第7腰椎と仙骨の間。

尻尾の付け根のあたりですね。
レントゲンを撮ると、偶発的に認められることがよくあります。
緑の矢印が罹患部位です。

(注:レントゲンはごまちゃんではありません)
このレントゲンの子も、他の主訴で撮影したときにたまたま見つかりました。

ここに痛みが生じると排泄時に痛みが生じたり
排便時に力が入らず便秘ぎみになったり…
また、胃腸の動きも悪くなり吐き気が出たり。
「動きにくい」だけではなく、様々なトラブルが生じてきます😵
治療にはサプリメントや痛み止めを使うこともありますが、
私の枕のように、やはり日々のケアが大切!!
こまめに体を触って、関節の動きや皮膚・筋肉の柔らかさを見てあげてください。

前肢だと、若い子はこんな感じでピーンと伸びます。

皮膚も伸びるのが通常です。

日頃から触っていると、変化が分かりやすいかと思います。


この子は膝と踵部分の関節炎がひどく、鍼灸も併用して治療しています。
猫さんは意外と鍼が平気な子も多いです。
まんざらでもない…という顔をしてくれます☺


痛くて動けなくなってしまう前に!
おかしいな…?と思ったら、早めの対策をしていきましょう。
気になることがありましたら、ご相談くださいね。

 

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、「いいね」をお願いします♪

R.Miura@U-KYO-Animal Hospital

LINE@ご登録ください。 ID検索【ukyo-ah】⭐︎

⭐︎インスタ人気です⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師
 ISFMキャットフレンドリークリニック ゴールド認定

5月11日(火) 高齢でも!

カテゴリー: 診察 

5月11日(火)

*******臨時休診のお知らせ*********
院長(平野)は完全予約制となりますので、ご注意ください。

******セミナーのお知らせ*********
パピー教室:5月16日(日)、30日(日)


こんばんは、獣医師の國廣です。
予防シーズンも半分が過ぎました。
連日ご来院いただいておりますが、お待たせする長くなってしまい、
申し訳ありません😅
ぜひ予約診察の時間を活用ください!

最近日中は暖かくなってきております。
外に出かけたい気持ちはいっぱいですが、まだまだコロナ渦中・・・。
自宅でおとなしく過ごしていきましょう。


今日の話の主役は、なんと今年16歳になるラブラドールのTちゃん!
人の年齢に換算すると、100歳を越えています。
そんなTちゃんですが、以前からお腹に大きな塊を抱えていました。
そうです、「乳腺腫瘍」です。
徐々に大きくなっていき、人の子供くらいの大きさになりました。

年齢のこともあり、積極的な外科はせずに様子をみていました。
しかし、最近乳腺腫瘍が付いている皮膚部分が裂開しているとご相談がありました。
これがそのときの写真です。


それでも手術は考えず、ガーゼなどで覆って
漿液が垂れないようにしていきましょう。という話だったのですが、
ある日そのガーゼを丸ごと飲み込んでしまったようです😣
そこから食欲が落ち、嘔吐を繰り返している状態でした。

検査をしたところ、十二指腸付近に腸の閉塞所見がありました。

普段液体が貯留しない部分に、閉塞の影響で貯まっている状態です。

オーナー様に状態を説明し、全身麻酔下での内視鏡もしくは腸切開を実施することになりました。
そしてどうせ麻酔をかけるなら・・・と、乳腺腫瘍を切除することに決まりました。

最終的に内視鏡によって、詰まっていたガーゼの摘出ができました。(写真:左)
そして乳腺腫瘍も無事に切除でき(写真:右)、無事退院されました。
 

高齢の麻酔や手術は通常よりもリスクが高くなってきますが
当院では十分に配慮し、実施することができます。

今後も最先端の医療で、皆様のご家族を救っていけるよう努めていきます。

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、「いいね」をお願いします♪ 
KUNIHIRO@U-KYO-Animal Hospital


⭐︎ LINE@はじめました ⭐︎

 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等
    便利でお得な?情報を配信して参ります(^^)v
 フードのご注文も24時間可能です♪ 
 ID検索【ukyo-ah】

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師
 ISFMキャットフレンドリークリニック ゴールド認定

1 / 4912345...102030...最後 »
2021年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031