右京動物病院

診察ネット予約はこちら

お問い合わせ

075-406-5211

24時間365日なんでも相談窓口
(当院かかりつけ専用)

050-2018-2505

右京動物病院ブログ: 診察

1 / 7112345...102030...最後 »

2月29日(木) 猫ひっかき病ってご存知ですか?!

カテゴリー: 心構え 診察 

*****セミナーのお知らせ(本院)*********

パピーセミナー:27日(土)、28日(日)

*****本院からのお知らせ*************
2022年5月から夜間診療を開始しました。
平日20:00~24:00で実施しています。
ご来院前に必ずお電話いただき、救急の方のみご利用ください。
***************************

2/29(木)

こんばんは。獣医師の岡山です。
4年に1回の閏年に投稿できて光栄です。
先日診察中に元気な猫さんに両手を何箇所かガブッとされてしまいました。
噛まれたり引っ掻かれたりするのが日常的にあるので、いつも通り出血部位を絞り、消毒して、、、と処置をして、今回は少し傷口が深く、1箇所ではなかったので念のため人間の病院を受診して抗生剤を処方していただきました。

猫ちゃんの歯って尖ってるので結構奥まで刺さるんです。数日の腫れるのは仕方ないなと思いつつ抗生剤を規定量飲んでいたわけですが、咬傷3日後から倦怠感、微熱が認められ日にち薬で治るだろうと1週間経過しましたが、流石に完全回復しないため再度病院を受診しました。
メスで傷口を切開してみると中は膿が溜まり''瘻管''と言って膿のトンネルが作られていました。
体の不調もこの、皮膚の下で細菌感染を起こす蜂窩織炎によるものとのことでした。
右手が不調です↓


改めて猫ちゃんのお口はバイキンだらけなことを痛感しました。
バルトネラ ヘンセラエという細菌に感染している猫による咬傷、引っ掻きによって引き起こされる感染症を『猫ひっかき病』と言います。症状としては傷口の隆起、リンパ節の腫れ、頭痛、倦怠感などの症状が起こります。

このバルトネラ ヘンセラエという細菌、世界中のほとんどの猫が症状を起こさずに感染しています。ノミを介して猫から猫へ伝播します。

人が感染しても通常は完全復活しますが、元々免疫が低い方、持病がある方は死亡したりするケースがあります。

幸い私は抗生剤の内服と数日の点滴によって完全回復を遂げました。
今回は猫ちゃんの病気ではなく人間の病気についてでしたが猫ちゃんの咬傷に注意してください。お口の中にはバルトネラ以外にも無数の細菌が生息しています。それらの細菌によって私のような蜂窩織炎を引き起こしてしまうこともあるため消毒、人間の病院への受診をしてください。

それでは今日はこの辺で

TAICHI@U-KYO-Animal Hospital

⭐︎ LINE@はじめました ⭐︎
 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等便利でお得な?情報を配信中!
 フードのご注文も24時間可能です♪ ID検索【ukyo-ah】

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO・OIKE・ARASHIYAMA・UZUMASA
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師

 

2月26日(月) 狭い廊下のメリット

カテゴリー: 診察 リハビリ 

*****セミナーのお知らせ(本院)*********

パピーセミナー:27日(土)、28日(日)

*****本院からのお知らせ*************
2022年5月から夜間診療を開始しました。
平日20:00~24:00で実施しています。
ご来院前に必ずお電話いただき、救急の方のみご利用ください。
***************************

こんばんは。獣医師の三浦です。

UZUMASA分院が開院して早1ヶ月。
久しぶりの小さな病院で、とても新鮮な毎日を送っています。

 

さて、本日はUZUMASA分院の様子を少し紹介します。

UZUMASAの特徴は、何たって狭い!笑

「狭い」と思って行っても「あ!やっぱり狭い!」と思ってしまう狭さです。笑。

でも狭いなりに良いところもあって、
特に私は、待合から診察室に続く細くて長い廊下がお気に入りです。

「頑張ればすれ違えるかな」ぐらいの狭い廊下ですが、
完全予約制で、待合で人が待っていることがあまりいないので
リハビリの時などはここをよく使っています。
ドアの向こうで飼い主様に待っていただければ、
わんちゃんの歩き方をよく観察することができます。

2月に来院されたMちゃん。
本院に通っていたのですが、リハビリのためUZUMASAに来られました。
1週間あけて2回、
この廊下を歩いてもらうとその変化は一目瞭然でした。

動画でお見せできないのが残念ですが💦

1回目
左に行ったり右に行ったりしちゃっています。
3枚目は転んでしまっています。

2回目
少し右に行ってしまってますが、転ぶことなくお尻の位置も安定しています。

動画を撮ると、改善の具合がさらに良く分かります😊

1週間でこれだけ良くなっていることに気付けたら
リハビリのモチベーションも上がりますよね!
このまま順調に回復できるよう、頑張りましょう☺

 

R. Miura@U-KYO-Animal Hospital

LINE@ご登録ください。 ID検索【ukyo-ah】

インスタ人気です⭐️ @ukyo.ah

UZUMASAもインスタ始めました⭐️  @uah.uzumasa



京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO・OIKE・ARASHIYAMA・UZUMASA
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師

2月22日(木) 保湿、保湿、保湿

カテゴリー: 診察 お勉強 

2月22日(木)

*****セミナーのお知らせ(本院)*********

パピーセミナー:27日(土)、28日(日)

*****本院からのお知らせ*************
2022年5月から夜間診療を開始しました。
平日20:00~24:00で実施しています。
ご来院前に必ずお電話いただき、救急の方のみご利用ください。
***************************

こんばんは、獣医師の朴です。
2月も終盤となりましたがまだまだ寒いですね。
学生時代、北海道で6年間過ごしましたが、やはり京都の朝は北海道と違った寒さを感じます。
日中はまだ暖かいですが、早く春が訪れてほしいものです。

さてこれから暖かくなるにつれて増えていく傾向にあるのが、痒みや脱毛と言った皮膚に
関連した疾患です。
その中でも犬アトピー性皮膚炎について書いていこうと思います。
犬アトピー性皮膚炎(cAD)とは遺伝的素因、環境要因、免疫学的要因など様々な病因が
関わってくる皮膚疾患です。
cADは完治することはなく、一生涯痒みと向き合っていかなくてはいけない疾患で、
いかに痒みを抑えて上げて日々を過ごしてもらうかが重要となってくる疾患です。
犬アトピー性皮膚炎には診断指標があります。下図のように8項目あり、
このうち5項目当てはまった場合、80%cADの可能性があるとされています。

さらにcADの確定診断を行うためには、除去食試験を実施しなくてはなりません。
除去食試験とは、除去食用のフードとお水だけで2ヶ月間過ごしてもらう試験です。
もちろんおやつもNGです。
2ヶ月間おやつなしかつフードとお水だけというのはなかなか大変です💧
その大変な中で、なぜ除去食試験を実施しなくてはならないかというと、痒みの原因が
食物アレルギー(AFR)またはAFRの併発の可能性があるためです。
AFRは挙動がcADに似ていることやcADの約30%近くがAFRを併発していると言われているので
除去食試験を実施する必要があるのです。

除去食試験の結果で、cAD、AFR、cADとAFRの併発が判定できます。
cADであった場合、かゆみ止めのお薬を飲んでもらい治療します。
この時、お薬だけを飲むのではなく保湿もぜひしていただきたいです。
cADは皮膚のバリア機能が落ちてしまっているため、外部からの刺激に弱くなっています。
なので、膿皮症や脂漏症も併発していることが多く見られます。
これらは保湿管理をしてもらうことで改善することが多く、保湿にはセラミドが含まれているものが
有効という研究結果も出ているので、ぜひセラミドが含まれた保湿剤を積極的に
取り入れていただきたいです。

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、拍手をお願いします♪

(拍手も、ランキング参加も、いつも、スタッフ一同の励みになっています(o^∇^o)ノ)

 

PARK@U-KYO-Animal Hospital

⭐︎ LINE@はじめました ⭐︎
 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等便利でお得な?情報を配信中!
 フードのご注文も24時間可能です♪ ID検索【ukyo-ah】

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO・OIKE・ARASHIYAMA・UZUMASA
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師

 

2月18日(日) 綺麗になりました🐶✨

カテゴリー: 診察 

2月18日(日)

*****セミナーのお知らせ(本院)*********

パピーセミナー:2月25日(日

*****本院からのお知らせ*************
2022年5月から夜間診療を開始しました。
平日20:00~24:00で実施しています。
ご来院前に必ずお電話いただき、救急の方のみご利用ください。
***************************

こんばんは、獣医師の細田です🧑🏻‍⚕️
暖冬が甚だしいですが、皆さんは花粉は大丈夫ですか?🌸
私は元々えげつなく花粉症がキツい人間でしたが、
大学時代を鳥取で過ごしているうちに、なぜか治りました笑
鳥取の方が京都よりは田舎なので花粉量が多そうに思いますが、
田舎の方が地面が土や畑である割合が高いので、
アスファルトばかりの場所より、花粉が舞いづらいみたいですね👌
へぇー、なるほどー!って感じですよね💡

花粉の時期といえば、人では鼻炎や結膜炎などがありますが
わんちゃん、猫ちゃんの場合は耳や皮膚に症状が出ることが多いです🐕🐈
動物に花粉症という病名がつくことはありませんが、
花粉やハウスダスト、カビなどのアレルゲンに体がアレルギー反応を起こして
皮膚炎等の症状が出るものをアトピー性皮膚炎と言います🌲🌾⚡️
花粉やハウスダストを環境中から取り払うことは難しいので
基本的にはお薬の治療やスキンケアを実施し、永続的に治療が必要になることがほとんどです😢

今回はアトピー性皮膚炎により、二次的に細菌感染を起こしてしまった
わんちゃん、Cちゃんの治療経過をご紹介したいと思います🐶
Cちゃんも、飼い主様も通院やスキンケア、飲み薬等を諦めずに怠らずに
頑張ってくれたお陰でとても綺麗になったのでぜひ見ていただきたいです!💪✨

まず始めは、1番症状がひどかった時のCちゃん😭
全身に発疹があり、痒みもひどいので掻いて出血しているところも多数、、、。
治療のために全身の毛刈りを実施した後の写真です。


痛々しいですよね😢
皮膚の検査を実施すると細菌感染が起こっていることがわかりました。
感染といっても、誰かから移った、誰かに移してしまうというものではなく
基本的には健康な子の皮膚にも常に存在する、常在菌が皮膚のバリア機能の低下により異常に繁殖してしまっている状態です🦠
Cちゃんには抗生剤、痒み止め、自宅での抗菌剤入りのシャンプーを
頑張ってもらいました💪
Cちゃんも飼い主様も大変だったと思います😌

長い道のりを経て約4ヶ月後の写真がこちらになります✨


綺麗な皮膚、ツヤツヤな毛並みになりました✨すごいですよね👏
ご家族の並々ならぬ努力のおかげです。
Cちゃんは根本にアトピー性皮膚炎があるので、これからも何かしらの
治療、ケアが必要にはなりますが
お利口なCちゃんなら頑張ってくれる事でしょう💪

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、拍手をお願いします♪

(拍手も、ランキング参加も、いつも、スタッフ一同の励みになっています(o^∇^o)ノ)

HOSODA@U-KYO-Animal Hospital

⭐︎ LINE便利です ⭐︎

 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等便利でお得な?情報を配信中!
 フードのご注文も24時間可能です♪ 
 ID検索【ukyo-ah】

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO・OIKE・ARASHIYAMA
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師

 

2月14日(水) 猫の尿道閉塞について

カテゴリー: 診察  

2月14日(水)

*****セミナーのお知らせ(本院)*********

パピーセミナー:2月18日(日)、25日(日)
デンタルセミナー:2月17日(土)

*****本院からのお知らせ*************
2022年5月から夜間診療を開始しました。
平日20:00~24:00で実施しています。
ご来院前に必ずお電話いただき、救急の方のみご利用ください。
***************************

こんばんは💖分院SAGANO, OIKE 獣医師 坂野上です。

今回は、猫ちゃんが水を飲まないこの季節に増加する傾向にある、猫の尿道閉塞についてお話させて頂きます。

まずは、、、尿は腎臓で産生され、尿管を介して膀胱に貯留されます。

膀胱に貯留した尿が、体外に排出される時の通り道となる尿道が、何らかの原因によって尿道が閉塞してしまうことを「尿道閉塞」といいます。

尿道が完全に閉塞した場合、症状は急激に進行するので、
早期に対応する必要がある救急疾患です💦

腎臓や膀胱内で形成された結石や、剥がれ落ちた細胞成分によって形成される栓子などが主因となり閉塞が起こります。

特に猫の場合はメスと比較して、オスの尿道は細く、会陰部でS字状に湾曲するために、構造的に閉塞を起こしやすいと言われています🐺

症状として、ほとんどの場合が強い尿意を示します。

血尿、頻尿、尿が出ない、尿がぽたぽた滴る、不適切な場所での排泄などといった症状に加え、腹痛、落ち着かない、鳴く、歩き回る、元気や食欲の低下、嘔吐などの症状を示すこともあります。

尿毒症が進行すると、痙攣発作や致死性の不整脈などを引き起こすなど重篤な症状を示すので、迅速な治療が必要となります。

治療は疼痛を伴うために、基本的に鎮静麻酔下で実施し、膀胱内までにカテーテルを挿入し尿路を確保します。

先日、9才の男の子の猫ちゃんが「尿が出ない」と来院されました。

お腹を触るだけで膀胱がパンパン、超音波検査でもこのように膀胱内に貯留した尿と結石(←尿検査実施しています)を認めました。



ただちに、鎮静下でカテーテルを挿入し尿路の確保を試み、尿路の確保を実施しました。

その後は入院して点滴を流しつつ、療法食への変更を行いました。

とてもよく頑張りました🌺

最後に、、、

猫の尿道閉塞は決して珍しい病気ではありません💦

特に寒くなると運動量や飲水量の低下からか尿道閉塞の子が増加するので、冬場はより注意が必要とされています。

命に関わる病気であり、早期の対応が必要になります。 

本日の我が家の猫ちゃんです。2匹でじゃれあっております💓



坂野上

SAKANOUE@U-KYO-Animal Hospital

⭐︎ LINE@はじめました ⭐︎
 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等便利でお得な?情報を配信中!
 フードのご注文も24時間可能です♪ ID検索【ukyo-ah】

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO・OIKE・ARASHIYAMA・UZUMASA
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師

 

2月13日(火) プレミアムヘルスケアスケーリング

カテゴリー: 愛犬 診察 


2月13日(火)

****セミナーのお知らせ(本院)*********
パピー教室:2月18日(日)、25日(日)

デンタルセミナー:2月17日(土)

*****夜間診察のお知らせ*************
平日20:00~24:00で実施しています。
ご来院前に必ずお電話いただき、救急の方のみご利用ください。
***************************

こんばんは☆

先日お出かけ先にペットグッズのお店があり、
またゆきまるの洋服を買ってしまいました🐶
このベビー感溢れる感じが良きですね🐣


異常な数の服を持っているのは承知済みです。
昨年もスタッフにフリマ市を開催しました💄

でも一生やめれそうにないです💥

今回のお話は前回健康診断の紹介をしましたが、
ゆきまるが実際受けたので実況レポートします🔍

いつもはヘルスケアスケーリングでしたが、
今回は全ての項目を受けられる
プレミアムヘルスケアスケーリングを受けました!

まずは診察台でできる項目を。


身体検査、体温測定、聴診、採血、眼科検診などです。

検便、検尿もあります。
基本的にはご持参ですが難しい場合は病院でも採取可能です。

次は画像検査や心電図検査


クッションマットに仰向けに寝転ぶ方はお腹の超音波検査
横向きに寝転ぶ方は心臓の超音波検査
外来の時もこんな感じで検査をしています。

レントゲン検査は胸部、腹部と撮影していきます。

心電図は本人が一番落ち着ける体勢ですることが多いです。

起きている状態の検査が全て終わったら
いよいよ麻酔をかけていきます。


腕に薬剤を投与するルートを確保して、動物さんはおやすみなさい💤

寝ている間の検査は
内視鏡、CT
そして最後にスケーリングです。

ゆきまるの胃腸はツルツルピカピカでした✨


CT検査はこんな感じです。
健康診断なので頭の先からお尻まで撮影しました。


最後は汚れた歯を磨いていきます。
前歯がほとんどダメかもと言われていましたが
CTの結果で歯の根本がしっかりしているのでそこは抜歯せずに済みました。
前歯12本抜く覚悟できてたので嬉しかった、、、😭

想定外の部分が歯周病でダメになっていたので1本だけ抜きました。

盛り沢山の健康診断ですが、朝にお預かりして夕方には終わります。
麻酔からの目覚めに問題がなければ基本的には日帰りです。

なかなかここまでしっかり検査する機会は少ないですが
健康寿命を伸ばすため検討してみてはどうでしょうか?

私も毎年ではないですが今後も定期的に選択しようと思いました。
今回の健康診断で胆泥と副腎と呼ばれる部分が定期観察と
先生から報告がありました。

この2つは半年に1回を目安に超音波検査をすることになりました。

胆泥は超音波検査、副腎はCT検査で判明したのでやっておいてよかったです◎

MIYAUCHI
それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、「いいね」をお願いします♪

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師
 ISFMキャットフレンドリークリニック ゴールド認定 

2月11日(日) 抗菌薬💊について

カテゴリー: 診察 

2月11日(日)

****セミナーのお知らせ(本院)*********
パピー教室:2月12日(月祝)、18日(日)、25日(日)

デンタルセミナー:2月10日(土)、17日(土)


*****夜間診察のお知らせ*************
平日20:00~24:00で実施しています。
ご来院前に必ずお電話いただき、救急の方のみご利用ください。
***************************

こんにちは!

獣医師の筑紫です🤓

今日は皆さんも一度は聞いたことがある抗菌薬についてのお話をしようと思います。

 

そもそも抗菌薬とはなんなのか…

よく抗菌薬のことを、熱を下げてくれる薬、ウイルスをやっつけてくれる薬というイメージを持たれている方がいらっしゃいます。

しかしそれらは厳密に言うと間違いです😥

抗菌薬とはその名の通り、細菌の増殖を阻害したり破壊を行う薬のことを指します。なので基本的には細菌にしか効きません。(ウイルスと細菌は別です👿)

なので我々、獣医師は来院された動物さんの状態や血液検査、画像検査などを基に、細菌感染が確認できた場合やそれが疑わしい場合などに抗菌薬を使用します。

よく血液検査や画像診断を薦めるにはこういった理由もあるんです!🙄

 

しかし近年で世界的に問題になっているのが、こう言った抗菌薬に耐性を持ってしまう『耐性菌』が出現・増加している、ということです。

 

基本的なメカニズムとしては…🤔

抗菌薬を使用すると体内の細菌は死滅していきます。しかし、その細菌集団の中にその抗菌薬への耐性を持つ菌がいた場合…それらは死滅せず生き残って耐性菌の集団へと変わっていきます…。

さらに稀にそれらの耐性菌が変異を起こしたりして、増殖スピードが速くなることがあります。そうなることで、その抗菌薬を使っても死滅しない細菌の集団が出来上がり、それらが環境中(その動物の体内)に生き残ってしまいます💦

無闇な抗菌薬使用でそういったことが続くと体内では耐性菌が増えてしまい、本当に抗菌薬が必要な時に抗菌薬が効かなくなってしまい、最悪の場合、感染症で死に至ってしまいます…

なので我々は感染症を疑った時、

①感染臓器の特定

②原因微生物の特定

③抗菌薬投与の適用の是非

④抗菌薬の種類を選択

以上のことに特に注意して抗菌薬を使用しています!

上の画像が、検査で検出された菌たちです。

これらが悪さをしていて治療が必要だと判断された時に、抗菌薬を使用します💊

 

このようにして僕たちは、その動物さんの一生を考えて治療選択をしています。

治療の内容に関して不安に思ったり、不思議なことがあればいつでもご相談、質問してきてくださいね✨

Chikushi@U-KYO-Animal Hospital

⭐︎ LINE便利です ⭐︎


獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等便利でお得な?情報を配信中!
 フードのご注文も24時間可能です♪ ID検索【ukyo-ah】
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO・OIKE・ARASHIYAMA・UZUMASA
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師

2月6日(火) 犬だけじゃない!怖い子宮の病気〜子宮蓄膿症〜

カテゴリー: 診察 

2月6日

*****セミナーのお知らせ(本院)*********
パピー教室:2月12日(月祝)、18日(日)、25日(日)
デンタルセミナー:2月10日(土)、17日(土)
*****夜間診察のお知らせ*************
平日20:00~24:00で実施しています。
ご来院前に必ずお電話いただき、救急の方のみご利用ください。
***************************

こんにちは。嵐山院院長の田中です。寒さがピークを迎えていますね。皆さん体調を崩されていませんか?

インフルエンザなども流行っているようですのでどうぞご自愛くださいね。

さて、今日お話する内容は「子宮蓄膿症」についてです。

子宮は普段ばい菌などが悪さをしないように自浄作用が働いています。発情期には妊娠するためにその自浄作用が弱まります。

犬の場合は、発情期が来ると必ず“偽妊娠”を起こします。偽妊娠とは、妊娠していなくても妊娠時と同じように体が変化します。その一つとして、子宮の出入り口を固く閉じます。

そうなる前にばい菌が子宮の中に入ってしまうと、子宮の中でばい菌が増殖し、膿がたまり、子宮蓄膿症を引き起こします。

猫は偽妊娠のようなことは起こりません。そのため理論上は子宮蓄膿症が起こることはないと言われています。ただ、交尾した際にばい菌が子宮の中に入り、子宮蓄膿症になってしまう場合があります。なので、猫は子宮蓄膿症にはならないというのは間違いです。油断は禁物です。

子宮蓄膿症になると、高熱が出て、食欲・元気がなくなります。また、ばい菌の毒素の影響で水をたくさん飲みます。さらに嘔吐や下痢も起こします。

治療の第一選択は子宮・卵巣全摘出です。しかも多くの場合緊急手術が必要となります。

子宮・卵巣を取ってあげれば90%は完治します。術後は入院下での集中治療を行います。

内科治療(お薬での治療)も方法としてはありますが、ほとんどの場合再発するので残念ながら根本的な治療にはなりません。

子宮蓄膿症は放っておくと命を落とす可能性が高い怖い病気です。予防するには避妊手術が有効です。避妊手術をしてあげれば子宮蓄膿症になることはありません。

避妊手術は賛成・反対いろいろな意見がありますが、避妊手術をしたほうが寿命が長いというデータもあります。そういったことも考慮して実施するかどうかよく考えてあげると良いと思います。

迷われている方はお気軽にご相談ください。

 

嵐山院 院長 田中

 

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、「いいね」をお願いします♪ 

kiyoaki@U-KYO-Animal Hospital

 

⭐︎ LINEはじめました ⭐︎

 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等

    便利でお得な?情報を配信して参ります(^^)v

 フードのご注文も24時間可能です♪ 

 

 

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 

京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]

動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO

JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師

ISFMキャットフレンドリークリニック ゴールド認定

 

 

1月21日(日) 最近口が臭う??

カテゴリー: 診察 

*****セミナーのお知らせ(本院)*********

パピーセミナー:1月27日(土)、28日(日)
デンタルセミナー:1月20日(土)

*****本院からのお知らせ*************
2022年5月から夜間診療を開始しました。
平日20:00~24:00で実施しています。
ご来院前に必ずお電話いただき、救急の方のみご利用ください。
***************************

こんばんは、獣医師の朴です。
2024年も始まり、早くも1月が終わろうとしています。
皆さんはお正月をどう過ごされましたか?自分はコロナ禍で会えなかった親戚たちや祖父母と
集まって、正月を過ごしました。
何年も会えていなかった親戚の子供たちが成長した姿を見ると子供は成長が早く、
自分も歳を取ったなと思いました。(笑)

さて、話は変わりますが今回は歯周病についてお話ししていこうと思います。
皆さんは歯周病についてどのようなイメージを持たれているでしょうか?
よく聞くイメージとしては『歯の病気』、『高齢になったらなる』や
『口が臭くなる』といった事をよく聞きます。
『口が臭くなる』は正解ですが、そのほかのイメージは実は間違っているのです!
まず、歯周病は歯の周りの組織が破壊される病気ですので歯の病気ではありません。
さらに高齢で起きる病気でもなく実は若齢でも起きる病気なのです。
最近の報告ではデンタルケアをしていない小型犬は9ヶ月齢から歯周病が始まるとされています。
また、歯周病は見た目だけでは診断ができません。
なので、日々のデンタルケアがとても大切になってきます。
デンタルケアは歯ブラシやデンタルガムなどを使っていただきながら歯周病の原因である
歯垢をつきづらくします。
しかし、人と同様いずれか歯石は付いてしまうので、その時はスケーリングで歯石を除去します。
歯ブラシで歯石は取れません!
今回はスケーリングを実施した症例を最後に紹介しようと思います。少し血が見られるので苦手な方は
ご注意ください!
以前、診察時に歯石がかなり付着していたのでスケーリングの提案をし、スケーリングを実施する
こととなった子です。
               
スケーリングを進めていくと歯根の分岐部まで歯肉が退行していた為、抜歯対象となり抜歯しました。
このように、歯石が歯を支えている時があり歯石を取ると歯がぐらつくといったことが多々あります。
このようなことが起きないためにも日々のデンタルケアが大切となります。

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、拍手をお願いします♪

(拍手も、ランキング参加も、いつも、スタッフ一同の励みになっています(o^∇^o)ノ)

PARK@U-KYO-Animal Hospital

⭐︎ LINE@はじめました ⭐︎
 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等便利でお得な?情報を配信中!
 フードのご注文も24時間可能です♪ ID検索【ukyo-ah】

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO・OIKE・ARASHIYAMA
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師

1月17日(水) お口の健康🦷🪥✨

カテゴリー: 予防について 愛犬 診察 

1/17(水)

*****セミナーのお知らせ(本院)*********

パピーセミナー:1月21日(日)、1月27日(土)、28日(日)
デンタルセミナー:1月20日(土)

*****本院からのお知らせ*************
2022年5月から夜間診療を開始しました。
平日20:00~24:00で実施しています。
ご来院前に必ずお電話いただき、救急の方のみご利用ください。

***************************

 

こんばんは!獣医師の細田です!
もう年が変わり早2週間以上も経ちました。
今年も一瞬で過ぎ去っていくのでしょうね、、、、💨
今年1発目のブログ投稿となるので、まずはご挨拶から🎍
次年度で、右京での勤務歴、獣医師歴が4年目になり、もう、新人気分ではいられません。
続々と後輩も入ってきているため、しっかり気を引き締めて日々の業務、獣医療に向き合っていきます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します🙇‍♀️

また、私事ですが、年末に最愛の愛犬モコが虹の橋を渡りました🌈🐕
15歳と1ヶ月でした。とても素晴らしい思い出をたくさんくれました。
闘病期間も長く辛い思いもたくさんしたと思います。
もっとこうしてあげればよかった、あの時こうしてればよかった、、、
など亡くなってからいまだに後悔して考え込むことも多くありますが😢
今は虹の橋で、元気に走って、好きなものを食べて、お腹を壊すこともなく
過ごしてくれていることでしょう!
会いたくて会いたくてたまらないですが、モコに恥じぬよう日々精進していこうと思います。

さて、前置きが長くなりましたが本題へ!🪥
右京動物病院では1月、2月でスケーリングキャンペーンを行っております🦷✨
各種スケーリングコースが10%offになります。
もうすでにキャンペーン期間中にスケーリングを頑張ってくれた子もたくさんいます!
気にはなりつつ見て見ぬふりをしていた歯石、口臭、これを機に綺麗にしましょう🪥
レントゲン検査や超音波検査、眼科検査など健康診断も一緒になったコースもありますので、
シニアで口腔内はもちろん、体の健康面も気になっているという飼い主様、ぜひ実施させてあげてください!
歯周病が気になっていたが、実は別の病気も抱えていた子、
口臭が気になり歯周病かと思っていたら実はお口の奥に腫瘍があった子、
健康診断、麻酔をかけてのお口チェックをしてよかった。早期発見できてよかった。と思う子多数います。
迷っておられる方、ぜひ一度相談にいらしてください!
お待ちしております!

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、拍手をお願いします♪

(拍手も、ランキング参加も、いつも、スタッフ一同の励みになっています(o^∇^o)ノ)

HOSODA@U-KYO-Animal Hospital

⭐︎ LINE@はじめました ⭐︎
 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等便利でお得な?情報を配信中!
 フードのご注文も24時間可能です♪ ID検索【ukyo-ah】

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO・OIKE・ARASHIYAMA
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師

1 / 7112345...102030...最後 »
2024年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031