右京動物病院

診察ネット予約はこちら

お問い合わせ

075-406-5211

24時間365日なんでも相談窓口
(当院かかりつけ専用)

050-2018-2505

右京動物病院ブログ: 診察

1 / 5312345...102030...最後 »

5月10日(火) 連休中の緊急事態!

カテゴリー: 未分類 診察 

5月10日(日)

*****セミナーのお知らせ*********
パピー教室:5月28日(土)
デンタルセミナー:5月22日(日)
シニアセミナー:5月20日(金)

*****本院からのお知らせ*********
10月から”予約優先診察”となっておりますが、
 ご予約されていない方でも、診察は可能です。
 もし予約が出来なかった場合は、直接ご来院ください。
 (*獣医師の指名はできませんのでご了承ください)

こんにちは!嵐山分院院長の田中です。
3年ぶりのゴールデンウィークはいかがお過ごしだったでしょうか?
長い人だと10連休もあったそうですね😆
私はもっぱら息子とお家で過ごしていました。
GWに一緒に遊びに行くのが待ち遠しいです。😄

そんなGW中に、Sちゃんという13歳の女の子のワンちゃんが来られました。
2~3日前から食欲が低下し、元気がないということでした。
各種検査の結果、“子宮蓄膿症”という病気であることがわかりました。
子宮蓄膿症とは、避妊手術をしていない高齢の女の子のワンちゃんで起こる病気です。
子宮の中にバイ菌が入り込んでしまい、子宮の中で増殖してしまいます。
最悪の場合、子宮が破けてバイ菌がお腹の中にばらまかれてしまいます。😱
治療法は手術が第1選択となります。
手術を行うことが危険な場合お薬で治療することもありますが、ほとんどの場合で再発してしまいます。
なので、手術で膿がたまった子宮を取り出してあげる治療が最も最善の治療です。

Sちゃんも検査で手術に耐えられることがわかったので、飼い主様と相談して手術をすることを決断しました。
すぐに緊急手術を実施しました。
お腹を開けると腫れあがった子宮が出てきました。
子宮を無事に取り出しましたが、お腹の中に“腹水”がたまっていることに気が付きました。
その腹水を取って顕微鏡で見てみると、バイ菌がいました!
子宮が破れて腹膜炎を起こしてしまっていたので、Sちゃんはぐったりしていたのです。
お腹の中を洗浄し、無事に手術が終わりました。

術後も入院中は要注意です。
腹膜炎を起こしているので、状態が悪化する可能性もあります。
膵炎など他の病気を引き起こしたり、バイ菌がまた増える可能性もありますので3日間集中治療を行いました。
幸い、術後の経過は良好で、4日目に退院することができました。
ただ、入院中は緊張もあってかご飯をあまり食べてくれませんでした。

ちょうど今日再診に来ていただきました。
退院後におうちで少しずつご飯を食べられるようになったとのことで、一安心でした。
今日は病院でおやつも食べてくれました!😆
まだ回復途中ですが、手術を決断してよかったです。
早く元気になってね!!

右京動物病院 ARASHIYAMA 院長 田中

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、「いいね」をお願いします♪ 
kiyoaki@U-KYO-Animal Hospital


⭐︎ LINE@はじめました ⭐︎

 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等
    便利でお得な?情報を配信して参ります(^^)v
 フードのご注文も24時間可能です♪ 
 ID検索【ukyo-ah】

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師
ISFMキャットフレンドリークリニック ゴールド認定

5月3日(火) 暖かくなったら、、、☀️

カテゴリー: 診察 

5月3日(火)

*****セミナーのお知らせ*********
パピー教室:5月8日(日)、28日(土)
デンタルセミナー:5月22日(日)
シニアセミナー:5月20日(金)

*****本院からのお知らせ*********
10月から”予約優先診察”となっておりますが、
 ご予約されていない方でも、診察は可能です。
 もし予約が出来なかった場合は、直接ご来院ください。
 (*獣医師の指名はできませんのでご了承ください)

こんばんは!獣医師の細田です!
これから徐々に夏に近づいてきますね😎
これからの時期に多い病気としては皮膚病や外耳炎ですが
これら以外に夏特有の病気として『熱中症』があります。
熱中症とは熱によって引き起こされる体の不調の総称であり
口を開けてハァハァし、重症になると意識レベルが低下しショック状態に
陥るような怖い病気です。

熱中症の原因は
・閉め切ったエアコンをつけていない室内に長時間放置
・夏場の日当たりの良い場所で飼育
・暑い時期の過度な運動
などがよく挙げられます。
犬は人のように汗をかいて体温を調節する事が出来ず
口を開けて舌を出してハアハアと呼吸(パンティング)することによって放熱します。
ブルドッグやシーズー、パグなどの短頭種は他の犬種と比べて気道が狭いため
パンティングによる放熱の効率が低く熱中症に陥りやすいと言われています🐶
また、長毛種や大型犬、原産国が寒い地域の犬も熱中症を起こしやすいです。
熱中症になった場合、まず早期にするべきことは体温を下げることです。
もちろん病院へすぐに来ていただきたいですが、病院に来るまでに
①水道水を体にかけ、扇風機などで揮発させる
②太い血管(首、脇、内股)はアイスパックを当てる
③四肢のマッサージをする(抹消の血管を広げ熱放散させる)
など飼い主様自身でできる事もありますので覚えておいてください。
しかし、熱中症に陥っている子は体温調節機能が低下しているため
急速に体温を下げすぎてしまい、低体温になると平熱に戻せなくなる場合もあります。
ちなみに、41℃以上体温がある場合の冷却目標は39.740℃と言われています。熱中症は重篤な場合は死に至る怖い病態です。
しかし、飼い主様がしっかり対策していただくと防ぐ事が出来る病気です!
これからの季節、お外で遊ぶ機会も増えて行くとは思いますが
しっかり熱中症対策をしていきましょう!☀️
私は今、ワンちゃんの熱中症対策グッズをインターネットで検索して、
あまりの種類の豊富さに驚いております笑


みなさんもぜひ夏に向けて調べてみてください!!🏖 

HOSODA@U-KYO-Animal Hospital


⭐︎ LINE便利です ⭐︎

 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等
    便利でお得な?情報を配信して参ります(^^)v
 フードのご注文も24時間可能です♪ 
 ID検索【ukyo-ah】

⭐︎インスタ人気です⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO・OIKE
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸

5月1日(日) 高齢化に伴い・・・

カテゴリー: 診察 

5月1日(日)
*****セミナーのお知らせ*********
デンタル:22日(日)
パピー:8日(日)、28日(土)

*****本院からのお知らせ*********
10月から”予約優先診察”となっておりますが、ご予約されていない方でも、診察は可能です。
 もし予約が出来なかった場合は、直接ご来院ください。
 (*獣医師の指名はできませんのでご了承ください)

*****SAGANO/OIKEからGWのお知らせ*********
5月3日、4日は午前診察のみ。5月5日は休診とします。
その他は通常通り診察しております。

こんばんは、獣医師の國廣です。
あっという間に5月になりましたね。
病院はまだまだ予防シーズンなので、賑わっております。
4月に来院できなかった方はお待ちしております!

家のハリネズミは相変わらず寝てばかりです。

このだるそうな顔、気が抜けますねー笑
日中もだいぶ暖かくなってきたので、最近はヒーターをやめました。
ハリネズミは温度と湿度の管理が重要なので、しっかりとお世話をしないとですね!


ではでは本日はヨークシャーテリアのRくんの話。
他院で肝臓に腫瘍があるかもとのことで、CTのある当院を受診されました。
実際に超音波検査を当てると、肝臓に腫瘤を認めました。

肝臓に腫瘤がある場合、治療法としては外科手術による摘出ですが、
まずはCT検査で詳細を把握しないといけません。
血管の走行、他の臓器との関係性など超音波検査では見切れない部分までも分かるのが
CT検査になります。
ぶれない画像を撮影するために、人では息を止めて撮影しますが
動物は人のようにタイミングよく呼吸を止めることができません。
そのため全身麻酔と人工呼吸器による管理が必要になります。

しかしそうは言っても、CTを撮影するメリットは大きいため
今回のRくんも実施することになりました。

このように撮影した画像は画像専門医に送り、詳細な読影をしてもらいます。
Rくんは今後外科切除を含めて、方針を考えていかなくてはなりません。

近年動物医療は大きく発展しており、動物の寿命は確実に延びていますが、
その分高齢化が進み、病気も多種多様になってきます。
これからも最新の医療を提供していけるよう努めます。

それでは今日はここで・・・ 出来ましたら、「いいね」をお願いします♪

KUNIHIRO@U-KYO-Animal Hospital


⭐︎ LINE便利です ⭐︎

 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等
    便利でお得な?情報を配信して参ります(^^)v
 フードのご注文も24時間可能です♪ 
 ID検索【ukyo-ah】

⭐︎インスタ人気です⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO・OIKE
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸

4月30日(土) 食欲旺盛

カテゴリー: 診察 

4月30日(土)
*****セミナーのお知らせ*********


*****本院からのお知らせ*********
10月から”予約優先診察”となっておりますが、ご予約されていない方でも、診察は可能です。
 もし予約が出来なかった場合は、直接ご来院ください。
 (獣医師の指名はできませんのでご了承ください)

*****SAGANO/OIKEからGWのお知らせ*********

5月3日、4日は午前診察のみ。5月5日は休診とします。

その他は通常通り診察しております。

 

 

 

こんにちは、右京動物病院OIKEの太陽です。

今月はブログに2回登場。先月忘れてたんでペナルティ笑

 

右京動物病院には福利厚生の一環として、一月に一回外部の方に従業員のランチを作ってもらうというイベントがあります。

毎月お世話になっているのはサラメシで登場したかおり先生。いつも体に優しい、美味しい、綺麗な食事を作ってくださいます。

かおり先生も獣医師として働いてこられて、現在はお料理をメインに活動されています。

インスタめちゃ綺麗なんで見てみてください!kskaoriks(kaori shimizu) で検索👍

4月からは分院メンバーも増えてきたので本院とは別にOIKEでも開催することになりました!

コンロが少ないのでカセットボンベでと無茶をいって申し訳ない笑

美味しすぎて白ごはんは4杯おかわり。夜食にタイカレーも作り置きしてくださり、大満足の1日でした😋

 

ということで食欲には自信のある私。

回転寿司では最高42皿を食べたことがある猛者ですが、先日動物の食欲には勝てないなと再認識をしました。

 

7ヶ月のダックスちゃん。3日前から嘔吐が見られるとのこと。エコー検査を実施すると胃〜十二指腸にかけて異物の影が、、、

早速内視鏡で胃の中を覗いてみると禍々しい布の塊が。

食道から引っ張り出そうとトライしましたが、異物の反対側の繊維が紐状になり十二指腸に引っかかっています。

無理をして引っ張ると腸粘膜が擦り切れてしまうため内視鏡での除去は断念無念。

開腹手術へと移行しました。

胃袋を切開すると大きな塊。

結局十二指腸も2箇所切開し、ようやく除去完了。

遺物の正体は靴下でした。3キロのダックスが丸呑みです。

いかにかおり先生が美味しいソースと和えてくれても、靴下丸呑みはできない。

動物の食欲を思い知りましたとさ。

異物の誤食は再犯率が高いです。みなさんもお気をつけて😇

最後に術後の反省してる顔。かわゆい。。。

 

 

 

 

 

それでは今日はここで・・・ 出来ましたら、「いいね」をお願いします♪

taiyo@U-KYO-Animal Hospital


⭐︎ LINE便利です ⭐︎

 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等
    便利でお得な?情報を配信して参ります(^^)v
 フードのご注文も24時間可能です♪ 
 ID検索【ukyo-ah】

⭐︎インスタ人気です⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO・OIKE
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸

 

 

4月14日(木) 猫は高い所でも平気?

カテゴリー: 診察 

*****セミナーのお知らせ*********

パピー教室:4月29日(金・祝)
デンタルセミナー:4月24日(日)
シニアセミナー:4月22日(金)

*****本院からのお知らせ*********

10月から”予約優先診察”となっておりますが、ご予約されていない方でも、診察は可能です。
 もし予約が出来なかった場合は、直接ご来院ください。(*獣医師の指名はできませんのでご了承ください)

 

こんばんは。獣医師の三浦です。
先日、ふと見上げてみると…

つぶが冷蔵庫の上に💦


「さも当然!」というお顔で寛いでいらっしゃる…😅

以前の部屋は構造上、冷蔵庫には登れなかったのですが
引っ越してから頻繁に乗るようになってしまいました。
他にもカーテンレールに乗ってしまったり…
折角の新居が冷や汗ものです😱
ちなみにもう一匹のごまは、登るには登れるのですが
つぶ程身軽さがないので下半身がずり落ちそうになったり
降りれなくて困ってしまったりで、「無理だ」と学習したのか頻繁には登りません。笑

 

さて、「猫高所落下症候群」というものを聞いたことはあるでしょうか?

その名の通り、猫が高い所から落ちて受ける一連の外傷のことです。
猫は高い所でも平気、という印象があるかもしれませんが
このような病名が存在するぐらい、猫の落下事故は多いのです。

外傷には胸部損傷(気胸、肺挫傷など)、四肢や骨盤、顎骨の骨折、
膀胱など腹腔内臓器の損傷、椎体骨折に伴う脊髄損傷などが含まれます。

過去には、ある程度の高さ以上だと姿勢を整えられるから損傷が少ないという報告もあるのですが
最近の報告では否定的です。
落ちたときの状況や着地場所の環境によっても変わってきますよね。
ちなみに原因として多いのは、遊びに夢中になってベランダ等から落ちてしまう状況です。
マンション住まいの方、気をつけましょうね💦

 

先日来院されたMちゃん。
状況は分かりませんが、部屋で大きな音がしたなと思ったら、動けなくなっていたようです。
おそらくいつも寛いでいる天井近くの場所から落ちたのでは??とのこと。
院内では後肢の麻痺が認められ、動けはするものの引きずりながらで
真っ直ぐ歩くこともできませんでした。

レントゲンでは大きな外傷は認められませんでしたが、
症状から脊髄損傷を疑いました。

幸い安静により少しずつ症状は改善し、
数日で元のように歩けるようになってくれてホッとしています。

通常はお部屋の中の高さで落ちるぐらいは問題ないことがほどんどですが、
このような事故もあるのだなとヒヤッとした一件でした。
我が家も事故がないように、環境を見直します。

 

R. Miura@U-KYO-Animal Hospital



⭐︎ LINE@はじめました ⭐︎

 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等
    便利でお得な?情報を配信して参ります(^^)v
 フードのご注文も24時間可能です♪ 
 ID検索【ukyo-ah】

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師
ISFMキャットフレンドリークリニック ゴールド認定

 

4月4日(月) たかが外耳炎?

カテゴリー: 診察 

4月4日(水)

*****セミナーのお知らせ*********
パピー教室:4月10日(日)、29日(金・祝)
デンタルセミナー:4月24日(日)
シニアセミナー:4月22日(金)
*****本院からのお知らせ*********
10月から”予約優先診察”となっておりますが、ご予約されていない方でも、診察は可能です。
 もし予約が出来なかった場合は、直接ご来院ください。(*獣医師の指名はできませんのでご了承ください)

こんばんは!獣医師の細田です
とうとう4月になり、働きはじめてもう1年が経ったことに驚いている細田ですが、
新人のメンバーも増え、先輩獣医師になり身が引き締まる思いです✨
先輩と言ってもまだまだ学ぶべき事が溢れているので、後輩達とともに
一緒に成長していきたいと思っています!!🌸

今回は、暖かくなってくるこの時期に増えてくる『外耳炎』についてお話しします👂
ここ数週間の間に外耳炎で来院される子がとても多くなったように感じます。
しきりに耳を掻いたり、頭を振ったり、写真のように耳の中が真っ赤に腫れ上がったり。

痒そうな姿は見ていてとても辛いですよね😢
外耳炎になる原因はいろいろありますが、細菌や真菌の繁殖、あるいは寄生虫などが多くみられます。
元々、健康なわんちゃんの耳の中には多少細菌や真菌は存在しています。
健康な耳ではバリア機能が正常に作動して細菌や真菌が異常に繁殖しないようになっています。
しかし、アトピー性皮膚炎や脂漏症、異物、ホルモンの異常、高温多湿な環境など
様々なことがきっかけとなり、そのバリア機能が作動しなくなり細菌や真菌の異常繁殖が起こります。
外耳炎は、耳を綺麗に洗浄する事と点耳薬の治療で治ることが大半です🐶
しかし、再発を繰り返す子、慢性化している子はなんで治らないのか、
何が原因になっているのかをしっかり追求する必要があります!
たかが『外耳炎』と思いがちですが、皮膚だけの問題ではなく
実はホルモンの病気だった、実は腫瘍があったなど根本に病気が隠れている事も少なくありません😱
難治性になると点耳薬だけでは治せなくなり、最悪の場合外科的な手術が必要になることもあります。
そうなる前に、しっかり外耳炎になってしまう原因を見つけ、それに対する治療を実施する必要があります。
たかが『外耳炎』と思わずしっかり原因を見つけ治療してあげましょう!!
些細な変化でも、何か気になりことがあったらお気軽にご相談してください👌

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、拍手をお願いします♪
(拍手も、ランキング参加も、いつも、スタッフ一同の励みになっています(o^∇^o)ノ)

HOSODA@U-KYO-Animal Hospital


⭐︎ LINE@はじめました ⭐︎

 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等
    便利でお得な?情報を配信して参ります(^^)v
 フードのご注文も24時間可能です♪ 
 ID検索【ukyo-ah】

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師
 ISFMキャットフレンドリークリニック ゴールド認定

 

 

4月2日(土) なんとも痛々しい・・・

カテゴリー: 診察 

4月2日(土)

*****セミナーのお知らせ*********
パピー教室:4月10日(日)、29日(金・祝)
デンタルセミナー:4月24日(日)
シニアセミナー:

*****本院からのお知らせ*********
10月から”予約優先診察”となっておりますが、ご予約されていない方でも、診察は可能です。
 もし予約が出来なかった場合は、直接ご来院ください。
 (*獣医師の指名はできませんのでご了承ください)


こんばんは、獣医師の國廣です。
4月になり右京動物病院に新しい顔ぶれが入ってまいりました。
主任獣医師としてまだまだこれからも本院を引っ張っていきますので、どうぞよろしくお願いします。
最近はもっぱら花粉に悩まされており、診察中にくしゃみをすることが多々あると思いますが
お許しください😂笑

今回は尻尾を怪我した外猫のSちゃんについて
実際に尻尾の毛を刈って見てみると

写真のように出血と一部壊死が認められました。
壊死した部分は再生することはないため、手術による切除を試みました。

こちらが術前写真です。


まずはメスで切開していくんですが、
最終的な縫合の形を考え、V字に2箇所切っていきます。


尻尾には血管も多いため、電気メスで止血しながら手術をすすめていきます。


続いて関節部分で切除します。


そして断端を縫合し、手術を終えました。

今は元気に動き回っているそうで、手術も無事に終えて飼い主様も、猫ちゃんもホッと一息です。

ひどい子は尻尾すべてを切る手術をする子もいるそうで・・・。おそろしいですね。

外に行く猫ちゃんは、感染症はもちろんのこと、外傷には十分注意しましょう。

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、「いいね」をお願いします♪ 

KUNIHIRO@U-KYO-Animal Hospital


⭐︎ LINE@はじめました ⭐︎

 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等
    便利でお得な?情報を配信して参ります(^^)v
 フードのご注文も24時間可能です♪ 
 ID検索【ukyo-ah】

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師
ISFMキャットフレンドリークリニック ゴールド認定

3月16日(水) 往診で出会った奇跡

カテゴリー: 診察 

3月16日

*****セミナーのお知らせ*********
パピー教室:3月27日(日)
デンタルセミナー:2月27日(日)
         3月21日(月)
シニアセミナー:3月22日(火)
*****本院からのお知らせ*********
10月から”予約優先診察”となっておりますが、ご予約されていない方でも、診察は可能です。
 もし予約が出来なかった場合は、直接ご来院ください。 (*獣医師の指名はできませんのでご了承ください)

****SAGANO分院臨時休診****
3月23日㈬、3月28日㈪、3月30日㈬
※獣医師は不在ですが、スタッフは在中しておりますのでフード等のお渡しは可能です。

****SAGANO分院からのお知らせ****
2/28~3/31は德田分院長の育児休暇となります。
德田分院長臨時の出勤日もございますので、診察後希望の方は電話にてお問い合わせください。
SAGANO 075-205-0240
***********************

こんにちは。嵐山分院の田中です。

今年もついに花粉の季節が来てしまいました。🌲😰
私はひどい花粉症なので、春先はアレルギーのお薬が欠かせません。💊
天気のいい日に外に散歩に行くことも躊躇します。
トマトが好きなのですが、花粉症が悪化するので春は食べられません。困ったものです。
“交差反応”といって、スギ・ヒノキの花粉とトマトのたんぱく質が似ているのでアレルギー反応が出てしまうようです。

出典:https://www.kyowakirin.co.jp/kahun/about/oas.html

最近、皮膚がかゆくなってしまったわんちゃん、ねこちゃんの患者さんが増えてきています。
その子たちも花粉に反応してしまっているんです。
人間は(私のように)鼻、眼の症状が出ます。わんちゃん、ねこちゃんの場合は皮膚に痒みの症状が出ます。
ひどくなる前に病院に行き、早めに対処してあげましょうね。

最近往診に行かせていただいている猫のCちゃんという子がいます。
実はCちゃん、何年も前から「肥大型心筋症」という心臓病を患っています。
いよいよその心臓病が悪化してしまい、胸水がたまるようになり、呼吸困難になることも出てきてしまいました。
入院中は毎日胸水を抜いてあげないと呼吸が苦しい状態でした。1回に100cc以上抜けることもあったそうです。😱
入院治療でも改善が無かったので、自宅に酸素室を用意して退院することに…
その時には残された寿命も多くはないといった状態でした。

私は退院された翌日に往診に伺いました。
確かに呼吸も早く、酸素室から出すことは危険な状態です。
とても病院に連れて行くことはできない状態でした。
幸い、現地で行った超音波検査で胸水はそれほど溜まっていませんでしたので、少しだけ希望の光が見えました。

翌日、飼い主様に伺うと、ご飯をパクパク食べているとのこと。
超音波検査を見てみると全然胸水がたまっていません。
入院中は毎日のように胸水を抜いていたのに!
その3日後にも胸水は増えていませんでした!😳

入院治療でも改善しなかったのに、なぜ改善したのでしょうか?
おそらく、利尿剤が効いてくれたこと、自宅という安心できるとこでの治療が合っていたことが理由だと思われます。
Cちゃんはこれまで何度も奇跡を起こし、命の危機を脱してきたそうです。なので、今回も奇跡を起こしてくれたのだと思います。🤗
現在、退院して1か月ほどになりますが、一緒に暮らしている兄弟のGちゃんと遊べるほどに回復してくれています。
往診で超音波検査で心臓、胸水を確認しながら、血液検査で利尿剤の副作用のチェックをしていますが異常はありませんでした。
これからもCちゃんの頑張りを微力ながらお手伝いできればと思っています。
Cちゃんの奇跡を信じて。


酸素発生器の上に逃げ込んだCちゃん。検査は苦手です😥


Cちゃんが検査中でも、ベットの上で寝てしまうGちゃん。

右京動物病院 ARASHIYAMA 田中

追伸
お知らせがあります!
嵐山分院のホームページができました!
今後ともよろしくお願いいたします。
右京動物病院 ARASHIYAMA

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、「いいね」をお願いします♪ 
kiyoaki@U-KYO-Animal Hospital


⭐︎ LINE@はじめました ⭐︎

 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等
    便利でお得な?情報を配信して参ります(^^)v
 フードのご注文も24時間可能です♪ 
 ID検索【ukyo-ah】

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師
ISFMキャットフレンドリークリニック ゴールド認定

 

3月9日(水) 猫ちゃんの頭頸部のしこり

カテゴリー: 診察 

3月9日(水)

*****セミナーのお知らせ*********
パピー教室:3月13日(日)、27日(日)
デンタルセミナー:3月21日(月)
*****本院からのお知らせ*********
10月から”予約優先診察”となっておりますが、ご予約されていない方でも、診察は可能です。
 もし予約が出来なかった場合は、直接ご来院ください。 (*獣医師の指名はできませんのでご了承ください)

****SAGANO分院臨時休診*********
3月23日(水)、3月28日(月)、3月30日(水)
※獣医師は不在ですが、スタッフは在中しておりますのでフード等のお渡しは可能です。

****SAGANO分院からのお知らせ******
2/28~3/31は德田分院長の育児休暇となります。
德田分院長臨時の出勤日もございますので、診察後希望の方は電話にてお問い合わせください。
SAGANO 075-205-0240
***********************

こんばんは、獣医師の細田です。
ここ最近は暖かい日が増え、春を感じますね🌸
それと同時にもう春か、、、早い、、。と時の流れを感じます。
右京動物病院で働き始めてもう1年が経つのかと思うと驚きです!
この1年、右京のスタッフと可愛い動物たち、そして飼い主様に支えられながら色々なことを学びました。
今後も絶えず成長していきたいと思っております。

さて、今回は猫ちゃんの皮膚の腫瘍についてお話します。
10歳の雑種のPちゃん
首の皮膚に小さいできものがあるとのことで来院されました。
見てみると7mm程度の小さい皮下腫瘤ができていました。

細胞診という、腫瘤に針を刺して細胞を採る検査を実施するとこのような細胞がとれました。

↑丸い細胞の中に多数の顆粒がみられます。これは”肥満細胞“という細胞の特徴です。
肥満細胞とは、ヒスタミンやヘパリンなどたくさんの生理活性物質を含んでいる細胞で、
体の中のいたるところに存在しています。
ヒトで身近なものだと花粉症などのアレルギー反応に関わっている細胞です🌲
この細胞がガン化したものが「肥満細胞腫」と言われる悪性腫瘍です。
猫ちゃんの皮膚腫瘍の中で2番目に多い腫瘍と言われており、頭部や頸部に好発します。
猫ちゃんの皮膚にできる肥満細胞腫のうちほとんどが悪性度も低く、
転移の可能性も低いため外科的摘出のみで根治が可能な場合が多いです。
Pちゃんも後日摘出手術を実施しました。
手術後まだ寝ぼけているPちゃん😹頑張ってくれました。

Pちゃんの場合皮膚型の肥満細胞腫でしたが、そのほか内臓型(脾臓型、消化器型)の肥満細胞腫もあります。
内臓型肥満細胞腫は他の臓器に転移することもあり悪性度が高い腫瘍です。
しかし、症状があまり現れないことも多く、発見が遅れてしまうことも多いです😢
早期発見、早期治療のためにも定期的な健康診断を強くおすすめします。
また、お家でもたくさん猫ちゃんの体を触って小さな変化にも気づいてあげてください。
「心配しすぎかな?」「こんなことで病院に連れて行ってもいいのかな?」
と迷われることもあるかもしれませんが、
どんなに些細なことでもお気軽にご相談してください。
私たちと一緒にかわいいわんちゃん、猫ちゃんの健康を守っていきましょう👍

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、いいね!をお願いします♪
(いいねも、ランキング参加も、いつも、スタッフ一同の励みになっています(o^∇^o)ノ)
HOSODA@U-KYO-Animal Hospital

 
⭐︎LINE@はじめました ⭐︎

 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等
    便利でお得な?情報を配信して参ります(^^)v
 フードのご注文も24時間可能です♪ 
 ID検索【ukyo-ah】

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師


3月7日(月) 新しい家族

カテゴリー: 診察 

3月7日(月)

*****セミナーのお知らせ*********
パピー教室:3月13日(日)、27日(日)
デンタルセミナー:3月21日(月)
*****本院からのお知らせ*********
10月から”予約優先診察”となっておりますが、ご予約されていない方でも、診察は可能です。
 もし予約が出来なかった場合は、直接ご来院ください。 (*獣医師の指名はできませんのでご了承ください)

****SAGANO分院臨時休診****
3月23日(水)、3月28日(月)、3月30日(水)
※獣医師は不在ですが、スタッフは在中しておりますのでフード等のお渡しは可能です。

****SAGANO分院からのお知らせ****
2/28~3/31は德田分院長の育児休暇となります。
德田分院長臨時の出勤日もございますので、診察後希望の方は電話にてお問い合わせください。
SAGANO 075-205-0240
***********************

こんばんは、獣医師の國廣です。
日中は気温が上がり、花粉が飛び出しましたね💨
黄砂の影響もあって、くしゃみが止まりません🤧笑
こんなご時世なので、診察中もマスクはしておりますが、
ご迷惑をかけてしまったらすいません🙏

あと先日からうちにハリネズミがやってきました!

名前はエルサ♀といいます🦔
ちょっとおデブですが、順調に育っております。
たまにブログで写真を載せますので、ぜひ見てください。


では、今日のテーマについて
7歳シュナウザーのMちゃんのお話。
下痢、嘔吐や食欲不振などの消化器症状で来院されました。
血液検査では肝胆道系の数値が上昇、腹部の超音波検査では特徴的な所見が認められました。

まず中央の丸い臓器ですが、「胆嚢」と呼ばれ、
肝臓で作られた胆汁を濃縮、貯蔵する臓器です。
本来は胆汁は液体なので、超音波検査では黒く映るはずですが、Mちゃんの場合白く、放射状に線が見えます。
これは「胆嚢粘液嚢腫」と呼ばれる病気になります。
甲状腺や副腎などのホルモン疾患、脂質の代謝異常などにより、胆汁が粘液化していくと、胆泥や胆石になります。
原因ははっきりとは分かりませんが、Mちゃんのように粘液嚢腫になると、
胆嚢破裂や、胆汁性腹膜炎など命の危険があるような病態になることもあります。

Mちゃんはまだ若く、内科治療により状態が安定したため、胆嚢摘出術を実施することとなりました。(以下、術中の写真が出ます。)

まずは開腹を行い、目的の臓器を確認します。

中央に見える、黒く丸い臓器が胆嚢になります。
胆嚢は肝臓に囲まれている臓器なので、しっかりと剥離していかなければなりません。


出血に気をつけながら、綿棒を使用して慎重に剥離していきます。


こちらが剥離後の写真です。大きな出血もなく、無事剥離、摘出できました。


摘出後は、閉腹して手術を終えました。
5日ほど入院し、無事Mちゃんは退院しました。

内科と外科の見極め、我々獣医師にとって非常に難しいところですが、今回のMちゃんは適切なタイミングで実施することができたと思います。

今後も多くの患者さんに適切な治療を行えるよう、最新の医療を学んでいきたいと思います。

KUNIHIRO@U-KYO-Animal Hospital

LINE@ご登録ください。 ID検索【ukyo-ah】⭐︎⭐︎インスタ人気です⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO・OIKE・ARASHIYAMA
JAHA認定 総合臨床医・外科医

1 / 5312345...102030...最後 »
2022年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031