予防医療(ワクチン、避妊・去勢) 高度医療(CT検査、腹腔鏡、整形、ヘルニア) トリミング ペットホテル デイケア リハビリ 各種セミナー(しつけ教室)

右京動物病院ブログ: 診察

1 / 4312345...102030...最後 »

7月5日(日) 誤食の常習犯( *`ω´)

カテゴリー: 未分類 診察 

7月5日(日)

*******臨時休診のお知らせ*********
院長(平野)は完全予約制となりますので、ご注意ください

こんばんは。
獣医師の百石です。
梅雨、終わらないですね☔
ランニングマンにとっては楽しくない日が続きます😔
が、なんとか隙を見ては走り回っている私です😄
最近、雨の中でも走れるスニーカーを買ったんです👟✨

めちゃ気に入ってます😍
今年はあらゆるマラソン大会が中止になってしまってるのがほんとに残念です😥
来年に向けて、トレーニングを惜しまず頑張ります💪

さて、今回はいつも元気MAXのAくんの悲劇のお話です😱

ある日、いつもの元気が全くないAくんが病院にやって来ました。
どうやら何か誤食してしまったらしいんです。
Aくん実は誤食、これが1度目ではありません。
以前にも食べてしまって痛い思いをしたことがありました。
その時と同様、顔が明らかにちーんとなっていて、なんとも言えない遠い目をしていました。
体調が悪いのが一目瞭然です😨
まずはバリウム検査を行ないましたが、案の定流れが良くありません。

翌日、麻酔下でまずは内視鏡検査を行ないました。
するとなんと、口から糸がでてきており、それを辿っていくと、食道、胃、腸まで繋がってるんです!

長〜い糸が消化管に絡んでるんです!
すぐに開腹手術に切り替え、胃切開および腸切開複数箇所行ないました。

無事糸は全て取れて、しっかり縫合して手術終了です。
あとはAくんの回復力に期待!
数日は絶食し、ゆっくり流動食から開始していきます。
Aくん、待ってましたとばかりにペロリと完食です。
しかし、数日後またまた元気のないAくん。

お熱を測ると、40度近くありました。
腹膜炎を懸念しましたが、注射を増やして、なんとか平熱にもどり、日に日に元気になってくれました。
10日間ほどの入院でAくんとは仲良しこよしに😄

元気いっぱいになって退院してくれましたが、ちょっぴり寂しくなっちゃいました😅笑
もう変なもの食べないでね!!

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、「いいね」をお願いします♪ 
A.Hyakkoku@U-KYO-Animal Hospital


⭐︎ LINE@はじめました ⭐︎

 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等
    便利でお得な?情報を配信して参ります(^^)v
 フードのご注文も24時間可能です♪ 
 ID検索【ukyo-ah】

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師
 ISFMキャットフレンドリークリニック ゴールド認定

7月3日(金) 肺エコー

カテゴリー: 診察 

7月3日(金)

*******臨時休診のお知らせ*********
院長(平野)は完全予約制となりますので、ご注意ください

 

 

太陽です。

雨ばかりで退屈ですね。せっかく運動しようと自転車を買ったのにしばらく出番はなさそうです。

特にお話できるような楽しい私生活ではないので、先日食べたいきなりステーキの写真載せときます笑 もう少しでプラチナカード!!

潰れないよう、みなさんもいってあげて下さい。自分はいつもリブステーキをレアで500g食べてます。

 

今日は軽めにいきます。

 

心原性肺水腫はみなさんもうご存知ですよね?心臓病が原因で肺に水が溜まって呼吸困難になってしまう病態です。犬の場合原因になる心臓病は僧帽弁閉鎖不全症(MR)という心臓病がほとんどになります。院長が開心手術をしているのはこの病気を治すためです。

 

肺水腫になるとレントゲンで肺が白く見えるようになります。しかし本当に早期だと肺がまだ白くなっていない場合もあります。

僧帽弁閉鎖不全症と闘っているPちゃん。普段から睡眠時に1分間の呼吸回数を測ってもらっています。普段23回なのが昨晩から30回になったと来院されました。起きてる時は元気食欲も問題なしでいたって普段通りに見えます。

レントゲンを撮影すると、、

右が1ヶ月前の正常時の画像。左が来院された時の画像です。

肺が前回と比べてそれほど白くなってない事がわかりますね。

こういう時に役に立つのが肺エコー検査です。

普段肺に腫瘍がある時などに肺にエコー当てる事がありますが、実は肺水腫の時にも肺エコーは有用なんです。

分かりづらいですが、白い縦のラインが異常初見になります。B lineといい、レントゲンでまだ写っていない早期の肺水腫でも検出が可能です。

Pちゃんは利尿剤を増量し、事なきを得ました。

肺水腫で一番多いケースは呼吸が荒くて苦しそうと来院されるパターンです。こうなると呼吸数は60回以上で、治療が間に合わず亡くなるケースも少なくありません。

今回は本当に早期に気づけたのでPちゃんも辛い思いをせずに治療できました。お母さんお手柄です。

うちの子もMRだ!って方。必ず睡眠時の呼吸数をカウントする習慣をつけて下さい。

お薬生活から離脱したい!MRを完治させたい!という方は獣医師に相談して下さい。

右京動物病院ではこの病気を治せます。

 

 

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、「いいね」をお願いします♪ 
taiyo@U-KYO-Animal Hospital


⭐︎ LINE@はじめました ⭐︎

 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等
    便利でお得な?情報を配信して参ります(^^)v
 フードのご注文も24時間可能です♪ 
 ID検索【ukyo-ah】

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師
 ISFMキャットフレンドリークリニック ゴールド認定

 

6月29日(月) スケーリングって?

カテゴリー: 診察 

6月29日

*******臨時休診のお知らせ*********
院長(平野)は完全予約制となりますので、ご注意ください。

皆さんこんにちは。
獣医師の田中です。😀
最近、暑さが本格的になってきましたね。熱中症にはどうぞお気を付けください。😎🌞

まずはお知らせです。
7月1日から「ビニール袋」の有料化が義務化されます。動物病院も対象となります。
当院でもビニール袋を有料化する予定となっております。
フードなどを購入される際には買い物袋をご持参いただくようよろしくお願いいたします。


さて、今日のお話は「歯」についてです。🦷✨
お家のワンちゃん、ネコちゃんは歯みがきをしていますか?
ワンちゃん、ネコちゃんも歯みがきが必要な動物さんです。

人間は「虫歯」になるので、食事のあとに歯みがきをします。
一方、ワンちゃん、ネコちゃんは虫歯になることは稀ですが、歯磨きをしないと「歯周病」になってしまいます!
実は、3歳以上のワンちゃんの80%以上に歯周病があると言われているんです!😨
思っているよりも多くないですか?

歯周病の治療には、スケーリングなどの処置が必要です。
ワンちゃん、ネコちゃんの場合、動いてしまう危険や恐怖・痛みを無くしてあげるために麻酔が必要となります。
「無麻酔スケーリング」は痛みを伴い、危険なことなので絶対にやめてあげてください!!🙅

当院で行っているスケーリングの様子を見てみましょう!
スケーリングする前の歯に茶色い歯石が付着していますね。



まずは、超音波スケーラーという道具で大まかな歯石を除去します。
歯医者さんで「キーン」という音がする道具です。



つぎに、歯と歯茎(はぐき)のスキマ「歯周ポケット」にたまっている歯石や歯垢をかき出します。
こんな耳かきのような道具を使います。



この工程がとても大事です!
歯周ポケットにたまった歯垢は食べかすではなく、バイ菌のカタマリなんです!😈
そのバイ菌を取り除いてあげることが歯周病の治療ではとても重要となります。



最後に、歯の表面をツルツルに磨いて歯石がつきにくいようにします。
これで、スケーリングは終了となります。
ピカピカになりましたね!✨



大事な家族であるワンちゃん、ネコちゃんの「歯」を守ってあげるために歯のケアをしっかりと取り組みましょう!
歯磨きのこと、スケーリングのことでご相談があればいつでもスタッフにお声掛けくださいね!

獣医師 田中


それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、「いいね」をお願いします♪ 
kiyoaki@U-KYO-Animal Hospital


⭐︎ LINE@はじめました ⭐︎

 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等
    便利でお得な?情報を配信して参ります(^^)v
 フードのご注文も24時間可能です♪ 
 ID検索【ukyo-ah】

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師
 ISFMキャットフレンドリークリニック ゴールド認定

6月28日(日) 腹腔鏡を利用した膀胱結石摘出

カテゴリー: 診察 

こんばんは、院長です。

梅雨ということもあり、雨の多い日が続きますね。
若い頃は雨は嫌いだったのですが、
病院や自宅の草木が雨で嬉しそうな様子を感じ取れるようになり、
梅雨の季節も好きになって来ました。
何事も考えようです。

さて今日は膀胱結石のお話をします。
膀胱結石はその名の通り、膀胱内に石ができてしまい、様々な症状を引き起こす疾患です。
石の種類によっては、薬やフードで溶解できることもありますが、多くでは手術が必要となることも多いです。

従来ではお腹を開いて、膀胱を出して来て、膀胱を大きく開いて、石の取り残しがないようにしっかりと観察して・・・という流れだったため、動物に負担のある手術でありました。
飼い主様の多くも負担の大きい手術は避けてあげたいと考えられてる方が多いようで、
最近では膀胱結石の腹腔鏡手術の依頼も多いように感じます。

ですので、膀胱結石摘出手術の流れを今回は描いてみようと思います。
症例は男の子の小型犬のワンちゃんです。
他院での健康診断の結果、結石が見つかり、負担の少ない手術で直してあげたいとのことで、
当院を紹介受診されました。

以下手術中の写真になります。

まずはお腹の中を観察するためのトロッカーと呼ばれる筒状の挿入口を確保します。

そこからカメラを挿入して、
お腹の中を観察しながら膀胱を確認して、
鉗子で把持します。

膀胱はお腹のすぐ近くまで持ち上げて、
膀胱内にカメラを入れるために支持糸というもので固定します。

膀胱が固定できれば、
膀胱に小切開を加えて、カメラで内部を観察します。

 
膀胱内の結石を確認したら、適宜摘出していきます。
細かい砂のような結石はサクションと呼ばれるもので、
掃除機のように吸って回収していきます。

そのあと、膀胱やお腹を縫合して、手術は終了となります。


非常に傷口が小さいのがわかると思います。
この子も麻酔覚めからも元気にしてくれて、何よりです。

このように腹腔鏡での手術というのは、傷口が小さくて体の負担のない手術であることは確かですが、
何よりも膀胱内をくまなく拡大しながら観察できるため、結石の取り残しなどのミスがなくなります。
石の種類によっては非常に脆く、小さくなってしまって取り出しにくいこともありますが、
カメラで観察しながらであれば、問題なく全てが摘出できます。

このように低侵襲なだけではなく、手術を確実なものとしてくれるところが腹腔鏡手術の非常に良いところだと思います。
当院では通常の病院にはないような、腹腔鏡やCT、Cアーム、体外循環装置といった種々の医療機器があります。
機械は存在するだけでは役立ちません、ですので、これからも医療機器の進歩に合わせて、獣医療レベルを向上させられればと思います。
そのためには1に勉強、2に勉強。

今年から新人で働き始めた獣医さんや看護師さん。
学生から社会人になって3ヶ月。
体力的にも精神的にもしんどくなってくる時期だと思いますが、
頑張って勉強して乗り越えていって欲しいと思います。

この職業は一生勉強が必要ですが、
逆にそれが楽しいところでもあります。
楽しいと感じれれば、続けることは苦ではありません。
これからも楽しみながら勉強を続け、多くの動物を助けられるようにありたいと思います。

院長

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、「いいね」をお願いします♪

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師
 ISFMキャットフレンドリークリニック ゴールド認定 

6月21日(日) お手紙ありがとうございます(≧v≦)

カテゴリー: 診察 

6月21日(日)

*******臨時休診のお知らせ*********
院長(平野)は完全予約制となりますので、ご注意ください

こんばんは。
獣医師の百石です。
先日、ある飼い主様からお手紙をいただきました。
なんと、私がランニングしているところを見た!ということでした😄
車の中からだったようでしたが、Uターンまでしていただいて、、、😝
お恥ずかしい姿を見られてしまいました😅笑
また次どこかでお目にかかれた時は、よろしくどうぞです😊
最愛のHちゃんがいつまでも元気でいてくれることを心から祈っています✨
お手紙ありがとうございました。

さて今回は、今ではすっかり元気な、子犬のMちゃんのお話です。
Mちゃんは初め約2ヶ月齡の時に、低血糖状態で来院されました。
お腹に寄生虫がいたせいもあり、栄養状態が悪く、体も小さくてかなり危ない状態でした。
数ヵ月齢までの子犬さんや子猫さんは、食べない状態が半日でも続くと、低血糖に陥って亡くなってしまいます。
今日は食べないのかな〜と様子を見ていると、取り返しのつかないことになってしまうんです。
Mちゃんも他院で入院していて転院されてきたのですが、それでも低血糖を打破できていない状態でした。
意識も朦朧とし、血圧も低下しているため、血管確保も非常に困難です。
なんとかブドウ糖の点滴を流しはじめると、血糖値は少しずつ改善してきました。

しかし、食事をとらなければ再び低血糖に逆戻りです。
あらゆるものを与えてみますが、食べてくれません。
強制的にシリンジで柔らかいご飯を与えていました。
思い切ってミルクに戻してみると、なんと、自分で飲んだんです!
まだ乳離れできていなかったんですね😙
それからはやたらミルクばっかり飲んでいたので、スタッフ間では、今話題の"ミルク◯ーイ"とあだ名をつけちゃってました😁笑
部屋から出たいと訴えてきたり、えらい格好で寝るようにもなって、入院生活にも慣れてきてくれました😊

栄養がとれるようになると免疫力もついてくるので、鼻水でグシュグシュだったのも少しずつ良くなってきました。
約1週間の入院治療ですっかり元気になってくれました。

1週間も一緒に過ごしていると、愛しさが増してしまって、退院の時にはちょっぴり寂しい気持ちになっちゃいました😂
これからもしっかりご飯を食べて大きくなるんだよ〜!!

可愛いお散歩バックをプレゼント💕
すっぽり入っちゃいました😄笑

 

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、「いいね」をお願いします♪ 

A.Hyakkoku@U-KYO-Animal Hospital

⭐︎ LINEはじめました ⭐︎
 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等
便利でお得な?情報を配信して参ります(^^)v
 フードのご注文も24時間可能です♪ 
 ID検索【ukyo-ah】

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 

京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼

 

6月19日(金) 梅雨にも負けず

カテゴリー: 診察 お勉強 

6月19日(金)

*******臨時休診のお知らせ*********
院長(平野)は完全予約制となりますので、ご注意ください



こんばんは、獣医師の二股です。
今日は犬の外耳炎についてお話したいと思います🐕
外耳炎は鼓膜より外側の外耳で起こり、特に今のような湿度の高い時期には頻発する病気です。
外耳炎の原因には異物、腫瘍性病変、寄生虫、アレルギー疾患…など挙げられますが
二次的要因として細菌感染、マラセチア(真菌)感染が絡んでいることがとても多いです。
炎症の程度にもよりますが、痒みを感じているサインとして耳を掻くのはもちろん、頭を振ったり地面に耳をこすりつけりすることもあります。
耳が匂うのは感染、炎症のサインです。

先日トリミングで来院していたわんちゃん、とても耳を痒がるそうで…
耳垢が溜まっていた&耳垢検査をすると顕微鏡でマラセチア(真菌)が沢山認められました。
(写真のダルマ型に見えるのがマラセチア 少し小さくてごめんなさい…)



マラセチアは犬の皮膚の常在菌なのでいること自体に問題はないのですが、

マラセチアが栄養源とする耳垢が増えてしまったり、アトピーその他皮膚炎で皮膚の抵抗力が落ちてしまうと異常繁殖し、炎症が起きて痒みを生じてしまいます。
特に多湿な梅雨時期には悪化することがあるので注意です!
菌がさらに内部に入り込み中耳炎、内耳炎に進行することもあるので放置せず早期に治療をしましょう。
治療として点耳薬で炎症を抑えることももちろん大切なのですが、
まずは細菌やマラセチアの増殖要因となる耳垢をしっかり洗浄して取り除くことが重要です!!
(そもそも外耳炎を招いてしまった基礎疾患を治すのも大切です)



犬の耳はこのように私たちの耳とは違い、外耳道が屈折した構造をしているため
洗浄液で奥の方から汚れを浮かせてくる必要があります。
(綿棒での耳掃除は耳道壁を傷つけ、耳垢を奥に押し込むことになるのでやめましょう)
治療のみならず、しっかり耳を洗浄することで外耳炎の予防にもなります。
自宅での耳掃除が厳しい方は病院でももちろんできますので是非ご来院ください☘

ちなみに猫ちゃんでは…🐈
洗浄液が溜まることで耳内部に影響を与え、斜頸という神経症状がみられることがあるので
洗浄液を含んだ乾綿で拭きとる程度にしましょう。
梅雨時期も元気に過ごせますように…🌼



それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、「いいね」をお願いします♪ 

futamata@U-KYO-Animal Hospital

⭐︎ LINEはじめました ⭐︎
 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等
便利でお得な?情報を配信して参ります(^^)v
 フードのご注文も24時間可能です♪ 
 ID検索【ukyo-ah】

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 

京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼

 

 

6月12日(金) おしっこのトラブル

カテゴリー: 診察 お勉強 

6月12日(金)

*******臨時休診のお知らせ*********
百石:6月13日(土)
院長(平野)は完全予約制となりますので、ご注意ください。

こんばんは、獣医師の國廣です。
コロナも落ちつきムードで街には人がちらほら出てきだしましたね。
まだまだしっかり予防していかないといけないわけですが、
少しホッとしています。
このまま終息するのを願うばかりです。


今日のテーマは「おしっこが出ない」です。
原因は大きく分けて2つ。
・腎不全末期で尿が作られていない
・泌尿器系(腎臓から排尿までの流れ)のどこかで詰まっている(尿路閉塞)
の2つです。

1つ目に関して、腎臓は血液中の老廃物を尿として濃縮し、体外に出す役割を持った臓器です。
なので、腎不全が末期状態だと腎臓が機能せず、尿毒症といって体の中に毒素が溜まってします。
こちらの場合は大きな治療はなく、予後が悪くなります。


2つ目に関して、こちらの原因としては
・尿石による閉塞
・炎症による閉塞

エコー検査は膀胱内に砂粒がみられることがあります。


尿路閉塞の発見が遅れると、急性の腎不全を引き起こします。
腎臓の腎盂と呼ばれる部分がこのように拡張したります。

いわゆる腎臓に負荷がかかっている状態ですね。

放っておくと危険な病気です。
なので、まずはしっかりと早期発見してあげることが重要です。

毎日尿や便をしているかは、意識的見てあげる方がよいと思います。
みなさんの手で愛しの家族を守っていきましょう!

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、拍手をお願いします♪
(拍手も、ランキング参加も、いつも、スタッフ一同の励みになっています(o^∇^o)ノ)

KUNIHIRO@U-KYO-Animal Hospital

⭐︎ LINE@はじめました ⭐︎
 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等
    便利でお得な?情報を配信して参ります(^^)v
 フードのご注文も24時間可能です♪ 
 ID検索【ukyo-ah】

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師
 ISFMキャットフレンドリークリニック ゴールド認定

 

 

6月5日(金) エコー検査だぁぁぁぁぁ!!!

カテゴリー: 診察 

6月4日(木)

*******臨時休診のお知らせ*********
百石:6月13日(土)
院長(平野)は完全予約制となりますので、ご注意ください

✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎分院臨時休診✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎

6月17日(水)

 

 

 

 

太陽です。

やっとコロナも落ち着いてきましたね。

ここで油断せず、良い習慣はそのまま継続してこのまま感染者ゼロを継続していきましょう。

そしてワンちゃん、猫ちゃんの健康診断をコロナのせいで自粛されていた方こそ今日の記事は必見です!

そして春の健康診断で血液検査しかしていない方も必見の内容になります!!

以前から画像検査の有用性はお話ししてきましたが、今日は5月に分院SAGANOで実施した腹部エコー検査の中から、血液検査は正常であった子たちの画像を紹介します。

つまり血液検査だけでは見逃していた病気の総まとめ5月編!!!ってことです。

力技で一気に羅列していきます!

精巣腫瘍疑い(病理検査で確定していないものは『疑い』という言葉をつけますね)   

卵巣腫大

膀胱平滑筋腫疑い

膀胱結石

左心房拡大(僧帽弁閉鎖不全症例)

副腎腫瘍疑い(腺腫かな)

肝臓腫瘤(化形成かな)

腹腔内出血(腫瘍破裂に起因した)

肝臓腫瘤(肝細胞癌かな)

脾臓結節(過形成病変かな)

胆泥症(胆泥が重力下降していないので炎症を伴っていそう)

脾臓結節(血管肉腫注意)

前立腺嚢胞

腎嚢胞

子宮水腫疑い

腸粘膜の点状サイン

前立腺癌(確定診断済み)

腎臓硬化萎縮(慢性腎臓病)

 

似たような病気や同じ病気は割愛しているので、実際にはもっと多くの病気が見つかりました。

血液検査に異常がなく、元気に過ごしている子でもこれだけ多くの病気が見つかるんです。

分院SAGANOではエコー検査を実施した約80%の子で異常所見が見つかっています。

もちろん本院でも検査可能なので、是非エコー検査を受けてください!

ちなみに胸部レントゲンも!レントゲン撮らないと肺や縦隔、心臓の評価は出来ませんから。

お忙しい方は動物さんだけ病院に預けていただいて、検査終了のタイミングでお電話するので、迎えにきていただくこともできます。

どの子も腹部エコー検査、胸部レントゲンを半年に一回実施できれば動物の平均寿命は飛躍的に伸びると思っています。まずは年一回からでも!

是非、受けさせてあげてください。お願いします!!

 

 

 

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、「いいね」をお願いします♪ 

taiyo@U-KYO-Animal Hospital

⭐︎ LINE@はじめました ⭐︎
 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等
便利でお得な?情報を配信して参ります(^^)v
 フードのご注文も24時間可能です♪ 
 ID検索【ukyo-ah】

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 

京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼

 

5月26日(火) 身体に潤いを

カテゴリー: 診察 中医学 

*******臨時休診のお知らせ************
今月は獣医師の臨時休診はありません。
院長(平野)は完全予約制となりますので、ご注意ください。
****************************

こんばんは。獣医師の三浦です。

最近家でPC作業をしていることが多いのですが、
その間、決まってごまちゃんがPCの近くで待機しています。

何のアピール??笑
このままウトウトしている姿を見ると、
寝床に行けばいいのに…と思いつつ可愛くて仕方ないです(親バカ)

さて、本日紹介するのはこちらの可愛い猫さん。
日本猫のTちゃんです。

窓の外を眺めてお寛ぎ中…?

いえいえ、鍼灸の施術中です🙂

Tちゃんの主訴は慢性的な便秘でした。
普段からカチコチの便を少量出す程度だったのですが、
最初に病院に来られたときはさらに悪化して、数日便が出ず、
気持ち悪さから嘔吐もあったようです。

この日のTちゃんの状態で気になった事が…
背中がガチガチに硬いんです😱
通常、背中の皮膚を摘まむと軽く伸びて持ち上がるのが普通ですが
Tちゃんの皮膚は全く伸びません。
そして緊張している割に肉球がかさついて、潤いがありません💦
身体の水分バランスが慢性的に崩れてしまっている証拠です。
中医学では、食物から水分を得る、水分を全身へ巡らすの弱りが考えられます。

お母様も鍼灸治療を受けられていて、
もともと中医学的治療を希望されていたのもあり
漢方薬、鍼灸を組み合わせての治療をスタートしました。

漢方薬を始めて数日後、
カチコチ大便に少し潤いが加わってきたそうです。
回数も他の猫さんと同じように出せているようで💩
そして鍼灸施術の後は、動きが軽やかになったとのこと🐈💨
2回目の施術のときにはガチガチの背中がかなり柔らかくなっていました。
中医学ってゆっくり効く印象が強いと思いますが、
早い時は本当にすぐに変化が見られます。
身体の状態をよく見て、内側と外側、両方からケアしてあげましょうね😊

 

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、「いいね」をお願いします♪

R.Miura@U-KYO-Animal Hospital

LINE@ご登録ください。 ID検索【ukyo-ah】⭐︎

⭐︎インスタ人気です⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師
 ISFMキャットフレンドリークリニック ゴールド認定

5月22日(金) 猫でもコロナ?

カテゴリー: 診察 

5月22日(金)

*******臨時休診のお知らせ************
今月は獣医師の臨時休診はありません。
院長(平野)は完全予約制となりますので、ご注意ください。
****************************

こんばんは、獣医師の國廣です。
昨日で京都、大阪、兵庫の緊急事態宣言が解除されましたね。
まだまだ自粛モードは続いていますので、
積極的な外出は避けたいところです!

本日はそんな「コロナウイルス」にちなんで、
猫の腸コロナウイルスについて(※人のコロナウイルスとは全く別物です。)

症例は3ヶ月の女の子Bちゃん。


元気食欲はあるものの、下痢を繰り返していました。
若齢の猫ちゃんでは、ウイルスや細菌による感染症が下痢の原因となることが多いです。
詳しくその原因を検査するために、便の遺伝子検査を依頼しました。

結果は「猫の腸コロナウイルス陽性」と出ました。
このウイルスは、日本のほとんどの猫が保有しているウイルスになります。
多くの場合は何の症状もなく、ただ保有しているだけなのですが、
今回のBちゃんのように下痢などの消化器症状を引き起こします。

詳しくは分かっていませんが、便や唾液中のウイルスが鼻や口から介して感染すると言われています。

特別大きな治療は必要なく、ウイルスが排出しきるまでは
対症療法といって下痢止めや点滴による脱水の改善が治療となってきます。

ただ中でもある一定のウイルスが突然変異することで
「猫伝染性腹膜炎」といわれる死に至る病気も起こすこともあります。
 猫ちゃんを飼っているオーナーさんは、知っておく必要があると思います。
 
予防方法としては
・他の猫ちゃんと接触させない
これに尽きますが、症状が出ない猫ちゃんもいるので
なかなか予防がしずらいのも現状ですね。

若い動物でも、そういった病気があるので
異変に気づいたらすぐに病院へいらしてください。
何事も早期発見・早期治療です!

 

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、「いいね」をお願いします♪

KUNIHIRO@U-KYO-Animal Hospital

LINE@ご登録ください。 ID検索【ukyo-ah】⭐︎

⭐︎インスタ人気です⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師
 ISFMキャットフレンドリークリニック ゴールド認定


 

1 / 4312345...102030...最後 »
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031