予防医療(ワクチン、避妊・去勢) 高度医療(CT検査、腹腔鏡、整形、ヘルニア) トリミング ペットホテル デイケア リハビリ 各種セミナー(しつけ教室)

鍼灸・漢方治療

鍼灸・漢方治療

当院では西洋医療に加え、東洋医療も取り入れています。東洋医療は個々の持つ体質を見極め、身体のあちこちに出ている不調を全体的に整えていく医療であり、西洋医療のみでは十分にコントロールできない疾患、薬の副作用に悩む疾患などで役立つ場合があります。また、東洋医療独特の考え方で「未病」というものがあります。検査では異常がないけれど、なんとなく不調…などという症状は、「健康」と「病気」の間の「未病」の状態かもしれません。病気になる前に、未病の状態から健康な状態へ近づけていくことも東洋医療の得意分野です。

担当獣医師:三浦梨乃(JTCVM国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師)
担当獣医師:三浦梨乃
JTCVM国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師
担当医コメント
東洋医療は古くから伝わる医療ですが、経験医療とも言われ、その効果に対し懐疑的な見方をされることも多くあります。しかし最近では人の医療でも注目され、科学的な証明もされつつあります。当院は日本ペット中医学研究会に所属し、様々な勉強会や症例報告に積極的に参加しています。そして、エビデンスに基づいた医療を提供できるよう心がけております。また、「鍼」というと痛いイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、案外痛がることは少なく、施術中はリラックスして寝てしまう子もいます。「今の治療以外にできることはないか?」「最近足腰が弱ってきたな」「“体質”だと言われたけど、何かできないか?」など気になることがございましたら、まずは一度ご相談ください。

当院では主に鍼灸、漢方薬を用いた治療を行っています。

鍼灸治療

全身にある経穴(ツボ)を刺激することにより、主に以下の3つの効果を得ることができます。

  1. 痛みの軽減
  2. 神経の刺激
  3. 免疫力の向上

その他、自律神経を整えストレスを軽減させる効果などもあります。
椎間板ヘルニアなどの神経疾患の内科管理や手術後のリハビリとして活用することが多いですが、慢性的な筋骨格疾患、消化器疾患、加齢による免疫力低下など様々な疾患が適応となります。

鍼灸治療

漢方治療

自然の成分である生薬を組み合わせて作られた漢方薬は、副作用が少なく安心して使うことができます。当院では動物用に作られた、服用しやすい錠剤タイプの漢方薬を取り扱っています。防腐剤や着色料は使われておりませんので、ご安心ください。

漢方治療

東洋医療をご希望の方は、お電話もしくは受付にてお問い合わせください。

リンク
日本ペット中医学研究会
国際中獣医学院

Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com