予防医療(ワクチン、避妊・去勢) 高度医療(CT検査、腹腔鏡、整形、ヘルニア) トリミング ペットホテル デイケア リハビリ 各種セミナー(しつけ教室)

右京動物病院ブログ: 2020年10月10日(土)

10月10日(土) 子猫の目

カテゴリー: あれこれ・・・ 

******セミナーのお知らせ*********
パピー教室:10月11日(日)、18日(日)
デンタルセミナー:10月25日(日)

*******臨時休診のお知らせ*********
田中:14日(水)
院長(平野)は完全予約制となりますので、ご注意ください。
分院長(太陽)、徳田:21日(水)

*******獣医師の出勤日変更のお知らせ*********
百石:火・水・木(完全予約制)
國廣:月(AM)・水(PM)・木・金・土・日
小澤:月・火・水・木・日

こんにちは🌟
最近健康になろうと意識しだした吉川です。
アルコール以外は水分を1日飲まない日もあればコップ1杯しか飲まないことが多いので
まずは1日1Lを目標にしています🥤

さて今日は子猫の目のお話をします。
みなさんは幼い子猫の目の色を知っていますか?
正解は「キトンブルー」という青色をしています🦋

キトンブルーとは「Kitten Blue=子猫の青」ということで
子猫時代の青色の目の色のことを示しています。
光に当たるとよく見えます🐈



子猫の目が青い理由として、生まれて間もない子猫は
虹彩の色素が少ないからです👀
そのため子猫がキトンブルーの青い目をしているのは、
ブルーの色素があるからではないのです。
またキトンブルーにも個体差があり真っ青なブルーから
少し灰色がかったブルーもあります。

そして猫の目の色が変化してする理由は、成長していくにつれて色素がつき
本来の色になるために、キトンブルーから他の色に変化したように見えるのです。
生後6週から2ヶ月になる頃までに少しずつ変化し、
生後半年から1年までで生猫の目の色に落ち着くと言われています🐱🌈

変化する目の基本的な種類としては、
・ブルー
・グリーン
・ヘーゼル
・アンバー
・カッパー
です。

ほかにも珍しい色として
・レッド
・オッドアイ
があります。

今日はここまで!子猫が何色に変化するのか楽しみですね。
実は上にあげた写真はもうすぐ家族になるライラくんでした✨
甘えんぼうの男の子です💕

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、「いいね」をお願いします♪
吉川@U-KYO-Animal Hospital

LINE便利です ID検索【ukyo-ah】

インスタも大人気です⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師
 ISFMキャットフレンドリークリニック ゴールド認定

 

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031