予防医療(ワクチン、避妊・去勢) 高度医療(CT検査、腹腔鏡、整形、ヘルニア) トリミング ペットホテル デイケア リハビリ 各種セミナー(しつけ教室)

右京動物病院ブログ

7月31日(日) 膝蓋骨脱臼 〜努力の甲斐あって…(^o^)/〜

カテゴリー: 診察 
7月31日(日)

今日で7月も終わり
夏もあと1ヶ月ですね
みなさんは夏らしい所に行かれましたか?
海に行ったり、プールに行ったり、花火をみたり・・・
私は…どこへも…
残り1ヶ月の間にはどこかに行けたらなぁと思っております 


さてさて今回は、右京動物病院では有名なSさんところのアイドル姉妹のうちの
Pちゃんの一大事のお話です。 
CIMG4640

ある時、急に足を挙げて痛がるということで来院されました。
検査でお膝の骨の脱臼が認められ、薬を飲んでもあまり痛みがおさまる様子がなかったため、
膝蓋骨脱臼整復の手術を実施することになりました。
生まれつき膝蓋骨を収める溝の部分が浅かったり、骨自体が湾曲していたりすると、
脱臼しやすくなります。
特に小型犬のトイプードルさんやチワワさんなどで多くみられます。
お散歩で走っている時に変に膝に力がかかってしまったり、体重の重い子で慢性的に
膝に負担がかかりすぎてしまったりすることで発症します。

6歳のPちゃんはいささか体重が重くぽっちゃりさんだったのもあり、お家の中で
ボール遊びをしていた時に急に脱臼してしまったようです。

来院時のレントゲン検査です。
 BlogPaint 
赤丸の部分が脱臼している膝の骨です。完全に膝のお皿からズレてしまっていますね

いよいよ手術です。
IMG_1518 
毛刈り、消毒をします。

IMG_1519
浅い膝のお皿を深く掘り下げます。

IMG_1524IMG_1525
これでしっかり溝ができました。

IMG_1526BlogPaint
次に骨の一部に切れ込みを入れて、軸をまっすぐにしてピンで固定します。

IMG_1528
これでがっちり固定されました。後は縫合をして終わりです。

術後はしばらく安静のため入院し、数日後には足もついてPちゃんは無事退院しました

またPちゃんはもう一つの戦いにも挑んでいました
ダイエットです

CIMG4645
手術前のPちゃんの後ろ姿です。大っきな背中ですね

足を痛めて手術を決断してからは、Pちゃんのダイエット生活の始まりでした。
膝のためには安静が必要なため運動ができないので、食事管理を第一にして
カロリーの少ないダイエットフードを食べることになりました。
我慢強いPちゃんの努力と、強いアピールにも負けない飼い主様の努力の甲斐あって、
Pちゃんの体重はみるみると減り、何ともスマートなボディを手に入れました
IMG_1700
術後3週間くらいしてからの再診です。もうぽっちゃりとは言わせませんね

IMG_1699
いつも一緒のRちゃんも点滴を受けながらPちゃんの応援です

二人の目力にいつも胸キュンしっぱなしの今日この頃です
また二人で仲良く遊びに来てくださいね



それでは今日はこの辺で・・・ 
出来ましたら、拍手をお願いします♪
(拍手も、ランキング参加も、いつも、スタッフ一同の励みになっています(o^∇^o)ノ) 

A.Hyakkoku@U-KYO-Animal Hospital

  にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

京都市右京区(鳴滝・常盤・太秦・嵯峨・嵐山・花園・梅津・円町・西京極)
動物の総合健康管理施設
右京動物病院 HEALTH CARE CENTER




2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031