予防医療(ワクチン、避妊・去勢) 高度医療(CT検査、腹腔鏡、整形、ヘルニア) トリミング ペットホテル デイケア リハビリ 各種セミナー(しつけ教室)

右京動物病院ブログ

10月26日(金) 「猫の気持ち」「犬の気持ち」

カテゴリー: あれこれ・・・ 
10月26日(金)

「猫の気持ち」だとか「犬の気持ち」というと
何だか雑誌名を想像しますね

でもここで書きたいのは本当の猫さん犬さんの気持ちのことです

実は
我が家のお近くのお宅の通りに面した窓
この窓辺には出窓があり
その出窓の内側には障子戸があります

その障子の片隅が一カ所だけ糊付けされていないのです
つまりその一角を通れば猫ちゃんはいつでも出窓に出て
好きなだけ外を眺められるのです
もちろん日差しは暖かいのでポッカポッカのお昼寝スペースでした

でした・・・というのは
もうその猫ちゃんは居ないようです
でもその障子はそのまま・・・・

そんなもんですよね
飼い主って「思い出」の処分はなかなか出来ません
この出窓に寝てたなぁ~~~って
[あの子はここが好きだったなぁ~~」って

こういう気遣いが「猫の気持ち」が分かるってことでしょう
[あの子が外を見たいから 障子を空けておいてあげよう」ってね

この画像もそうです
7376718c-s猫ちゃん達が外を観れるよう
簾に穴を空けてくれてるんですね

嬉しい光景です
飼い主さんが「猫の気持ち」を考えてくださってるんだって
思えると嬉しくて感動します

猫の気持ち
犬の気持ち
 を考えれば 飼い主として当然やるべきことも決まって来るのですが・・・・

哀しいかな
 最近の飼い主さんは「懐具合」の方が気になって
 「おいくらですか?」値段ばかりを優先されている方が多いです

 フィラリアだって予防すれば罹らない病気なのに
 皮膚病だってマメに手入れすれば痒くも痛くもなくなるのに
 腫瘍だって早めに治せば生きながらえるのに

 お金がかかるから不要です
 そう言われる時ほど獣医療従事者として辛いことはありません
 飼い主さんには「そうですか」の言葉で
 内心では犬や猫に「ごめんな・・・」しか言えません

お願いです
犬猫を家族に迎えるのなら
子供と同じなのだと覚悟してください
心と懐に余裕がなければ無理です
いい加減な気持ちで無責任に飼うのは止めてください


今日は日頃思っていること・真面目な話を本気で書かせてもらいました
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com