予防医療(ワクチン、避妊・去勢) 高度医療(CT検査、腹腔鏡、整形、ヘルニア) トリミング ペットホテル デイケア リハビリ 各種セミナー(しつけ教室)

右京動物病院ブログ: 未分類

1 / 712345...最後 »

1月10日(木) あっというまに💦

カテゴリー: 未分類 

1月10日(木)

*******セミナーのお知らせ*********
パピー教室:11日(金)、19日(土)、25日(金)
デンタルセミナー:1月27日(日)

*******獣医師の臨時休診について*********
院長:1月8日(火)、22日(火)
百石:1月26日(土)、27日(日)
國廣:1月20日(日)、25日(金)、26日(土)



こんばんは☆
あっという間に新年も10日経ちました!
もう10日ですが今年初ブログですので
あけましておめでとうございます🐗✨
さて今年も1つ目の記事から
ホテルブログを書かせていただきます👀

まず最初にご紹介するのは
今回も母娘揃って来てくれました💕

お母さんのなつちゃんと

愛娘あきちゃんです💟

お散歩ももちろんのこと
仲良く2人で楽しみます💨

お散歩大好きなお2人ですが
最近寒いので

頭を使ってかしこく途中
ポカポカタイムなあきちゃん☀
あったかチャージして

その後は凛々しく
お散歩してくれました☆彡

院内に戻ると、、、

甘えん坊ななつちゃん
早く触ってくださいと
控え目アピールが
可愛すぎます💖

ナデナデしてもらって
お耳がぺたん😚

あきちゃんは??と
お誘いしてくれる
なつちゃんでしたが
遠慮しときます、、😅と

困った表情も愛しい
あきちゃんなのでした🤗

最後にご紹介するのは

大好きなおやつをもらって

ニコニコ笑顔な
ライムちゃんです💗

お家ではお父様とお母さまが
揃わないと散歩に行きたくない!と
いうライムちゃんですが、、、

ホテルではこだわりなし😝

やっぱりお父さんとお母さんとの
お散歩が幸せすぎるんですね😘😘

お散歩の後は健診も
とってもお利口さんでした👀
お散歩もはしゃいだので
途中ウトウトしてる

表情がたまらなく可愛い
ライムちゃんなのでした💕

3人ともまた2019年も
ホテルでお会いできるのを
楽しみにお待ちしております🍓🍓

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、「いいね」をお願いします♪

TATEMURA@U-KYO-Animal Hospital

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師
 ISFMキャットフレンドリークリニック ゴールド認定

12月23日(日) 救命救急

カテゴリー: 未分類 

12月23日(日)

*******年末年始の診療について*********
12月31日~1月3日も診療しておりますが、
救急・予約対応の午前診察のみとなります。
来院される場合は事前にお電話ください。
(フード・お薬飲みの受け渡しも上記期間はご遠慮ください。)

31日(月) 1日(火) 2日(水) 3日(木)
太陽・國廣 院長・廣畑 三浦 百石


゜゚・*:.。..。.:*・゜獣医師の臨時休診のお知らせ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
それぞれの通常の休みに加え、下記日程が休みとなりますのでご注意下さい。
詳しくはホームページの獣医師出勤表をご確認下さい。
平野:12月29日(土)午後
百石:12月22日(土)午後
三浦:12月30日(日)

゜゚・*:.。..。.:*・゜セミナーのお知らせ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
パピー教室:12月22日(土)
      1月5日(土)座学、11日(金)、19日(土)、25日(金)


今年もあと1週間ほどで終わりますね!
大掃除は終わられましたか?
病院ではスタッフみんなで分担して、合間合間にせっせとお掃除をする日々を送っております😁
なかなか終わらないのが現状ですね😅
新しい年を気持ちよく始めるためにも、今年のものは今年のうちにお片づけしたいものですね!
ラストスパート頑張りましょう💪

さて、今回は先日あるセミナーで学んできました”救命救急”について少しお話しようと思います。
いわゆる、みなさんご存知の”コードブルー”のような状況です。
急に倒れ込んでしまって立ち上がれなくなった子が来院した場合、まずするのはバイタルチェック!
つまり、心拍数、心音を確認、口腔粘膜の色を確認、意識レベルを確認します。
ショック状態であることが確認されれば、次にエコーをあてます。
エコーといっても普段お腹の中や心臓の動きを精査するための検査とは違います。
とにかく命に関わる状態がないかどうかを確認するためのエコー検査、FASTです。
かかる時間は5分足らずです。
チェック場所はまずは心臓、そしてお腹の4箇所にエコーをあてます。
ショックを引き起こす病態には大量出血、心不全、心タンポナーデ、胃捻転症候群、アナフィラキシーなどなどがあります。
FASTをすることでどのタイプなのかを早急に診断することが出来ます。
わかればすぐさま原因疾患に対しての治療を開始します。
1分1秒を争う救命救急には欠かせない大事な検査なんです。

そんなセミナーを受けた翌日、散歩中に急に倒れたというゴールデンレトリーバーが来院しました💦
さっそくバイタルチェックです!
聴診器を当てると心音が聴き取りにくいように感じました。
意識レベルは正常でしたが、口腔粘膜の色はやや蒼白で、呼吸はやや荒めでした。
これは怪しい!
さっそくFASTを実施しました。
すると、心タンポナーデと胸水の貯留が確認されました。

心タンポナーデとは心臓と心臓の膜の間に水が溜まってしまう病態で、心臓が圧迫されて動きが鈍くなってしまいます。
一時的に虚血状態になり、失神することがあります。
とにかく早急に水を抜かなければなりません。
十分に酸素化させて、エコー下で慎重に針で穿刺して吸引します。
大量の液体が抜けた後は呼吸も落ち着き、一命は取りとめました。

翌日、原因追求のためCT検査を行いましたが、明らかな腫瘤などは確認されませんでした。
したがって、こういった状態を繰り返す場合は、心膜を切除する手術をし、その際に直接病変を見にいく必要があります。
今のところそれ以降は状態は落ち着いていて、元気に過ごしてくれているようです。

獣医療では一般的には救命救急医などのような分類はありません。
患者が緊急状態で来院した場合にはどの獣医師もが対応する必要があります。
そのためには必要な知識を身につけておかなければなりません。
日々学ぶ毎日です!

ただ、そんな事態にならないことがやはりなによりも一番大切です!
日頃からの健康診断を行いましょう!

 

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、「いいね」をお願いします♪

A.Hyakkoku@U-KYO-Animal Hospital

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師
 ISFMキャットフレンドリークリニック ゴールド認定 

 

 

 

 

11月18日(日) 恐るべし腸重積⁉︎(ToT)//

カテゴリー: 未分類 

11月18日(日)

゜゚・*:.。..。.:*・゜獣医師の臨時休診のお知らせ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
それぞれの通常の休みに加え、下記日程が休みとなりますのでご注意下さい。
詳しくはホームページの獣医師出勤表をご確認下さい。
百石:11月23(金)、24(土)午後

゜゚・*:.。..。.:*・゜セミナーのお知らせ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
パピー教室:12月1日(土:座学)、8日(土)、14日(金)、22日(土)
(一部変更になりました。ご注意ください。)
デンタルセミナー:11月25日(日)
                                     12月16日(日)

先日、オハナが6歳のお誕生日を迎えました😊
少しでも長く一緒に過ごせたらと思い、久々に病院に同伴出勤しました。
スタッフのみんなにも久しぶりに会えて、終始興奮しっぱなしのオハナでした😄
トリマーさんが合間にシャンプーをしてくれたので、目元ぱっちりフワフワのお嬢さんになりました☺

その日はお仕事だったので特別なことはできませんでしたが、スタッフの子がオハナの大好きなおやつをプレゼントしてくれて、それを嬉しそうにほおばっていました😁
またお休みの日にどこかお出かけしようね!
これからもずーっと一緒だよ😊オハナ😊💕

さて、今回は無事生還した雄猫のCちゃんのお話です。
Cちゃんはまだ4ヶ月の子猫ちゃんです。
ある日、元気いっぱいのはずのCちゃんが吐いていてご飯を食べないということで来院されました。
若い猫ちゃんがご飯を食べなくなる原因で多いのが誤食です。
いつも遊んでるおもちゃやひも、ビニール袋を飲み込んでしまうことが多いです。
飼い主さんいわくCちゃんもその可能性は大いにあるということで、まずはバリウム検査を行いました。
バリウムを口から飲んで、時間をおいてレントゲンを撮っていきます。
結果、バリウムは流れはしたんですが、一部拡張している部分がありました。

ただこれだけでは異物があるとの確定診断はできません。
次の手段としては内視鏡検査か開腹手術をするかということになります。
異物でもものによっては日が経てば押し流されて便に出てくる事もあります。
もう少し経過をみることになりましたが、やはり食欲もなく便もでない日が数日続きました。
体重も500gほど減少し、とうとう元気もなくうつろな状態で来院されました。
やはり腸閉塞を起こしているのでしょうか。
手術に抵抗のあった飼い主さんもその様子にみかねて、いよいよ決断されて開腹手術をすることになりました。
4ヶ月齢の子猫ちゃんですから体力的にも手術に耐えれるか…不安はいっぱいです。
点滴をしっかり流して状態をある程度落ち着かせて、いざ手術です。
開腹し、腸管を出してきて見てみると、一部硬く拡張している部分がありました。
よくみると、異物による閉塞ではなく、腸重積が起こっていました。
腸重積とは腸の一部が内側にめくれて内部に入り込んでしまう病態です。

折り重なった部分は正常に広がらないため内容物が滞留して閉塞します。
完全に閉塞すると血行障害がおきて、組織が壊死してしまい命を落とす危険性があります。
Cちゃんの腸も重積が起こっている部分の色が黒ずんできており、壊死しかかっている状態でした。
その部分を腸鉗子で挟んで切除し、端々吻合をして繋ぎ合わせます。

あとは閉腹し手術終了です。
術後翌日は絶食絶水し、その次の日から流動食を開始しました。
すると、待ってましたとばかりにお皿に顔を突っ込んできて、ペロリとたいらげてくれました!
その後良い便も出て、日に日に回復していってくれています。

あのまま手術をせずに様子をみていると命を落としていたでしょう。
飼い主さんもほっと一安心です☺

腸重積は慢性的な下痢や異物などにより腸の蠕動運動が悪くなることで引き起こされます。
Cちゃんの場合は異物が原因でした。
若くて元気な猫ちゃんほど誤食は多いです。
気をつけましょうね!!

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、「いいね」をお願いします♪

A.Hyakkoku @U-KYO-Animal Hospital

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師
 ISFMキャットフレンドリークリニック ゴールド認定 

11月4日(日) これで完璧!

カテゴリー: 未分類 

11月4日(日)

゜゚・*:.。..。.:*・゜獣医師の臨時休診のお知らせ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
それぞれの通常の休みに加え、下記日程が休みとなりますのでご注意下さい。
詳しくはホームページの獣医師出勤表をご確認下さい。
平野:11月8(木)、13(火)、17(土)午後、18(日)
百石:10(土)午後、23(金)、24(土)午後
三浦:11(日)
國廣:4(日)、17(土)

☆嵯峨野分院 11月の臨時休診のお知らせ☆
11月8日(木)は海外研修の為お休みをいただきます。

今年も残り2ヶ月をきりましたね。
気づけばクリスマスがきて、気づけばお正月がくるんですよね!
去年の今頃はアムロとの泣いたり笑ったりの毎日で精一杯だったように思います😉
今でもアムロは全く変わらず私の心の中に生きています。
そして、なんといっても今年は新しく加わった家族のオハナが一緒です😊

オハナとの初めてのお誕生日やクリスマス、お正月が今からとても楽しみです😆

さて、今回は元気いっぱいのポメラニアンの男の子、Hくんのお話です!

Hくんは膝関節が脱臼しており、数ヶ月前に片方の膝の手術を受けました。
しかし、今回は前回とは反対の足を痛がって挙げるということで来院されました。
もともと脱臼は認められていたのですが、おそらく繰り返しているうちに炎症が起こって痛みがでてきたのでしょう。
膝関節の脱臼が認められる子は片方が軽度であっても、どうしても痛い方の足をかばって歩いているうちに反対側の足も悪化するケースがほとんどです。
というわけでHくん、再度手術をすることとなりました。
手術は2つの工程を行っていきます。
1つ目は造溝術です。
膝蓋骨の脱臼が認められる子は膝のお皿と言われる溝の部分が浅いために、その上にのっかっている膝蓋骨が安定しません。
なので、その溝の部分を深く掘り下げていきます。
 
2つ目が脛骨粗面転移術です。
膝から上の大腿骨と膝から下の脛骨を繋ぐ軸がずれているために脱臼しやすくなってしまいます。
したがってその軸をまっすぐに正すために、脛骨の一部を切って正しい位置に移動させてピンで固定します。
 

術後のレントゲン写真です。

これで完璧です!
両膝ともしっかり固定されました!
術後しばらくは安静のため入院ですが、手術翌日にはHくんいつもの笑顔で尻尾をフリフリ😊

大好きな飼い主さんに会える面会の時間を楽しみに、今日も安静?に入院中です!

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、拍手をお願いします♪
(拍手も、ランキング参加も、いつも、スタッフ一同の励みになっています(o^∇^o)ノ) 

A.Hyakkoku@U-KYO-Animal Hospital

  にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
京都市右京区(鳴滝・常盤・太秦・嵯峨・嵐山・花園・梅津・円町・西京極)
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER

11月1日(木) ママがいないときも❥❥

カテゴリー: 未分類 

11月1日(木)

゜゚・*:.。..。.:*・゜獣医師の臨時休診のお知らせ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
それぞれの通常の休みに加え、下記日程が休みとなりますのでご注意下さい。
詳しくはホームページの獣医師出勤表をご確認下さい。
平野:1日(木)、3(土)午後、8(木)、13(火)、17(土)午後、18(日)、
百石:10(土)午後、23(金)、24(土)午後
三浦:11(日)
國廣:4(日)、17(土)

こんばんは💫
今日から11月ですね💨
冬休みや年末年始の予定のお話が
出てくる頃でしょうか✨
当院のホテルも予約が入り始めております!
予定が決まったらお早めにご予約を
お取りくださいね🙌

それでは今日もホテルに
来てくれた子たちのご紹介をします💁

まず最初はとっても小さいけど
誰よりも元気いっぱいの

三太郎ちゃんです💞

お友達とのフリータイムも
自分より大きい友達にも
怖がることなく興味深々!

自ら遊ぼうよ❣❣と
大はしゃぎで誘って
とっても楽しそうでした🐾💨

ワンちゃんも平気ですが
人も大好きでとっても
なつっこい三太郎ちゃん👯

スタッフの人気者です💋

スリスリ~❥❥するスタッフや

見つめ合ってメロメロに
されちゃうスタッフも🙈

ホテル中にしっかり
皆の心を掴んだ
三太郎ちゃんなのでした💘

次にご紹介するのは
ホテルにも少し慣れてくれ
お部屋でリラックスモードの

さくらちゃんです💞

ベンガルさんなので
クールに見えがちですが
スタッフがお部屋を覗くと
よいしょっと起きてくれ☺

スリスリ~なさくらちゃん💓

スリスリが止まりません☺

甘えたさんなところも
見せてくれる様になりました✨

気持ち良さそ~うな
顔が可愛すぎます😖💓

のんびりした後は
少しだけ頑張ってもらって

ホテル健診を✨

健診でも落ち着いて
とってもお利口さんな
さくらちゃんなのでした🌸

最後にご紹介するのは
うっとりお散歩中の

TOY太郎ちゃんです💞

お散歩大好きなので
おっとりながらも

ご機嫌モードです💫💫

大好きお母さんがいないので
寂しすぎてスタッフにも
べったりなTOYちゃん💕

ご飯やお散歩以外は

基本的に誰かにくっつき虫
してる可愛い子ちゃんです😝

抱っこでナデナデしてもらうと
だんだんうっとり😴

このまま抱っこで眠りたい😳
TOY太郎ちゃんなのでした💗

個性がとっても可愛い3人さん✨
3人さんとも前回のホテルより
リラックスしてくれていました✨
オーナー様がいない時にでもしでも
寂しいを忘れられたら嬉しいです😋
またいつでもホテルへ
遊びに来てくださいね😘😘

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、拍手をお願いします♪
(拍手も、ランキング参加も、いつも、スタッフ一同の励みになっています(o^∇^o)ノ) 

TATEMURA@U-KYO-Animal Hospital

  にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
京都市右京区(鳴滝・常盤・太秦・嵯峨・嵐山・花園・梅津・円町・西京極)
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER

10月29日(月) ドキドキ!?ホテル健診🏥

カテゴリー: 未分類 ホテル&お預り 

みなさんこんばんは!
10月も終盤でめっきり寒くなり秋も終わりに近づいていますが、
食欲の秋、スポーツの秋を最後まで満喫したかったので
一乗寺でラーメンのはしご旅をしてから伏見稲荷の一番上まで登ってきました⛩
伏見稲荷には何度か行ったことはありますが山頂まで行くのは初めてで
日頃の運動不足もあり…何度も下山を考えるぐらいしんどかったんですが山頂からの景色は絶景!
山頂付近にある休憩所で少し休んでからしっかり夕焼けも見ました✨


うぅ…辛い辛い…と嘆きながらの登山でしたが、達成感もありとってもいい経験になりました👏
(次の日はえげつない筋肉痛に襲われたのは言うまでもありません涙)

では筋肉痛とは程遠い元気なワンちゃんネコちゃんを紹介しましょう!

『なになに〜元気っ子って私のこと??』とこちらを見つめる美少女はすずちゃん!
好奇心旺盛なすずちゃんはあっちを探検こっちを探検
『クンクン…どんな匂いも見逃さないぞ!!』と散歩中もくまなくチェック🔎

『よーし!次は院内を探検するぞ…あっ!』とすずちゃんが見つけたのは三浦先生!
『探検中止でーす!せんせー抱っこして〜』と可愛くて甘えん坊のすずちゃんに先生もノックアウト💥

存分に遊んでもらった後はそのままホテル検診へ…ドキドキ💓

よーし!触診開始!
『ねぇねぇ先生お耳もいいねんけど…おなかも撫でて〜〜〜』

『そうそう!そこそこ💛』
人が大好きなすずちゃん、たくさん触ってもらえてご満悦のご様子♫
この後の検診もとってもお利口に出来ました◎

じゃあこのまま次のホテル健診を!ということでお部屋から覗き込んでいるのは…?
同じくダックスフンドのレオくんです🐶

『え〜次、僕なの…?ちょっとこわいなぁ💦』
初めてのホテルなのでまだ少し緊張気味のレオくんでしたが
診察台の上に乗ってしまえばなんのその!

『こ、これは…おいしそうなクッキーのかおり!』
子犬さんには嫌な印象をつけないためにクッキーをあげながら健診をするのですが
クッキー効果もありその後はかなり落ち着いて健診できました💮

健診後はすっかり仲良くなった國廣先生に抱っこされてとってもご機嫌さんなレオくんでした!

最後のご紹介はホテル常連さんのニャポロンちゃんです!
ホテルの常連さんとはいえやはり来た直後は緊張MAX(ー ー;)

『なんにゃ…こっちみるんじゃないにょ』といつもの睨みがギロリ
トイレに隠れてこちらを監視中です👀
ひぇ〜にゃぽくんそんなこと言わないで( ;∀;)
ではでは、親睦を深めるためここでにゃぽろんくんの大好きなご飯タイム…

早っ!ちょっと見ぬ間にぺろっと完食!!
『げっふーおいしかったにゃん』
ごはんですっかり心を開いてくれたにゃぽろんくん(^^)

『しょうがにゃい…撫でてもいいにょ〜』頭をこすりつけたり
喉をグルグル鳴らしたり💕ホテル終盤はいつもご機嫌のツンデレにゃぽろんくんでした!

キヨハラ@U-KYO-Animal Hospital

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、拍手をお願いします♪
(拍手も、ランキング参加も、いつも、スタッフ一同の励みになっています(o^∇^o)ノ) 

  にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
京都市右京区(鳴滝・常盤・太秦・嵯峨・嵐山・花園・梅津・円町・西京極)
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER

10月21日(日) お家に帰ろう!!

カテゴリー: 未分類 

10月21日(日)

゜゚・*:.。..。.:*・゜獣医師の臨時休診のお知らせ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
それぞれの通常の休みに加え、下記日程が休みとなりますのでご注意下さい。
詳しくはホームページの獣医師出勤表をご確認下さい。 
平野:10月19日(金)20日(土)、21日(日)、27日(土)、28日(日)
百石:10月22日(月)出勤、23日(火)、24日(水)、25日(木)、26日(金)27日(土)、28日(日)
廣畑:10月20日(土)、22日(月)、23日(火)出勤
三浦:10月25日(木)出勤

先日、ある患者さまからオハナに素敵なプレゼントをいただきました😀
男の子のシュナちゃんを飼われている方なんですが、女の子のオハナにということで、可愛いピンク色のお洋服でした。

めちゃくちゃ似合う〜と思わず萌え萌えしてしまいました😍
ほんとにありがとうございます😆
大切に使わせていただきます!

また勝手ながら、明後日23日から29日までの1週間、長期休暇を頂いております。
みなさまには大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承くださいませ。

さて、今回のお話の主役は長期入院で頑張っている13歳、トイプードルのTちゃんです。
Tちゃんは以前から胆石症が認められ、毎日たくさんのお薬を飲んでいました。
胆石症は名前の通り、胆嚢に石が貯まる病気で、胆嚢からの出口である胆管が石で詰まって閉塞することにより急性に状態が悪化することがあります。

Tちゃんのエコー検査です。
砂粒状の胆石がたくさん認められます。
血液検査でも肝数値が上がったり下がったりを繰り返していました。
胆石症の治療法は基本的には外科手術になります。
上記のように胆管閉塞が認められた場合には緊急手術が必要になります。
もちろん大変な手術にはなりますので、状態によっては死亡率は決して低くはありません。
飼い主さまも悩まれた結果、いつ急変して手遅れになってしまう前にということで、胆嚢摘出手術をすることを決断されました。

万全の準備を整えて、手術開始です。
開腹すると肝臓に囲まれた胆嚢が見えてきました。

胆嚢は肝臓にへばりついているので、それを慎重に剥がしていきます。
 
剥がしきったら、十二指腸へ繋がっている胆管を結紮し、胆嚢を切除します。
その際に残った総胆管に胆石や胆泥が詰まっていないかをカテーテルを入れて確認することがとても重要です。

しっかり確認できました!
胆管を結紮して、切除します。

閉腹し、手術は無事終わりました。

あとは術後の肝不全や膵炎、腹膜炎に対する管理が重要になってきます。
術後翌日、血液検査でも大きく異常はなく、少量のご飯も食べてくれました。
このまま日に日に回復してくれると思っていたら…
術後数日してから、発熱が認めら食欲が落ちてきました。
お腹をみると内出血が広範囲に認められました。

血液検査でも血小板の減少など凝固系の異常が起こっていました。
つまり、DIC(播種性血管内凝固)という病態です。
血管内の凝固亢進が起こり、血栓形成による塞栓症の結果多臓器不全に陥ります。
命に関わる非常に危険な状態です。
DICは術後の合併症で認められることがあります。
特にTちゃんの場合は凝固因子を産生する肝臓の機能がもともと悪かったため、DICを引き起こしてしまった可能性があります。
すぐさま抗血栓薬の注射を開始し、凝固因子を補充するために輸血を行いました。

一時的に回復傾向が認められましたが、数日するとまた状態は悪化しました。
おそらく肝不全が悪化し、凝固因子を作る肝臓の機能がかなり落ちてしまっているのでしょう。
そこで肝不全に対してステロイドの投与を開始しました。
すると少しずつですが、血小板や肝数値に改善が認められてきました。
数日間まったく食欲廃絶だったのも、お気に入りの流動食だとぺろぺろと自力で飲んでくれるようにもなりました。
まだまだ安心はできませんが、希望がみえてきました!
大好きな飼い主さんのところへ1日でも早く帰れるように、Tちゃんは毎日頑張っています!

後もう少し!
元気にお家に帰ろうね😄

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、拍手をお願いします♪
(拍手も、ランキング参加も、いつも、スタッフ一同の励みになっています(o^∇^o)ノ) 

A.Hyakkoku@U-KYO-Animal Hospital

  にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
京都市右京区(鳴滝・常盤・太秦・嵯峨・嵐山・花園・梅津・円町・西京極)
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER

10月4日(木) スマイル(^ω^)

カテゴリー: 未分類 

10月4日(木)


゜゚・*:.。..。.:*・゜獣医師の臨時休診のお知らせ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
それぞれの通常の休みに加え、下記日程が休みとなりますのでご注意下さい。
詳しくはホームページの獣医師出勤表をご確認下さい。 
平野:10月6日(土)午後、7日(日)、16日(火)、19日(金)
20日(土)、21日(日)、27日(土)、28日(日)
7日(百石:10月1日(月)出勤、13日(土)午後、22日(月)出勤
23日(火)、24日(水)、25日(木)、26日(金)27(土)、28日(日)
廣畑:10月20日(土)、22日(月)、23日(火)出勤
三浦:10月1日(月)、2日(火)、3日(水)、25日(木)出勤

こんばんは😉
今日もホテルに来てくれた子たちを
ご紹介していきたいと思います!

まず最初にご紹介するのは
いつでもとってもご機嫌さん♪♪

プードルの茶太郎ちゃんです💕

ホテル初日から緊張もなく

しっぽもフリフリでお散歩へ!

気になるにおいも
徹底的にチェック🤔

そして楽しいね~😏💛と
振り返る表情が可愛すぎます✨

院内に帰っても見つける
スタッフ全員にご挨拶ダイブ😝‼‼

そしていつもの、、♡

お腹ゴローン☺☺

とてもひとなつっこい
人気者の茶太郎ちゃん
かわるがわる皆から呼ばれ
次は先生からのオヤツタイム😋

すぐさまお座りして
はやくくださいな😳とアピール❣


大喜びで食べてくれ💟

笑顔いっぱいでホテルを
過ごしてくれた
茶太郎ちゃんなのでした💓

次にご紹介するのも
ご機嫌さんでとても
ひとなつっこい♪♪

プードルのハルちゃんです💕

まだ去勢手術が終わったばかり
1歳未満のハルちゃんですが
スタッフにもなついてくれてます❥❥

お散歩でも元気いっぱい
走ってご機嫌さんです😘

とってもハイテンションな
ハルちゃんですが、
お部屋ではトイレも失敗なし!
無駄吠えも無し!な
とてっもお利口さんです✨

抱っこされるととろーんな
おっとりさんにも変身です🤗😚

そしてハルちゃんホテル中に
抜糸も頑張ってくれました💪💪

術後用のエリザベスウェアも
ぬぐことができスッキリしました🌟

抜糸後もテンションは下がる事なく


頑張ったご褒美のおやつも
喜んで食べてくれた
ハルちゃんなのでした💓

最後にご紹介するのは
初日から緊張もナシで


リラックスモードな
スコティッシュの
みーちゃんです💕

いつお部屋をのぞいても 


そこ気持ちいいのにゃ🐱💘

スリスリが止まりません🙈❣

少しでも手を止めると

暇だにゃ〜誰か遊びましょ?と
他のお部屋を覗きこむ
余裕ありありなみーちゃん👀

おもちゃで誘うと

狙って狙って〜、、、

てい!てい!と
炸裂パンチで🐭💥

全力で戦ってくれる所が
たまらなく可愛いんです💞

この人なつっこさに
メロメロなスタッフが続出でした😉😘

ホテル中みんなのアイドルを
頑張ってくれた
みーちゃんなのでした🤗

3人ともまたいつでも
ホテルへ遊びに来て下さいね💟💟

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、拍手をお願いします♪
(拍手も、ランキング参加も、いつも、スタッフ一同の励みになっています(o^∇^o)ノ) 

TATEMURA@U-KYO-Animal Hospital

  にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
京都市右京区(鳴滝・常盤・太秦・嵯峨・嵐山・花園・梅津・円町・西京極)
京都市内唯一腹腔鏡システム導入 [腹腔鏡下避妊手術]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER




9月25日(火) 猫さんたちのトイレ事情

カテゴリー: 未分類 

9月25日(火)

゜゚・*:.。..。.:*・゜獣医師の臨時休診のお知らせ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
それぞれの通常の休みに加え、下記日程が休みとなりますのでご注意下さい。
詳しくはホームページの獣医師出勤表をご確認下さい。 
百石:9月29日(土)午後

こんばんは。獣医師の三浦です。
昨日のブログでも漫画の話が出ましたが、私は最近「おじさまと猫」という漫画を読みました。

何気なく読み始めたのですが、最初から最後まで泣きっぱなしで大変でした😣💦
猫好きの方は是非読んでみてください🐈💕

さて、猫漫画の中で必ずと言っていいほど出てくるのは、タイトルにもあるトイレのシーン🚽
猫のトイレをしている姿、妙に真剣で、笑っちゃいけないけれど微笑ましいですよね☺
お気に入りのトイレ方法も、猫さんによって様々かと思います。
我が家のつぶちゃんはちょっと変で、私の帰宅直後とご飯前に急にダッシュしてトイレに行きます。
何も今行かなくても…といつも思うのですが…😅

このトイレ事情、猫さんごとの好みをしっかりと満たしてあげないと病気の原因となることがあります。
それは、猫の下部尿路疾患。
その中でも最も多いのは特発性膀胱炎です。
「特発性」とはつまり、原因不明ということですが、ストレスが原因の一つと言われています。
気に入ったトイレがなく、満足な排泄ができないことも原因の一つです。
特に多頭飼いの方は要注意です。
他の猫が使ったトイレは使いたくない子もいますし、
トイレ中に他の猫が嫌がらせをしてしまうような場合もあります。
ひとつ聞いた話では、ジャイアンのような猫がいて、
のび太くん猫がトイレに入ると入り口で待ち構えて外に出れなくしたケースがあるようです😱
猫って、結構いじわるですよね💦

2番目に多い疾患は尿石症ですが、これも排泄を我慢してしまうことが原因の一つです。

先日来院されたAちゃんは、何度もトイレに行くのに数的ずつしか尿を出せなくなり、来院されました。

腹部の触診で、硬くなった膀胱が確認されました。
尿道閉塞です。
カテーテルを用いて閉塞を解除し、出た尿を調べたところ、ストルバイト結晶と感染が認められました。

お話を伺うと、今までにも何度か頻尿の症状はあった様子。
それまでは自然に落ち着いていたのが、今回は治らずに重症化してしまったようです。
尿道閉塞が怖いのは、処置が遅れると腎障害を併発してしまうことです。
Aちゃんは腎臓には問題が生じておらず、幸いでした。

さて、このような症状の治療、再発予防のためにしなければならないことは大きく3つです。

・食餌の見直し:結石の元となる成分を抑えた療法食が勧められます。
・ダイエット:肥満が尿石症のリスク因子のひとつになります。
・トイレの見直し:ストレスフリーなトイレを用意してあげることが重要です。

トイレの見直しは、大きさ、砂の質など様々な条件がありますが多頭飼いの場合は、数も大切です。
理想的には猫の数+1コと言われていますが、なかなか難しい場合
最低限、猫の仲良しグループの数+1コで用意してあげてください。
猫がトイレを気に入っているかどうかは、トイレ中の様子を見て確認してみてください。
排泄してすぐ慌てて出てきたり、前脚だけ外に出ていたりするのは気に入っていないことが多いです。
ゆっくり居座って入念に砂かけしている場合は、気に入っているとみて大丈夫です🙂

お家の猫さんはどうか、是非じっくり観察してくださいね。
お困りのことがあれば、いつでもご相談ください。

                                    

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、拍手をお願いします♪
(拍手も、ランキング参加も、いつも、スタッフ一同の励みになっています(o^∇^o)ノ) 

R. MIURA@U-KYO-Animal Hospital

  にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
京都市右京区(鳴滝・常盤・太秦・嵯峨・嵐山・花園・梅津・円町・西京極)
京都市内唯一腹腔鏡システム導入 [腹腔鏡下避妊手術]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER

9月7日(金) 9月7日(金)炎症性乳癌

カテゴリー: 未分類 

9月7日(金)

゜゚・*:.。..。.:*・゜獣医師の臨時休診のお知らせ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
それぞれの通常の休みに加え、下記日程が休みとなりますのでご注意下さい。
詳しくはホームページの獣医師出勤表をご確認下さい。 
平野:9月8日(土)午後、9日(日)、22日(土)午後
百石:9月15日(土)午後、29日(土)午後 
三浦:9月16日(日)
廣畑:9月22日(土)
國廣:9月7日(金)、16日(日)

こんにちは、分院長です。

先日の台風で京都にも多くの被害が出ました。台風が去り、夜になって外に出てみると倒れた木や、落下してきた瓦が目につき、抗うことのできない自然の力を改めて目の当たりにした気がします。

我々獣医師も病気というある種の自然災害に抗うため必死に奮闘していますが、中には台風のように抗うことのできない病気もあります。

今回はそんな病気の一つである炎症性乳癌についてお話しします。

まずは乳腺腫瘍についての基本的な話からおさらいしましょう。

雌犬の胸にできたしこりの多くは乳腺腫瘍です。乳腺腫瘍のうち良性のものを乳腺腫、悪性のものを乳腺癌と言います。良性と悪性の割合は良性2に対して悪性1です。アメリカでは1対1ですがこれは大型犬が多く飼われているからです。

良性と悪性の判断は病理組織検査(切除した腫瘍を顕微鏡で観察する検査)に出さなくては判定ができないので、胸にしこりが見つかれば多くの場合まずは手術で切除するという流れになります。

病理の結果、乳腺癌であったとしても手術で取り切れていれば良好な経過を辿ることが多く、やはり外科手術が第一選択肢となります。

しかし乳腺癌の中にはその挙動が極悪で、手術すら適応にならないものがあります。それが炎症性乳癌です。

炎症性乳がんとは激しい炎症を伴っているように見える特殊な乳腺癌の臨床診断名です。

臨床診断とは我々現場の獣医師が総合的な判断の上に診断するもので、病理診断医が炎症性乳癌と診断することはできません。

特徴として

・固着性

・病変部の急速な腫大、棒状、板状に増殖

・発赤、熱感、掻痒

・疼痛

・腫瘤周辺の腫脹、四肢の浮腫

・病変は四肢にかけて広がり、中央を超えて増殖

・高い転移率

・血液凝固異常を伴うことが多い

といった項目が挙げられます。これらを総合的に判断し、炎症性乳癌と我々臨床の獣医師が診断を下すのです。

この炎症性乳癌はとてつもなく早い増殖スピードと、非常に高い転移率を有します。発見された時には病変部のリンパ管や血管内には癌細胞が大量に浸潤しており、高確率で全身転移を起こしています。

また手術は無効であるばかりか、術後傷口が癒合せず目も当てられない状況になる可能性が極めて高いことから、手術は禁忌となります。

また既存の抗がん剤等では一切歯が立たず、対症療法しかなす術がないのというのが現状です。

炎症性乳癌はその原因によっていくつかのタイプに分けることができますが、いずれのタイプも予防や予期ができず、また上記の通り有効な治療法がありません。

以前診察をした炎症性乳癌の子です。患部は赤く腫れ、対側の脚にまで広がっており、典型的な炎症性乳癌の所見です。

来院時はとても元気にしており、いつもと変わらない様子とのことでしたが、1週間ほどで虹の橋を渡りました。

本当に経過が早く、恐ろしい病気です。

しかし炎症性乳癌は来院時にはかなりの大きさになっていることが多く、3センチ以下の初期ステージのものを見かけることがありません。

しこりがとても小さい段階であれば、根治もありうるのではと私は思います。

胸に限らず、体にしこりを見つけた時は、様子を見るのではなくまず診察に来てください。

 

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、拍手をお願いします♪
(拍手も、ランキング参加も、いつも、スタッフ一同の励みになっています(o^∇^o)ノ) 

taiyo@U-KYO-Animal Hospital

 

 

 

 

1 / 712345...最後 »
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com