予防医療(ワクチン、避妊・去勢) 高度医療(CT検査、腹腔鏡、整形、ヘルニア) トリミング ペットホテル デイケア リハビリ 各種セミナー(しつけ教室)

右京動物病院ブログ: とく、トーク

6月25日(金) 愛犬のお股、汚れていませんか?

カテゴリー: とく、トーク 

625()

*******臨時休診のお知らせ*********

院長(平野)完全予約制となりますので、ご注意ください。

 

こんばんは😺分院の獣医師、德田です🐼

暑い日が続く今日この頃。みなさん、お散歩は早朝のような涼しいタイミングにいって、熱中症に気を付けてください💦

 

さて、今回は『膀胱炎を繰り返すワンちゃん』のお話をさせていただきたいと思います。

今日お伝えしたいのは2つです!
①こんな病気があるんです!
②高齢の子に手術をするかどうか、しっかり相談して納得して決めましょう!


13歳になった高齢、中型の女の子ワンちゃんが血尿、頻尿で当院に来院されました🐶
しっかりと全身のチェックをしたところ、怖い病気はなく、お薬ですぐに治りました!!🌞

しかーし!😒

お薬が切れるとまた再発してしまうのです!
耐性菌の問題、免疫力が下がってしまうホルモンの問題、神経異常にともなう問題などなど
とても複雑なものが背景に隠れていることが疑われました💦

この子の膀胱炎を繰り返す原因は、、なんと。。

これ!

 

 

 

 

皮膚のたるみが陰部を隠してしまっていること」でした!!🙀

年を重ねることで、人間と同じく、ワンちゃんも皮膚がたるんでしまうことはよくあります!
それが不幸にもこの子は陰部が隠れるようになってしまい、菌が繁殖するようになったと考えられます。

高齢の子がお薬を長期間、何度も飲むことは内臓に負担がかかってしまう可能性があります!
ご家族と相談し、今後この子の生活の質が下がらないように、手術を行いました。

手術後の陰部はこちら!







わかりづらくてすいません💦
皺がなくなることで、皮膚炎が治り、毛が生えてきました!
そして、現在、膀胱炎も起こさずに過ごせています!

これにはご家族のご理解と、熱心なケアがあったからこそできたことだと思います。
高齢の子に手術をするかどうか、じっくりお話をしてご相談を重ねました。

幸い現在はうまく過ごせていますが、これはうまくいった1例でした。
もし自分の家族である、ワンちゃんネコちゃんが同じような場面に直面した時、

メリット、デメリット、この子にとってどうしてあげることがいいのか
しっかりと獣医さんと相談してきめてあげましょう!

もしお困りの際は德田にご相談ください!右京AH SAGANOでお待ちしております。

P.S.

私には夢があります!!I have a dream!

日本一とも噂されるこの右京AHのブログで「いいね」数No1になることです!

 

※内容がよかったと思ったら「いいね!」を押してください。

すこし下にある青いバーのところです。よろしくお願いします()

とくだ@U-KYO-Animal Hospital

LINE@ご登録ください。ID検索【ukyo-ah⭐︎

⭐︎インスタ人気です⭐︎

京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]

動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTERSAGANO

JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師

 ISFMキャットフレンドリークリニック ゴールド認定

 

5月21日(金) 生まれ持って心臓に病気がある仔犬ちゃん

カテゴリー: とく、トーク 

521()

*******臨時休診のお知らせ*********

院長(平野)完全予約制となりますので、ご注意ください。

******セミナーのお知らせ*********
パピー教室:5月30日(日)

こんばんは😺分院の獣医師、德田です🐼

近畿は5/16に梅雨入り☔が発表されました!早いですねぇー!😲
梅雨の時期は温度、湿度が上がり、皮膚病、耳の病気が多くなる印象があります
💦
皮膚が弱いワンちゃん、ネコちゃんは注意してください😱!!

 

さて、今回は『生まれ持って心臓に病気がある仔犬ちゃん🐶』のお話をさせていただきたいと思います。

 

このお話でお伝えしたいポイントは2つあります!

 

「見た目にはまったくわからない」

「手術によって根本治療をすることが可能」

この
2です!それでは【とく、トーク】スタートです!

(あ、カテゴリを新しく作ってみました()よろしくお願いします。)

このワンちゃんは、ブリーダーさんのところでも心臓が悪いといわれており、
飼い主さんもそれを理解されてお家に迎えた4か月齢の子でした。


診察室に入ってきたのは、
元気いっぱいでかわいらしい、ごく一般的な仔犬ちゃんでした。
しかし、心臓から聞こえてきた音から、心臓内部で異常があることがはっきりとわかりました。

 

超音波検査の結果、「先天性心室中隔欠損症」と診断しました。

 

      正常         心室中隔欠損症

先天性心室中隔欠損症とは、右図のように、
生まれつき左心室(赤三角のお部屋)と右心室(青三角のお部屋)の間に「穴」が空いており、

穴に血液が流れていってしまい、心臓内部の血液を一方方向に流すことができない心臓病です。