予防医療(ワクチン、避妊・去勢) 高度医療(CT検査、腹腔鏡、整形、ヘルニア) トリミング ペットホテル デイケア リハビリ 各種セミナー(しつけ教室)

右京動物病院ブログ

3月28日(日) これって痛いのかな?

カテゴリー: 診察 

3月28日(日)
*******臨時休診のお知らせ*********
院長(平野)は完全予約制となりますので、ご注意ください。

******セミナーのお知らせ**********
パピー教室:4月11日(日)、25日(日)
デンタル教室:4月18日(日)


こんにちは。獣医師の田中です。
あたたかい日も増えてきて、過ごしやすくなってきました。
このご時世、お花見にはなかなか行けませんが朝の通勤時に通る嵐山は桜がとてもきれいに咲いていました。

さて今日のお話ですが、わんちゃんのヒザ関節の病気についてお話しします。
ヒザの骨の形は人と犬で大きな違いはありません。
しかし、よく見られる病気は異なります。

小型犬のわんちゃんでよく見る病気は、「膝蓋骨脱臼」です。
いわゆる”ヒザのお皿”が外れやすくくなってしまう病気です。


人で置き換えてみて、想像するだけでいたそうで寒気がしますね。😫
もちろん、わんちゃんも痛いです。
膝蓋骨が外れたり戻ったりを繰り返すことで軟骨が削られて関節炎を起こします。

放っておくと膝を支える大きな靱帯である前十字靭帯が切れることもあります。
サッカー選手なんかのスポーツ選手で起こる大ケガです。
さらにひどくなると骨にも変形が起こり、手術でも治療ができなくなってしまいます。

この病気は初期であればお薬や注射といった治療でよくなります。
症状が進行して痛みが継続する場合は手術が必要となります。
当院ではどちらの治療も実施可能です。

わんちゃんの関節炎の痛みのサインはわかりにくいかもしれません。
触ってキャンキャン鳴くことの方が少ないです。
よくある初期症状は、「歩き方が変」というものです。
それ以外にはあまりはっきりとした症状が無いことの方が多いです。


こういったものを参考にして当てはまる項目がないかチェックしてみてください。
1つでも当てはまることがあればいつでもご相談ください。

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、「いいね」をお願いします♪ 
kiyoaki@U-KYO-Animal Hospital


⭐︎ LINE@はじめました ⭐︎

 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等
    便利でお得な?情報を配信して参ります(^^)v
 フードのご注文も24時間可能です♪ 
 ID検索【ukyo-ah】

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師
 ISFMキャットフレンドリークリニック ゴールド認定

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930