予防医療(ワクチン、避妊・去勢) 高度医療(CT検査、腹腔鏡、整形、ヘルニア) トリミング ペットホテル デイケア リハビリ 各種セミナー(しつけ教室)

右京動物病院ブログ

5月28日(土) 危険な食べ物 Part1

カテゴリー: お勉強 


こんばんは☆

第2回のテーマは身近に潜む危険な食べ物です!

そんなの常識って方や何となく知ってるけどどんな症状が出るの?って方、全然知らないって方まで私たちには問題がなくてもワンちゃんネコちゃんにとってはとても危険な食べ物があるので紹介します

《ネギ類》
ネギ イラスト

玉ねぎや長ネギなどのネギ類は犬や猫の赤血球に対して毒性のある物質『アリルプロピルジスルフィド』が含まれています。過剰に摂取すると、血中の赤血球の膜を破壊します。
症状は溶血性貧血、血色素尿、嘔吐、下痢などです。

症状が出てくるのは早くて4時間後〜数日後に出る場合もあります。
中毒量は体重1kgに対して15-20gと言われています。
また、アリルプロピルジスルフィドは熱にも強く加熱しても破壊されないため、ネギ類の成分が溶け出した食品にも注意が必要(例えばハンバーグやすき焼きの汁等にも含まれます

溶血性貧血・・・血液中の赤血球が破壊されることにより、全身へ酸素が行き渡らなくなってしまった状態

血色素尿・・・尿にヘモグロビン(血色素)が混じっている状態。血管内で赤血球の破壊(溶血)があって血中にヘモグロビンが漏れ出して尿中に出てくるもの。尿に赤血球が混じっている状態を『血尿』というが,これと血色素尿とは異なります。

《コーヒー・紅茶》
コーヒー イラスト

コーヒーや紅茶に含まれる『カフェイン』を過剰に摂取することで中枢神経の興奮作用があります
症状は嘔吐、興奮、不整脈などです。
中毒量は1kgに対して150mgと言われています。

《キシリトール》
ガム イラスト

 ガムや飴、歯磨き粉に含まれるキシリトールは『糖アルコール』の一種で砂糖の代わりに使用されます。
人間と犬では体で起こる反応が違い、犬が過剰摂取すると血糖値を急激に下げる作用があります。
症状は低血糖、意識消失、昏睡、痙攣、肝障害などです。猫やフェレットでは未だ不明です

《生の卵白》
卵 イラスト

 卵白中には『ビオチン』とだけ結合する『アビジン』という物質が含まれています。
アビジンは消化管内でビオチンと結合し、ビオチンの腸での吸収を阻害します。
ビオチンの欠乏症に陥ると、脱毛、皮膚炎、成長低下の症状が出てきます。
しかしアビジンは加熱するとビオチンと結合しないため加熱調理すれば問題ありません
また卵黄には多くのビオチンが含まれているため、適量を全卵で与えれば問題ありません

ビオチン・・・ビタミンB群の一種でエネルギー代謝に関与しています。

《ハチミツ》 
はちみつ イラスト


ハチミツは成分自体に有害なものは含まれないですが、採取・加工の際にごく稀に『ボツリヌス菌』という細菌が混入することがあります
ハチミツは生であるため菌は死滅せず、体内に入ると消化器症状や食中毒を起こす危険があるので注意しましょう

では次回のPart2はみんなが大好きなあのお菓子に潜む危険を含めて紹介したいと思います!



それでは今日はこの辺で・・・ 
出来ましたら、拍手をお願いします♪
(拍手も、ランキング参加も、いつも、スタッフ一同の励みになっています(o^∇^o)ノ) 

R.M@U-KYO-Animal Hospital

  にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

京都市右京区(鳴滝・常盤・太秦・嵯峨・嵐山・花園・梅津・円町・西京極)
動物の総合健康管理施設
右京動物病院 HEALTH CARE CENTER
 

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com