予防医療(ワクチン、避妊・去勢) 高度医療(CT検査、腹腔鏡、整形、ヘルニア) トリミング ペットホテル デイケア リハビリ 各種セミナー(しつけ教室)

右京動物病院ブログ

2月11日(火) 短い命だから

カテゴリー: 診察 

******セミナーのお知らせ*********
パピー教室:2月14日(金)、22日(土)、28日(土)
デンタルセミナー:2月16日(日)


*******獣医師臨時休診のお知らせ*********
平野:2月18日(火)、23日(日)
百石:2月21日(金)、22日(土)、23日(日)、24日(月)出勤
三浦:2月16日(日)
國廣:2月21日(金)出勤、24日(月)

 

こんばんは。獣医師の三浦です。
先日、新型コロナウイルスの影響で、予定していた旅行がキャンセルになりました😥
あと数日!というところでのキャンセルだったので非常に残念でしたが
コロナウイルス、怖いですね。
どんどん感染が広がっていく様子を見ると、行かなくて良かったとホッとしています💦
そうは言っても、京都にも観光客がたくさんいるので、皆さましっかり予防しましょうね!!

 

さて、本日は少し悲しいお話です。
トイプードルのAくん、先日、たった9歳の若さで亡くなってしまいました。
9歳というと、人でいうと50代後半くらいです。
小型犬では15、16歳まで生きる子も増えてきた中、あまりにも早いお別れでした。

原因は、悪性腫瘍。
確定診断はできていませんが、おそらくは血管肉腫などの悪性度の高い腫瘍だったと思われます。

Aくんは1月に入って急に食欲が低下し、来院されました。
レントゲンを撮ると肺野に白い塊がいくつも認められました。

中央の白い丸い塊が心臓で、その周りが肺です。
肺は本来、空気の塊なのでレントゲンでは黒く見えます。

Aくんの半年前のレントゲンです。

この時は腹部をメインで 撮っているのですが、
少し写り込んだ肺はとてもキレイに見えます。

このように肺が白く見えるのは、肺に空気以外の「何か」が存在するから。
「何か」には水や膿、血、腫瘍など様々なものが考えられます。
Aくんの画像で真っ先に考えたのは、腫瘍の可能性です。
悪性腫瘍が肺に転移したときに見える像と、とてもよく似ていました。
しかし身体検査でもエコー検査でも、他に腫瘍性の病変は見つかりませんでした。
(肺だけにできる腫瘍は珍しいのです。)
抗生物質などの試験的治療にも反応せず、精査のためCT検査を行うことにしました。

結果…それまでの検査では見つけられなかった病変がたくさん見えてきました😣
肝臓、小腸、腎臓、脾臓、筋肉内…全身の臓器に腫瘍が認められました。

緑のラインの交わるところの黒っぽい丸がそれぞれ、脾臓・腎臓に見られた腫瘍です。
腎臓には数カ所認められます。
再度エコー検査で確認してみましたが、少しの違和感はあるものの、やはり腫瘍だと断言できるものは見つかりません。
エコー検査の限界を感じました💦
そして、肺の病変はやはり腫瘍の転移像だと判断されました。

3方向から見た像ですが、細かい白い丸が全て腫瘍性の病変です。

残念ながら、ここまで腫瘍が全身に広がってしまうと、手の出しようがありません。
相談のうえ、積極的な治療は行わず、消化器症状などに対する緩和的治療のみを行うことにしました。

それから1週間、お薬が効いてくれたのか、少し食欲が出てきました。
ところが状態は急変し、最初の診察からたった3週間ほどで、虹の橋を渡りました。
恐らくは腹腔内の腫瘍から出血が起こったのでしょう。

苦しい時間が短かったと思えば幸いですが、
これだけ早いお別れを受け入れるのはどれだけ大変か…。
CT検査は、もちろん治療方法を探すためではありましたが、治療できない可能性が高いと考えていました。
それでも、今Aくんに何が起こっているのかを知るために検査をしました。
想像以上に悪く、私もとてもショックでしたが
少しでも、お別れの準備をする手助けになれていれば、と思います。


どれだけ元気そうに見えても、奥底には病気が潜んでいることもあります。
痛みや辛さを隠す子は少なくないです。
いざ、表に出てきて気付いた時には、もう病気がかなり進行しているかもしれません。
Aくんはどうしたらもっと早く気付けたのか、私もずっと考えています。

動物の命は人に比べてとても短いです。
お別れは想像以上に早くきます😖
どのようなお別れが良いかは、人それぞれだと思います。
いざというとき、後悔しないように、お家の子をしっかり見ておいてあげてください。

最後になりましたが、Aくんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
活発でしっかりした体格だけれども、ちょっと怖がりさんなところが可愛かったです☺
体が楽になって、きっと今頃は元気に走り回っているね🌈

 

それでは今日はこの辺で・・・

出来ましたら、「いいね」をお願いします♪

R.Miura@U-KYO-Animal Hospital

 


⭐︎LINE@はじめました⭐︎

 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等
    便利でお得な?情報を配信して参ります(^^)v
 フードのご注文も24時間可能です♪
 ID検索【@ukyo-ah】

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師
 ISFMキャットフレンドリークリニック ゴールド認定

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31