右京動物病院

診察ネット予約はこちら

お問い合わせ

075-406-5211

24時間365日なんでも相談窓口
(当院かかりつけ専用)

050-2018-2505

右京動物病院ブログ

12月7日(木) 猫の心臓病

カテゴリー: 診察  

12月7日(木)

*****セミナーのお知らせ(本院)*********

パピーセミナー:12月10日(日)、16日(土)、17日(日)、24日(日)
デンタルセミナー:②12月9日(土)

*****本院からのお知らせ*************
2022年5月から夜間診療を開始しました。
平日20:00~24:00で実施しています。
ご来院前に必ずお電話いただき、救急の方のみご利用ください。
***************************

こんにちは、獣医師の國廣です。

今月も残すところあと1ヶ月ですね。皆さんやり残したことはないでしょうか?

私は苦手な家の掃除が残っております😩掃除だけはいくつになっても得意ではありません😅

 

本日はタイトル通りの内容で、

猫ちゃんで多い心臓病=【心筋症】についてです。

まず普段私達獣医師が診察で行っている聴診!

心臓病では不整脈や心雑音が聴こえることがあります。

ただ猫ちゃんの場合、健康な子でも心雑音が聴こえることがあります。逆に、心筋症を患っていても心雑音が聴こえないこともあります。

つまり、猫ちゃんへの聴診は当てにならないことがあるということです⚠️(もちろん普段の診察ではルーチンで行います。)

ではどうやって猫ちゃんの心臓病を早期発見することができるでしょうか?

答えは血液検査で測定できるNT-proBNPという項目です。

最近私は猫ちゃん、特に高齢の子の健康診断では測るようにしています。そのおかげで、無症状の猫ちゃんの心臓病を早期発見することができました。

【心筋症】が怖いところは、胸水や肺水腫といった呼吸困難を起こすことです。レントゲン検査で胸部が真っ白になっているのが分かると思います。

また動脈に血栓が詰まり、血流が遮断されることで臓器の障害が起こります。これもかなり致死的な病態です。

 

猫ちゃんは病院に来ることがストレスで、来院頻度が少なくなりがちですが、ぜび血液検査などの健康診断はしてあげてください。病気の早期発見は寿命の延長に繋がります!

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、拍手をお願いします♪

(拍手も、ランキング参加も、いつも、スタッフ一同の励みになっています(o^∇^o)ノ)

KUNIHIRO@U-KYO-Animal Hospital

⭐︎ LINE@はじめました ⭐︎
 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等便利でお得な?情報を配信中!
 フードのご注文も24時間可能です♪ ID検索【ukyo-ah】

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO・OIKE・ARASHIYAMA
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師

2024年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829