右京動物病院

診察ネット予約はこちら

お問い合わせ

075-406-5211

24時間365日なんでも相談窓口
(当院かかりつけ専用)

050-2018-2505

右京動物病院ブログ

2月6日(火) 犬だけじゃない!怖い子宮の病気〜子宮蓄膿症〜

カテゴリー: 診察 

2月6日

*****セミナーのお知らせ(本院)*********
パピー教室:2月12日(月祝)、18日(日)、25日(日)
デンタルセミナー:2月10日(土)、17日(土)
*****夜間診察のお知らせ*************
平日20:00~24:00で実施しています。
ご来院前に必ずお電話いただき、救急の方のみご利用ください。
***************************

こんにちは。嵐山院院長の田中です。寒さがピークを迎えていますね。皆さん体調を崩されていませんか?

インフルエンザなども流行っているようですのでどうぞご自愛くださいね。

さて、今日お話する内容は「子宮蓄膿症」についてです。

子宮は普段ばい菌などが悪さをしないように自浄作用が働いています。発情期には妊娠するためにその自浄作用が弱まります。

犬の場合は、発情期が来ると必ず“偽妊娠”を起こします。偽妊娠とは、妊娠していなくても妊娠時と同じように体が変化します。その一つとして、子宮の出入り口を固く閉じます。

そうなる前にばい菌が子宮の中に入ってしまうと、子宮の中でばい菌が増殖し、膿がたまり、子宮蓄膿症を引き起こします。

猫は偽妊娠のようなことは起こりません。そのため理論上は子宮蓄膿症が起こることはないと言われています。ただ、交尾した際にばい菌が子宮の中に入り、子宮蓄膿症になってしまう場合があります。なので、猫は子宮蓄膿症にはならないというのは間違いです。油断は禁物です。

子宮蓄膿症になると、高熱が出て、食欲・元気がなくなります。また、ばい菌の毒素の影響で水をたくさん飲みます。さらに嘔吐や下痢も起こします。

治療の第一選択は子宮・卵巣全摘出です。しかも多くの場合緊急手術が必要となります。

子宮・卵巣を取ってあげれば90%は完治します。術後は入院下での集中治療を行います。

内科治療(お薬での治療)も方法としてはありますが、ほとんどの場合再発するので残念ながら根本的な治療にはなりません。

子宮蓄膿症は放っておくと命を落とす可能性が高い怖い病気です。予防するには避妊手術が有効です。避妊手術をしてあげれば子宮蓄膿症になることはありません。

避妊手術は賛成・反対いろいろな意見がありますが、避妊手術をしたほうが寿命が長いというデータもあります。そういったことも考慮して実施するかどうかよく考えてあげると良いと思います。

迷われている方はお気軽にご相談ください。

 

嵐山院 院長 田中

 

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、「いいね」をお願いします♪ 

kiyoaki@U-KYO-Animal Hospital

 

⭐︎ LINEはじめました ⭐︎

 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等

    便利でお得な?情報を配信して参ります(^^)v

 フードのご注文も24時間可能です♪ 

 

 

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 

京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]

動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO

JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師

ISFMキャットフレンドリークリニック ゴールド認定

 

 

2024年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829