予防医療(ワクチン、避妊・去勢) 高度医療(CT検査、腹腔鏡、整形、ヘルニア) トリミング ペットホテル デイケア リハビリ 各種セミナー(しつけ教室)

右京動物病院ブログ

5月2日(土) 漏斗胸って知ってますか。

カテゴリー: 診察 

5月1日(金)

*******臨時休診のお知らせ*********
院長(平野)は完全予約制となりますので、ご注意ください。

*******分院臨時休診のお知らせ*********
5月20日(水)は臨時休診、
5月4日(月)、5日(火)、6日(水)は祝日ですが、通常診察になります。

 

 

 

分院長です。

今日は小ネタを最初に一つ。

診察台の上の猫。。。ではありませんよ!

毛玉が繋がって毛皮のようになったものです。この物体を言い表す日本語ってあるのかな笑

こちらが本体。よく見ると赤い湿疹が多数できていますね。毛玉は皮膚を荒らすんです。

去勢の際思い切って丸坊主を希望されましたが、お家でこまめにブラッシングできる方はこうならないよう注意して下さい。

この子はお家でブラッシングさせてくれないので仕方なし!

 

では漏斗胸についてお話します。

名前の通り漏斗のように変形した胸を指す言葉です。

先天的に胸骨が変形しており生涯にわたり付き合っていかなければいけない病気です。百聞は一見に如かず!

正常な猫の胸部レントゲン写真

漏斗胸の猫の胸部レントゲン写真

胸骨が押し上げられており、肺が十分に拡張できていません。

見るからに息苦しそうな胸ですが、実際にMちゃんもすぐに息が切れてしまう生活を送っていました。

なんとか楽にしてあげたいのですが、それには手術しかありません。

手術方法はコルセットを数ヶ月間胸部に装着するというものです。

コルセットを作成し、手術を実施できる獣医師は全国でもかなり少なく、今回は研修でお世話になっている奈良のY先生にお願いする事にしました。

試行錯誤を繰り返した結果、この素材に辿り着いたとのことです。

本当に工作する感覚で体に合わせてコルセットを手作りしました。

手術にも参加させて頂きましたが、想像以上に繊細な技術を必要とするものでした。Mちゃんは胸骨の変形が重度であったため、横隔膜を切開し、胸腔内からアプローチしないと胸骨に到達できませんでした。手術内容もいろいろお話ししたいんですが難しいので割愛します。

では結果

 手術直後のレントゲン写真です。

かなり胸骨が下がってくれました。さすがです。。

ここから数ヶ月間矯正をかけ続け胸骨を正常な形にしていきます。

問題はこの手術は胸骨が柔らかい生後3ヶ月までが適齢期であること。Mちゃんは生後4ヶ月齢でした。かなりギリギリのタイミングです。

おそらく一回での矯正は困難と予想されます。

コルセットを外してまた胸骨が元に戻ろうと変形してきたら、改めてコルセットをその時の体に合わせて作り直し再度装着するという流れになりそうです。

実際、予想通り再手術が必要となりました。

 

コルセット除去時はかなり肺も拡張していますが、コルセット除去16日後では胸骨が上に戻り始めています。

しかしMちゃんは息切れすることもなくなり元気にお家で遊べるようになりました。次の手術で最後になることを祈っています。

そして次回からは右京動物病院でも実施できるよう素材を買いに行ってきます。

 

 

 

 

 

それでは今日はこの辺で・・・

出来ましたら、「いいね」をお願いします♪

taiyo@U-KYO-Animal Hospital

 


⭐︎LINE@はじめました⭐︎

 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等
    便利でお得な?情報を配信して参ります(^^)v
 フードのご注文も24時間可能です♪
 ID検索【@ukyo-ah】

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師
 ISFMキャットフレンドリークリニック ゴールド認定

2020年5月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031