予防医療(ワクチン、避妊・去勢) 高度医療(CT検査、腹腔鏡、整形、ヘルニア) トリミング ペットホテル デイケア リハビリ 各種セミナー(しつけ教室)

右京動物病院ブログ

12月3日(火) 排尿トラブルがあるコには…

カテゴリー: 診察 

******セミナーのお知らせ*********
パピー教室:12月7日(土)、13日(金)、21日(土)
デンタル教室:12月22日(日)
*******獣医師臨時休診のお知らせ*********
平野:12月9日(月)pm、14日(土)、17日(火)、
   19日(木)am、21日(土)、22日(日)

國廣:12月8日(日)

こんばんは。獣医師の三浦です。
先日、紅葉狩りに行ってきました🍁
毎年どこに行くかとても迷うのですが、今年は奥嵯峨を選びました。

一番好きなのは祇王寺です。
ちょうど前日の風が強く葉がたくさん落ちたようで、
地面も一面染まってとてもキレイでした。
こんなところがすぐ近くにあるなんて、京都に住む醍醐味ですね☺

さて、今回はWくんのお話です。
Wくんは椎間板ヘルニアの既往歴があり、
残念ながら手術後も下半身の麻痺が残っていました。
それでもリハビリをずっと頑張っていて、自力で歩き続けていました。
トレッドミルや鍼の様子が何度か公開されているかと思います📷
しかし年齢と共に筋力が弱ってきて、
だんだんと転んでしまう事が増えて歩行困難になってきています…。
トレッドミルで歩くことは難しくなってきたので、
自宅での運動をメインに続けてもらっていました。

そんなWくんが最近、突然の元気食欲不振で来院されました😣
食欲だけは旺盛だったWくんですので、これは一大事です💦
いつも体温は低めなのですが、39.4度で高熱ぎみでした。

血液検査の結果では、炎症を示す白血球数やCRPが高値を示し、腎数値も上昇しています。
そして尿検査をしたところ、細菌感染が認められました。

小さな青い点々が、全て細菌です。
エコー検査では、軽度の前立腺肥大も認められました。

これらの検査を踏まえ、尿路感染症に続発して腎炎や前立腺炎が生じたと考えられます。
Wくんは排尿はできていたものの、
自分の意思でしている…というよりは、無意識のうちに漏れてしまっている状態でした。
そのため、ずっとオムツが欠かせません。
このように排尿障害がある子は、尿路感染症を度々起こしやすく、
慢性的な膀胱炎になっていることも多いです。
膀胱炎で止まればまだ症状は軽度なのですが、炎症が波及すると重症化し命に関わることもあります😣

すぐさま入院し、点滴と抗生物質の投与を開始。
治療への反応は良好で、熱はすぐに下がり、
3日ほどでご飯を食べれるようになり退院しました☺
15歳のWくん、体力がとても心配でしたが、無事に回復してくれて良かったです。

Wくんのように、排尿障害によりオムツや圧迫排尿が必要な子たちには
定期的な尿検査をお勧めします。
また、前立腺の疾患は去勢手術により予防効果があります。
重症化する前に、対策していきましょう!

 

それでは今日はこの辺で・・・

出来ましたら、「いいね」をお願いします♪

R.Miura@U-KYO-Animal Hospital

 


⭐︎LINE@はじめました⭐︎

 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等
    便利でお得な?情報を配信して参ります(^^)v
 フードのご注文も24時間可能です♪
 ID検索【@ukyo-ah】

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師
 ISFMキャットフレンドリークリニック ゴールド認定

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com