予防医療(ワクチン、避妊・去勢) 高度医療(CT検査、腹腔鏡、整形、ヘルニア) トリミング ペットホテル デイケア リハビリ 各種セミナー(しつけ教室)

右京動物病院ブログ

5月24日(金) 口内炎って痛いですよね・・・

カテゴリー: 診察 

5月24日(金)


*******セミナーのお知らせ*********

パピー教室 :5月25日(土)、31日(金)
       6月8日(土)、15日(土)、21日(金)、29日(土)

こんばんは、獣医師の國廣です。
ゴールデンウィークも明けて、4月よりも
フィラリア予防の診察も少し落ち着いてきた気がします。
「あ、忘れてた!!!」という方、
6月になる前にいらしてくださいね!

ちなみに先日うちの愛犬ショコラちゃんも母親に連れられて
大阪からはるばる来てくれました。
7歳になるので、健康診断も一緒に行い、
しっかりと予防もできました。

その後自宅でくつろいでいる愛犬の写真が送られてきましたが、
癒されますねぇ。

ではでは、今回のテーマは
猫さんの「歯肉口内炎」について

去勢手術をするために来院された6ヶ月のマンチカンのTくん。
少し前から食事をするときに口を痛そうにして食べにくそうにしていました。
去勢手術で麻酔をかけるので、そのまま口をしっかり確認すると、

歯肉が赤くなって、炎症を起こしているのが分かります。
この「歯肉炎」の原因としては口腔内細菌やウイルス、免疫などの影響が考えられています。
最も多い原因としては猫のカリシウイルスという報告があります。
おそらくTくんも若齢のこともあり、このカリシウイルスが原因の可能性が高いです。

治療としては歯石除去、抗菌薬、消炎剤など様々ありますが、
難治性の場合は完治が難しい病気です。

今回Tくんは歯石がほとんどついていなかったため、
まず下のようなレーザー治療により歯肉の中の殺菌を行いました。

続いてその歯肉部分に直接抗菌薬を入れてる処置を行いました。
これを「ペリオフィール処置」と言います。

こうすることで感染を防ぎ、炎症を和らげる効果があります。

難治性の場合には抜歯もしなければいけませんが、
今後のTくんの症状を見ながら、検討していきたいと思います。

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、拍手をお願いします♪
(拍手も、ランキング参加も、いつも、スタッフ一同の励みになっています(o^∇^o)ノ)

KUNIHIRO@U-KYO-Animal Hospital

LINE@はじめました ID検索【ukyo-ah】⭐︎

獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等
便利でお得な?情報を配信して参ります(^^)v
フードのご注文も24時間可能です♪

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師
 ISFMキャットフレンドリークリニック ゴールド認定 

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com