右京動物病院

診察ネット予約はこちら

お問い合わせ

075-406-5211

24時間365日なんでも相談窓口
(当院かかりつけ専用)

050-2018-2505

右京動物病院ブログ

10月12日(水) ワクチン接種後副反応??!!

カテゴリー: 予防について 

10月12日(水)

*********本院獣医師・臨時休診*********

細田:10/16(日)・30(日) *10/20(木)・・・出勤日
岡山:10/22(土)・23(日)
鈴木:月曜・金曜休み

★・・・シニアセミナー 10/28(金) 14時から@本院

*****本院からのお知らせ*********
5月から夜間診療を開始。平日20:00~24:00で実施しています。
ご来院前に必ずお電話いただき、救急の方のみご利用ください。
***********************

こんばんは。
獣医師の岡山です。
先日、某ファーストフード店のハンバーガーやらポテトを気の向くままに2食続けて喫食したがためにお腹を下してしまいました。😅
栄養価も考えず美味しそうなものだけをチョイスして大量の油分に胃腸がビックリしてしまったのでしょうね( ゚Д゚)。。。お恥ずかしい。。。
食欲の秋ですが、体調と相談して楽しみたいものですね🍁🍄🍠🎃

さて、今回は消化器症状についてすこし触れていきたいのですが、中でもワクチン接種後に消化器症状を呈した患者さんと出会ったため『ワクチン接種後の有害事象』について少しご紹介します。💉💉

普段の診察の中でワクチン接種後、獣医さんから「今日1日、体調の変化、気を付けてみてあげてくださいね。」とお声かけあると思います。ワンちゃんもネコちゃんも人間と同様にワクチン接種後に体調を崩す子が一定数います。一言に体調を崩すといっても、循環器・呼吸器症状、皮膚症状、消化器症状とそれぞれです。ただ、時間の経過によって出現しやすい症状は異なります。

ワクチン接種後数分から1時間以内には生死に関わり得る循環器・呼吸器症状が出現し特に5分以内の発生が最も高くなっています。一方、皮膚症状や消化器症状はワクチン接種後数分から1日またはそれ以上経過してから発症する傾向にあります。
その為、待合でお会計を待っている間に、虚脱・呼吸促拍・呼吸停止・チアノーゼが見られるようでしたらすぐスタッフへお声掛けください。


また、帰宅後、お顔が腫れてくる、皮膚が赤い、嘔吐下痢をするといった症状が認められた場合もすぐ病院へご連絡お願いします。

こういった症状が出る確率はワンちゃんだと10000分の77頭、ネコちゃんだと10000分の51頭で起こったというデータがあります。
有害事象は狂犬病ワクチンよりは混合ワクチンで出やすいとされており、有害事象が起こった次の年のワクチン接種時には接種30分前にステロイド剤の注射と抗ヒスタミン剤の注射を打つことでアナフィラキシー症状を未然に防ぐ方法や、血液検査を実施して体内のワクチン抗体価を測定し、高い場合はワクチン接種をしないといった手段もございます。
今までワクチン接種後有害事象が出なくても、ある程度の年齢で急に発症することもあります。
いつも平気だからといって安心することなく、接種した日は極力、体調の変化に気を付けてお過ごしいただけたらと思います。また、夕方にワクチン接種をして反応が夜中に出てしまう可能性があります。病院の診察時間も考慮すると、なるべく午前中に摂取したほうが万が一に備えられるのではないかなと思います。

ワクチン接種後有害事象について危険性をたくさん書いたため、ワクチン接種が怖いと思われてしまったかもしれませんが、ワクチン接種をすることで致死性のウイルス性・細菌性の疾患から命を守ることができます。
有益なはずのワクチン接種が時としてマイナスに働くことがあるかもしれないことを少し頭の片隅に入れておいていただき、年に1回の予防接種をして頂けたらと思います。🐶🐱

それでは今日はこの辺で・・・ 

出来ましたら、拍手をお願いします♪
(拍手も、ランキング参加も、いつも、スタッフ一同の励みになっています(o^∇^o)ノ)

TAICHI@U-KYO-Animal Hospital

LINE@ご登録ください。 ID検索【ukyo-ah】⭐︎⭐︎インスタ人気です⭐︎ 

京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO・OIKE・ARASHIYAMA
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師

 

2022年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031