右京動物病院

診察ネット予約はこちら

お問い合わせ

075-406-5211

24時間365日なんでも相談窓口
(当院かかりつけ専用)

050-2018-2505

右京動物病院ブログ

7月20日(木) ひもの脅威

カテゴリー: 診察 

7月20日(木)

*****セミナーのお知らせ(本院)***********
パピー教室:7月29日(土)、30(日)
デンタルセミナー:7月23日(日)
シニアセミナー:8月2日(水)

*****本院からのお知らせ***************
2022年5月から夜間診療を開始しました。
平日20:00~24:00で実施しています。
ご来院前に必ずお電話いただき、救急の方のみご利用ください。
*****************************

こんにちは、獣医師の國廣です。
毎日とても暑い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
うちにはハリネズミのエルサがおりますので、常にクーラー必須でこの京都の夏を過ごしています。
涼しい部屋で餌をたらふく食べて、のんびり過ごし、ぽっちゃりお腹をさらしています。😂笑

夏と言えば、スイカや桃など魅力的なフルーツが出てきて楽しい季節ですが、
高温の為に
食中毒にも注意が必要ですね。
そしてわんちゃん猫ちゃんたちにも同じくらい注意が必要なのが、おもちゃや
ご家庭にある人間の生活雑貨等を誤食してしまう事です。
今回はそんな食べてはいけないものを食べてしまって、命の危機と頑張って闘った猫のRちゃんお話です。


来院された日の2日前に裁縫の糸をかじっているのを目撃し、それ以降嘔吐が続くという主訴で来院されました。
猫ちゃんのおもちゃはひも状のものも多く
、獣医療では「ひも状異物」の誤食となり、注意しなければいけません。
Rちゃんは腹部の超音波検査で、ひも状異物に特徴的な所見が認められました。

左が正常の腸の画像、右がRちゃんの腸の画像です。
腸は本来まっすぐに見える臓器ですが、Rちゃんの場合は腸が曲がっているのが分かります。これを「アコーディオンサイン」と言います。

どういう原理でなるかというと・・・
ひもが絡まった腸が蠕動運動することによって、ぎゅっと縮こまっていきます。
これにより絞扼が起こることで、腸の動きが完全に止まり、嘔吐の症状が現れます。
Rちゃんは来院されたその日に緊急手術を行い、無事糸を摘出することができました。
何本もの糸が絡まっており、胃と腸の3箇所を切る大手術となりました。
しばらく入院をして、その後腸の裂開などがないか様子を見ていきます。

皆様のお家でも、誤食の可能性のある物や場所はないだろうか、とわんちゃん
猫ちゃん目線になって見てもらい、リスク軽減に繋げていきましょう!

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、「いいね」をお願いします♪ 
KUNIHIRO@U-KYO-Animal Hospital

⭐︎ LINEはじめました ⭐︎
 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等
    便利でお得な?情報を配信して参ります(^^)v
 フードのご注文も24時間可能です♪ 
 友だち追加

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師
ISFMキャットフレンドリークリニック ゴールド認定

2024年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930