予防医療(ワクチン、避妊・去勢) 高度医療(CT検査、腹腔鏡、整形、ヘルニア) トリミング ペットホテル デイケア リハビリ 各種セミナー(しつけ教室)

右京動物病院ブログ

2月25日(木) ここまで回復できます

カテゴリー: 診察 中医学 

*******臨時休診のお知らせ*********
三浦:3月7日(日)

院長(平野)完全予約制となりますので、ご注意ください

 

こんばんは。獣医師の三浦です。

寒暖差が激しい毎日が続きますね。
もう春かと思えば冬に逆戻り…
ダウンコートがまだまだ手放せそうにありません💦
風邪をひかないよう、しっかり休息をとって体調を整えていきましょう!

 

さて、本日は14歳のRくんのご紹介です。

普段は分院に行かれているのですが、
椎間板ヘルニア疑いの症状がなかなか治らない、ということで鍼治療に来られました。

こちらの来院時は、ヘルニアの症状は改善してきている様子。
でも元々あった膝蓋骨脱臼が邪魔してか、上手に歩けない状態でした。


写真のように、左後肢が負重できず、内側に入り込んでしまいます。


横から見ると膝がすごく曲がって腰が落ちた状態です。
歩く時も左が踏ん張れないので傾いて、フラフラしてしまいます。

軽度であれば痛み止めだけでも歩けるようになるのでしょうが、
慢性的なトラブル+突発的なヘルニアのダブルパンチで一気に悪化してしまったのでしょう。
高齢なので、麻酔をかけての検査や手術は希望されませんでした。

そこで早速、鍼治療とリハビリをスタートしました。

数日後…


左後肢の負重が強くなってきています。
歩く時のふらつきもだいぶ減ったとのこと。


横から見ると、まだ膝が曲がったままではありますが…


滑り止めマットのないところでも滑らず歩けています。

そして1ヶ月後!


リハビリを少し中断するとふらつきが出てしまうのですが、
当初に比べるとかなりしっかり歩けるように戻っています。

横から見ると、こんな感じ。


当初に比べると、腰が上がってきましたね。

でも、まだまだ膝は曲がったまま。
調子よく歩けるように見えていても、慢性的なトラブルは消えません。
少しでも楽に過ごせるように、リハビリを続けていきましょうね。

 

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、「いいね」をお願いします♪

R.Miura@U-KYO-Animal Hospital

LINE@ご登録ください。 ID検索【ukyo-ah】⭐︎

⭐︎インスタ人気です⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師
 ISFMキャットフレンドリークリニック ゴールド認定

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930