予防医療(ワクチン、避妊・去勢) 高度医療(CT検査、腹腔鏡、整形、ヘルニア) トリミング ペットホテル デイケア リハビリ 各種セミナー(しつけ教室)

右京動物病院ブログ

10月16日(火) これもワンちゃんには危険!

カテゴリー: 診察 

10月16日(火)

゜゚・*:.。..。.:*・゜獣医師の臨時休診のお知らせ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
それぞれの通常の休みに加え、下記日程が休みとなりますのでご注意下さい。
詳しくはホームページの獣医師出勤表をご確認下さい。 
平野:10月19日(金)20日(土)、21日(日)、27日(土)、28日(日)
百石:10月22日(月)出勤、23日(火)、24日(水)、25日(木)、26日(金)27日(土)、28日(日)
廣畑:10月20日(土)、22日(月)、23日(火)出勤
三浦:10月25日(木)出勤



こんにちは。獣医師の廣畑です。
今日はアボガドを食べてしまったワンちゃんのお話です。

先日台風が京都に接近した日曜日のことです。
雨が少しずつ強くなってきた夜の18時頃に
病院に1本の電話が掛かってきました。
ラブラドールレトリバーのワンちゃんがなんとアボガド1個
丸飲みしてしまったと言うのです。

アボガドにはペルジンというワンちゃんに中毒症状を
引き起こす成分が含まれています。
人はこのペルジンに対して耐性を持っているのですが、
ワンちゃんにはそれが有りません。
そのため、人が食べても大丈夫なアボガドはワンちゃんにとっては
有害という訳です。

ただし、全てのアボガドがワンちゃんに中毒症状を引き起こす訳では
有りません。
と言うのも、アボガドには数百種類あり、日本で流通しているアボガドの
殆どはグアテマラ系のアボガドだそうです。
グアテマラ系のアボガドにはペルジンが多く含まれているため
日本で飼育されているワンちゃんには危険ということです。
グアテマラ系以外のアボガドにはペルジンを殆ど含まないものも
あるため、それなら大丈夫そうですが万が一のこともあるため
ワンちゃんにはアボガドを与えないのが一番ですね。

今のところワンちゃんに中毒症状を起こすペルジンの量というのが
分かっていません。
アボガドを食べたけど全く問題無かったワンちゃんもいれば、
少量食べただけで中毒症状が出たというワンちゃんもいます。
中毒症状としては、
・嘔吐
・下痢
・呼吸困難
・痙攣
などが見られます。

さて、先程のラブラドールのワンちゃんですが
直ぐに病院に連れて来ていただくようお話して
催吐処置を行い無事にアボガドを吐きました。
食べて10分後くらいに吐かせたので後遺症なども無く
事無きを得ました。

美味しいアボガドですが、ワンちゃんにとっては危険な食べ物です。
皆さんご注意下さい!!!

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、拍手をお願いします♪
(拍手も、ランキング参加も、いつも、スタッフ一同の励みになっています(o^∇^o)ノ

K.Hirohata@U-KYO-Animal Hospital

  にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
京都市右京区(鳴滝・常盤・太秦・嵯峨・嵐山・花園・梅津・円町・西京極)
京都市内唯一腹腔鏡システム導入 [腹腔鏡下避妊手術]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com