予防医療(ワクチン、避妊・去勢) 高度医療(CT検査、腹腔鏡、整形、ヘルニア) トリミング ペットホテル デイケア リハビリ 各種セミナー(しつけ教室)

右京動物病院ブログ

6月21日(日) お手紙ありがとうございます(≧v≦)

カテゴリー: 診察 

6月21日(日)

*******臨時休診のお知らせ*********
院長(平野)は完全予約制となりますので、ご注意ください

こんばんは。
獣医師の百石です。
先日、ある飼い主様からお手紙をいただきました。
なんと、私がランニングしているところを見た!ということでした😄
車の中からだったようでしたが、Uターンまでしていただいて、、、😝
お恥ずかしい姿を見られてしまいました😅笑
また次どこかでお目にかかれた時は、よろしくどうぞです😊
最愛のHちゃんがいつまでも元気でいてくれることを心から祈っています✨
お手紙ありがとうございました。

さて今回は、今ではすっかり元気な、子犬のMちゃんのお話です。
Mちゃんは初め約2ヶ月齡の時に、低血糖状態で来院されました。
お腹に寄生虫がいたせいもあり、栄養状態が悪く、体も小さくてかなり危ない状態でした。
数ヵ月齢までの子犬さんや子猫さんは、食べない状態が半日でも続くと、低血糖に陥って亡くなってしまいます。
今日は食べないのかな〜と様子を見ていると、取り返しのつかないことになってしまうんです。
Mちゃんも他院で入院していて転院されてきたのですが、それでも低血糖を打破できていない状態でした。
意識も朦朧とし、血圧も低下しているため、血管確保も非常に困難です。
なんとかブドウ糖の点滴を流しはじめると、血糖値は少しずつ改善してきました。

しかし、食事をとらなければ再び低血糖に逆戻りです。
あらゆるものを与えてみますが、食べてくれません。
強制的にシリンジで柔らかいご飯を与えていました。
思い切ってミルクに戻してみると、なんと、自分で飲んだんです!
まだ乳離れできていなかったんですね😙
それからはやたらミルクばっかり飲んでいたので、スタッフ間では、今話題の"ミルク◯ーイ"とあだ名をつけちゃってました😁笑
部屋から出たいと訴えてきたり、えらい格好で寝るようにもなって、入院生活にも慣れてきてくれました😊

栄養がとれるようになると免疫力もついてくるので、鼻水でグシュグシュだったのも少しずつ良くなってきました。
約1週間の入院治療ですっかり元気になってくれました。

1週間も一緒に過ごしていると、愛しさが増してしまって、退院の時にはちょっぴり寂しい気持ちになっちゃいました😂
これからもしっかりご飯を食べて大きくなるんだよ〜!!

可愛いお散歩バックをプレゼント💕
すっぽり入っちゃいました😄笑

 

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、「いいね」をお願いします♪ 

A.Hyakkoku@U-KYO-Animal Hospital

⭐︎ LINEはじめました ⭐︎
 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等
便利でお得な?情報を配信して参ります(^^)v
 フードのご注文も24時間可能です♪ 
 ID検索【ukyo-ah】

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 

京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼

 
2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031