予防医療(ワクチン、避妊・去勢) 高度医療(CT検査、腹腔鏡、整形、ヘルニア) トリミング ペットホテル デイケア リハビリ 各種セミナー(しつけ教室)

右京動物病院ブログ: 猫

12月19日(日) 偶数?奇数?

カテゴリー:  

12月19日(日)

*****本院からのお知らせ*********

勤務形態変更のお知らせ
2022年1月から新しい分院を開院するにあたり、
田中獣医師の本院での勤務が2021年12月までとなります。
新しい分院の詳細についてはHP内でご案内いたします。

10月から”予約優先診察”となっておりますが、
ご予約されていない方でも、診察は可能です。
もし予約が出来なかった場合は、直接ご来院ください。
(*獣医師の指名はできませんのでご了承ください)

一昨日からすごく気温が下がり一気に真冬になりましたね(・・;)
寒いと猫たちが寝るときに布団に入ってきてくれるので嬉しい限りです(笑)
さすがに三匹一緒に寝ていると、布団の中が暖かすぎて夜中に目が覚めてしまうのですが・・・(;´・ω・)。

そして、ちょうど昨日でバズがなって亡くなってからちょうど一年が経ちました。
タムは三週間前に亡くなってしまったので、タムは一年と三週間。
亡くなった直後は一人になると泣いて今いましたが、時間がたつにつれ、
特に新参者のシェリーとラムを迎え入れてからは、お世話に追われたりして
悲しい時間が減っていき、気が付けば一年たっていたという感じです。

なので今我が家は、2歳のフィルと8ヶ月のシェリーとラムの三匹なわけです。
三匹の仲は、それほど悪くないと思うのですが、よくフィルとシェリーが一緒にいるところをよく見かけます。その時ラムは一人で寝てたりするのです。

そういう姿を見ると、人間の勝手な都合で「ラムも一緒に混ぜてあげて・・・?」
と思ってしまうのです(笑)

ふいに、複数飼育は、偶数のほうがペアになりやすいからいいのでは・・・?とおもって
調べてみますと・・・やはり私と同じ考えの方がいらっしゃるようで(笑)
絶対偶数のほうがいい!という方が多いような(笑)

もともとネコは単独で生活をする生き物だから、一匹を愛情たっぷり
可愛がってあげるほうがいい。という方も。

これを言ってしまえば元も子もないですが、基本は先住猫の性格を一番に考慮したうえで
人間側が複数飼育できる環境を整えられるかによるな。という結論に達しました(笑)
奇数偶数関係なく(笑)
スペースだったり、金銭面だったりいろいろあります💦
そこを無理してしまうとお互いが不幸になってしまうので要注意ですね💦

一匹だったら飼い主さんにいっぱい甘えてくれますし、二匹なら仲良くっつくかわいい姿も見られます♡要はネコは何匹でもカワ(・∀・)イイ!!ということです(笑)


今見たら、三匹ぎゅうぎゅうでキャットタワーに入ってました(笑)
私の考え過ぎで、結構三匹仲いいかもです(笑)

Yuko OHTA@U-KYO-Animal Hospital

 
⭐︎LINE@はじめました ⭐︎

 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等
    便利でお得な?情報を配信して参ります(^^)v
 フードのご注文も24時間可能です♪ 
 ID検索【ukyo-ah】

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師

12月1日(水) シニアに向けて、できることから

カテゴリー: あれこれ・・・ その他  

*****セミナーのお知らせ*********
デンタルセミナー:12月19日(日)
パピー教室:12月3日(金)、12月17日(金)

*****本院からのお知らせ*********
10月から”予約優先診察”となっておりますが、
ご予約されていない方でも、診察は可能です。
もし予約が出来なかった場合は、直接ご来院ください。
(*獣医師の指名はできませんのでご了承ください)

こんばんは。獣医師の三浦です。
先日の太田さんブログのウールサッキング
我が家のつぶちゃんはまさしくこれだなぁ!と思っています。
普段から布を噛む、というのは頻繁で、絨毯はすぐボロボロになっていました。
そして今まで数回、信じられない量の布を食べてしまって催吐処置をしています💦
なので我が家では、台所のふきんや手拭きタオルなど、
布製品を出しっ放しで出かけることが出来ませんでした😣
(絨毯は詰まるほど食べないので、諦めていました)
でもそういえば、最近そのような行動がないかもしれない!

思い返すと、催吐処置をしたほどの大きな誤食のときは、
いずれも私の帰宅時間がかなり遅かったときでした。
(深夜にスタッフを呼び出して手伝ってもらいました)
最近は時短勤務にさせて頂いて、一緒にいる時間が増えたのでストレスが減ったのでは…?
と思っています。
絨毯もボロボロにされず、ふきんも掛けっぱなしにできて、平和に過ごせています🙂
食べ物の出しっぱなしはごまちゃんが漁ってしまうので、無理なのですが…。
動物と過ごすのって、苦労が絶えませんね。笑

 

さて、早いものでもう12月。
私が右京動物病院に来て、5年が経とうとしています。
最近よく思うのは、「みんな歳とってきたなぁ…」ということ。
自分自身もスタッフもしかりですが…
動物たちの5年ってとても大きい!
私が右京に来た頃に通院を始め、ずっと担当させていただいている子たち。
当初は10歳前後のシニアに差し掛かったぐらいだったはずなのに、
気がついたらすっかりご高齢になっています。
そのためお別れをしなければならないことも非常に多く、悲しいです。

人よりずっと短い命ですから、お別れを迎えるのは当たり前ですし
むしろ見送ってあげられるのは幸せだと思います。
でも以前からずっと思っているのは、後悔のないお別れをして欲しいということ。
ギリギリまで元気に歩いてご飯を食べて過ごして欲しいです。
急なお別れになってしまうこともありますし、病気と共に長く過ごすこともありますが、
それでもずっとご飯食べてたね、楽しく過ごしてたねって言えるのが、勝手ながら私の理想です。

そのために出来る事…
本当に何もできなくなる前に、動物たちの変化に気付いてケアしてあげること!!
これに限ります!

人は、痛ければ痛いというし、食べたくなければそう主張します。
でも動物たちはそれを隠そうとしますし、
痛いと言えずに怒っているように伝わったり、ただの我儘だと思られたり…。
気付くことって簡単なようで、難しいです。
だんだん歳をとっていく。
血液検査が大丈夫だからといって、問題ないとは言い切れません。
その変化に気付いてあげて、出来る事をやっていきませんか??

そんな思いを共有してくれたのが、看護士の太田さん。
介護について、たくさん勉強してくれています。
そしてずっと実現したいと思っていたのが、シニアセミナー。
太田さんが形にしてくれました。
上記のようなことを飼い主様たちとも共有したいと思っています。
シニアになる前の子たちにも、
シニアになった子たちにも、
そして飼い主様たちにも、
少しでも楽しいシニアライフを送ってもらえますように…
随時、開催していく予定です。
まだまだ模索中ですので、ご興味ある方はお声がけいただけますと嬉しいです☺
よろしくお願い致します。

 

それでは今日はここで・・・ 出来ましたら、「いいね」をお願いします♪

R.Miura@U-KYO-Animal Hospital

LINE@ご登録ください。 ID検索【ukyo-ah】⭐︎

⭐︎インスタ人気です⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO・OIKE
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師

11月22日(月) ウールサッキング

カテゴリー: 太田イズム  

11月22日(月)

****セミナーのお知らせ*********

パピー教室:11月26日(金)

*****本院からのお知らせ*********

10月から”予約優先診察”となっておりますが、
ご予約されていない方でも、診察は可能です。
もし予約が出来なかった場合は、直接ご来院ください。
(*獣医師の指名はできませんのでご了承ください)


こんばんは、今日は一日雨でなんだか物憂げな一日となりました。
さて今日のお題、ウールサッキング。聞きなれない言葉なんですが、
今!太田家はこのウールサッキングなるものに悩まされています(/ω\)

ウールサッキングとは、ウール(羊毛)、サッキング(しゃぶること)という
意味ですが、ネコが毛布などをちゅぱちゅぱする行為のことです。
対象物は毛布だけでなく、フリースやヒモ、ゴム、段ボールなど様々。
問題は、これらのものをちゅぱちゅぱするだけでなく食べてしまう行為です。
いわゆる異食行為になります。

誤食と似た感じですが、誤食は食べ物だと間違えて食べてしまう、
例えば食べ物の匂いが付いた袋などがそうです。

ですが異食はネコ自身がその異物を食べようとすることです。
この行動は、常同障害と考えられており、不安やストレスが原因であることが多いといわれています。
常同障害は、病的なくらい同じ行動を繰り返す行動で、
異食のほかにも自分の尻尾をぐるぐる追いかけたり、グルーミングを執拗にしたりなども見られます。

これに当てはまるのではないかなと疑っているのがシェリーです。

シェリーは明らかに、ぬいぐるみやクッション、フリース類はすぐ口にします。

くまもんの左腕と両耳がありません(/ω\)


吐いたりウンチに出てきてくれるといいですが、腸で詰まってしまうと本当に危険です。
そして、常時ではありませんがよく自分の尻尾を追いかけてぐるぐる回っています💦

8か月未満の子ネコに見られやすいといわれており、親猫から早くに離れてしまった子は
異食する子が多いとされています。

シェリーは常同障害かと言われるほど、ひどくはないですが当てはまる行動があるので可能性の一つとして考えています。
食に対する執着も怖いくらいで、空腹のせいでなんでも食べちゃうのかと思ったり。

原因がストレスだったら何ともつらいところですが、
とりあえずは食べてしまいそうなものは全て片付けるしかありません。
そのうえでストレスになる原因を考えていこうと思っています。
もっと甘えたいのか・・・はたまた一人でゆっくりしたいのか・・・わかりませんが、
とりあえずスキンシップを増やしていこうと思います(笑)

猫同士の仲はいいと思うんですけどね・・・。
また変化があればご報告させてください(;^ω^)

Yuko OHTA@U-KYO-Animal Hospital

 
⭐︎LINE@はじめました ⭐︎

 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等
    便利でお得な?情報を配信して参ります(^^)v
 フードのご注文も24時間可能です♪ 
 ID検索【ukyo-ah】

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31