右京動物病院

診察ネット予約はこちら

お問い合わせ

075-406-5211

24時間365日なんでも相談窓口
(当院かかりつけ専用)

050-2018-2505

右京動物病院ブログ: 2024年2月11日(日)

2月11日(日) 抗菌薬💊について

カテゴリー: 診察 

2月11日(日)

****セミナーのお知らせ(本院)*********
パピー教室:2月12日(月祝)、18日(日)、25日(日)

デンタルセミナー:2月10日(土)、17日(土)


*****夜間診察のお知らせ*************
平日20:00~24:00で実施しています。
ご来院前に必ずお電話いただき、救急の方のみご利用ください。
***************************

こんにちは!

獣医師の筑紫です🤓

今日は皆さんも一度は聞いたことがある抗菌薬についてのお話をしようと思います。

 

そもそも抗菌薬とはなんなのか…

よく抗菌薬のことを、熱を下げてくれる薬、ウイルスをやっつけてくれる薬というイメージを持たれている方がいらっしゃいます。

しかしそれらは厳密に言うと間違いです😥

抗菌薬とはその名の通り、細菌の増殖を阻害したり破壊を行う薬のことを指します。なので基本的には細菌にしか効きません。(ウイルスと細菌は別です👿)

なので我々、獣医師は来院された動物さんの状態や血液検査、画像検査などを基に、細菌感染が確認できた場合やそれが疑わしい場合などに抗菌薬を使用します。

よく血液検査や画像診断を薦めるにはこういった理由もあるんです!🙄

 

しかし近年で世界的に問題になっているのが、こう言った抗菌薬に耐性を持ってしまう『耐性菌』が出現・増加している、ということです。

 

基本的なメカニズムとしては…🤔

抗菌薬を使用すると体内の細菌は死滅していきます。しかし、その細菌集団の中にその抗菌薬への耐性を持つ菌がいた場合…それらは死滅せず生き残って耐性菌の集団へと変わっていきます…。

さらに稀にそれらの耐性菌が変異を起こしたりして、増殖スピードが速くなることがあります。そうなることで、その抗菌薬を使っても死滅しない細菌の集団が出来上がり、それらが環境中(その動物の体内)に生き残ってしまいます💦

無闇な抗菌薬使用でそういったことが続くと体内では耐性菌が増えてしまい、本当に抗菌薬が必要な時に抗菌薬が効かなくなってしまい、最悪の場合、感染症で死に至ってしまいます…

なので我々は感染症を疑った時、

①感染臓器の特定

②原因微生物の特定

③抗菌薬投与の適用の是非

④抗菌薬の種類を選択

以上のことに特に注意して抗菌薬を使用しています!

上の画像が、検査で検出された菌たちです。

これらが悪さをしていて治療が必要だと判断された時に、抗菌薬を使用します💊

 

このようにして僕たちは、その動物さんの一生を考えて治療選択をしています。

治療の内容に関して不安に思ったり、不思議なことがあればいつでもご相談、質問してきてくださいね✨

Chikushi@U-KYO-Animal Hospital

⭐︎ LINE便利です ⭐︎


獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等便利でお得な?情報を配信中!
 フードのご注文も24時間可能です♪ ID検索【ukyo-ah】
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO・OIKE・ARASHIYAMA・UZUMASA
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師

2024年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829