予防医療(ワクチン、避妊・去勢) 高度医療(CT検査、腹腔鏡、整形、ヘルニア) トリミング ペットホテル デイケア リハビリ 各種セミナー(しつけ教室)

右京動物病院ブログ: 2020年1月05日(日)

1月5日(日) 効果抜群!!

カテゴリー: 診察 

1月5日(日)

******セミナーのお知らせ*********
パピー教室:1月13日(月)、18日 (土)、24日(金)、2月1日(土)
デンタル教室:1月19日(日)

*******獣医師臨時休診のお知らせ*********
平野:1月12日(日)、13日(月)、14日(火)、21日(火)、28日(火)
三浦:1月26日(日)

獣医師の百石です。
新年あけましておめでとうございます😄
みなさまはどのようにお過ごしでしょうか?
私は久々の家族旅行で、台湾へ行ってきました!
日本に比べて気温は高いのはよかったんですが、あいにくのお天気でずっと曇り空でした🌧
冬の台湾はとても雨が多いそうです💧
台湾料理はどれも絶品でした😋
小籠包に餃子、トンポーロー、北京ダック、、、
おもいっきり食べ尽くしてきました😍

エネルギーチャージ完了💪✨
今年もがんばるぞ〜!

さて、今年初ブログに登場してくれるのは元気いっぱいのスタンダードプードルのAくんです。
Aくんは初め他院で高カルシウム血症が発覚し、精査のため当院に来られました。
高カルシウム血症のためか元気も食欲もありませんでした。
高カルシウム血症の原因はたくさんあります。
腫瘍性疾患、上皮小体機能亢進症、アジソン病、腎不全などなど、、、。
今回、レントゲン検査で胸部に大きな腫瘤が確認されたことから、腫瘍性疾患を疑いました。

中でも犬で高カルシウム血症を引き起こす腫瘍性疾患で多いのがリンパ腫という病気です。
特に縦隔型リンパ腫では頻発します。
CT検査と胸部腫瘤のFNA検査の結果、やはりリンパ腫という診断がでました。
リンパ腫の治療法は基本的には抗癌剤です。
リンパ液は全身を流れているので、局所的に腫瘤をとってもあまり意味がありません。
逆に全身療法である抗癌剤が効果的です。
Aくんもさっそく治療開始です。
抗癌剤は病変に対しては効果的な反面、副作用もひどくでる場合があります。
嘔吐下痢などの消化器障害や貧血、免疫力低下などを引き起こす骨髄抑制が主にみられます。
もちろん個体差はありますが、副作用がひどすぎるために治療を断念せざるを得ない子もいます。
Aくんはというと、良かったことにそれほど大きな副作用も出ることなく、治療開始してからみるみる高カルシウム血症も改善し、食欲旺盛元気いっぱいのAくんに復活してくれました!
何よりもびっくりしたのが、治療開始して2週間ほどで、胸部に認められた巨大な腫瘤が消えているんです!!

効果抜群です!
抗癌剤治療はまだまだ始まったばかり。
Aくん、そんなに病院を嫌いにならないでね😉
一緒に頑張って病気と闘っていこうね!

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、拍手をお願いします♪

(拍手も、ランキング参加も、いつも、スタッフ一同の励みになっています(o^∇^o)ノ)

A.HYAKKOKU@U-KYO-Animal Hospital


⭐︎ LINE@はじめました ⭐︎

 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等
    便利でお得な?情報を配信して参ります(^^)v
 フードのご注文も24時間可能です♪ 
 ID検索【ukyo-ah】

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師
 ISFMキャットフレンドリークリニック ゴールド認定

2020年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com