予防医療(ワクチン、避妊・去勢) 高度医療(CT検査、腹腔鏡、整形、ヘルニア) トリミング ペットホテル デイケア リハビリ 各種セミナー(しつけ教室)

右京動物病院ブログ

5月26日(火) 身体に潤いを

カテゴリー: 診察 中医学 

*******臨時休診のお知らせ************
今月は獣医師の臨時休診はありません。
院長(平野)は完全予約制となりますので、ご注意ください。
****************************

こんばんは。獣医師の三浦です。

最近家でPC作業をしていることが多いのですが、
その間、決まってごまちゃんがPCの近くで待機しています。

何のアピール??笑
このままウトウトしている姿を見ると、
寝床に行けばいいのに…と思いつつ可愛くて仕方ないです(親バカ)

さて、本日紹介するのはこちらの可愛い猫さん。
日本猫のTちゃんです。

窓の外を眺めてお寛ぎ中…?

いえいえ、鍼灸の施術中です🙂

Tちゃんの主訴は慢性的な便秘でした。
普段からカチコチの便を少量出す程度だったのですが、
最初に病院に来られたときはさらに悪化して、数日便が出ず、
気持ち悪さから嘔吐もあったようです。

この日のTちゃんの状態で気になった事が…
背中がガチガチに硬いんです😱
通常、背中の皮膚を摘まむと軽く伸びて持ち上がるのが普通ですが
Tちゃんの皮膚は全く伸びません。
そして緊張している割に肉球がかさついて、潤いがありません💦
身体の水分バランスが慢性的に崩れてしまっている証拠です。
中医学では、食物から水分を得る、水分を全身へ巡らすの弱りが考えられます。

お母様も鍼灸治療を受けられていて、
もともと中医学的治療を希望されていたのもあり
漢方薬、鍼灸を組み合わせての治療をスタートしました。

漢方薬を始めて数日後、
カチコチ大便に少し潤いが加わってきたそうです。
回数も他の猫さんと同じように出せているようで💩
そして鍼灸施術の後は、動きが軽やかになったとのこと🐈💨
2回目の施術のときにはガチガチの背中がかなり柔らかくなっていました。
中医学ってゆっくり効く印象が強いと思いますが、
早い時は本当にすぐに変化が見られます。
身体の状態をよく見て、内側と外側、両方からケアしてあげましょうね😊

 

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、「いいね」をお願いします♪

R.Miura@U-KYO-Animal Hospital

LINE@ご登録ください。 ID検索【ukyo-ah】⭐︎

⭐︎インスタ人気です⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師
 ISFMキャットフレンドリークリニック ゴールド認定

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031