予防医療(ワクチン、避妊・去勢) 高度医療(CT検査、腹腔鏡、整形、ヘルニア) トリミング ペットホテル デイケア リハビリ 各種セミナー(しつけ教室)

右京動物病院ブログ

4月24日(金) 若齢の跛行には注意!

カテゴリー: 診察 

4月24日(金)

*******臨時休診のお知らせ*********

4月の獣医師の臨時休診はございません。
院長(平野)は完全予約制となりますので、ご注意ください。

*******分院臨時休診のお知らせ*********
5月20日(水)
5月4日(月)、5日(火)、6日(水)は祝日ですが、通常診察になります。


こんばんは、獣医師の國廣です。
最近はコロナの影響で、すっかり自粛モードですね。
普段休日は出かけることの多い私のとってはなかなか辛いものです。
これ以上の感染が広がらないよう願うばかりです。
しっかり栄養と睡眠をとって、免疫をつけていきましょう!


ではでは、本日のテーマはプードルHくんのお話。
Hくんは「1ヶ月ほど前から左後肢の跛行」を主訴に来院されました。
(跛行とはびっこを引くことです。)
触診は明らかに股関節付近に疼痛が認められました。(特に伸展時)
レントゲン検査では痛みが強すぎて、撮影できなかったため
鎮静をかけて撮影しました。

注目していただきたいのは、左の大腿骨頭の部分。(画像では右側)
左右でなんとなく違うのが分かるでしょうか?
これは「レッグ・ペルテス」という病気の所見に当てはまります。
別名「大腿骨頭虚血性壊死症」と呼ばれますが、
漢字の通り、大腿骨頭への血管がなくなり、その部分が壊死を起こしていく病気です。
この病気の特徴としては①若齢の②小型犬(チワワやトイプードルなど)によく起こることです。

治療法としては壊死した大腿骨頭を切除する方法と、股関節を人工関節に変える方法がありますが、
獣医療では、前者を選択する場合がほとんどです。
今回のHくんも大腿骨頭切除術を実施しました。
 

筋肉を剥離し、大腿骨を露出。そのまま大腿骨頭部分を切除します。

こちらは術後のレントゲン写真ですが、
大腿骨頭が切除されているのがお分かりかと思います。

手術を終えても、今後は毎日のリハビリを行い、
しっかりと筋肉をつけていかなければなりません。

飼い主様も大変でしょうが、これからも全力でサポートさせていただきます。

それでは今日はこの辺で・・・

出来ましたら、「いいね」をお願いします♪

KUNIHIRO@U-KYO-Animal Hospital

 


⭐︎LINE@はじめました⭐︎

 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等
    便利でお得な?情報を配信して参ります(^^)v
 フードのご注文も24時間可能です♪
 ID検索【@ukyo-ah】

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師
 ISFMキャットフレンドリークリニック ゴールド認定

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31