予防医療(ワクチン、避妊・去勢) 高度医療(CT検査、腹腔鏡、整形、ヘルニア) トリミング ペットホテル デイケア リハビリ 各種セミナー(しつけ教室)

右京動物病院ブログ

4月12日(金) 若齢の整形疾患

カテゴリー: 診察 

4月12日(金)

*******セミナーのお知らせ*********
パピー教室 :4月13日(土)、19日(金)、27日(土)
デンタル教室:4月28日(日)

*******獣医師の臨時休診について*********
平野:4月14日(日)、23日(火)

*******分院の診察の注意事項について*********

下記の日程は狂犬病集合注射のため、午後の診察開始時間に変更がございます。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承くださいます様よろしくお願いいたします。
4月15日(月)16:30〜
4月18日(木)16:45〜

こんばんは、獣医師の國廣です。
暖かくなったと思えば、寒くなったりと気温の変動が激しい日々が続いており、
体調を崩してしまいそうですね。
そんな私は花見をしてきました。
昼は嵐山の方に、夜は平野神社の方に行ってきました。
去年行ったときは満開だったのですが、今年は遅めに行ったにもかかわらず満開ではありませんでした。泣
そしてとてつもなく寒い!笑
神社内の食事スペースでお酒を飲みながら、ゆっくり夜桜を楽しむつもりでしたが
早々に退散してきました。
春の陽気が待ち遠しい今日この頃です。
何枚か写真を撮ったので載せておきます。



ではでは、本日のテーマは1歳9か月のプードルPちゃんのお話。
Pちゃんは「3週間ほど前から左後肢の跛行」を主訴に来院されました。
(跛行とはびっこを引くことです。)
しかし院内では足をつけて普通に歩いており、触診でも特に痛がる様子もなかったため
経過観察をすることになりました。
またご自宅での様子を動画で撮影してもらうようお願いしました。
そして1週間後の再診でもやはり症状が続くということで、
レントゲン検査を実施しました。

注目していただきたいのは、左の大腿骨頭の部分。(画像では右側)
左右でなんとなく違うのが分かるでしょうか?
これは「レッグ・ペルテス」という病気の所見に当てはまります。
別名「大腿骨頭虚血性壊死症」と呼ばれますが、
漢字の通り、大腿骨頭への血管がなくなり、その部分が壊死を起こしていく病気です。
この病気の特徴としては①若齢の②小型犬(チワワやトイプードルなど)によく起こることです。

治療法としては壊死した大腿骨頭を切除する方法と、股関節を人工関節に変える方法がありますが、
獣医療では、前者を選択する場合がほとんどです。
今回のPちゃんも大腿骨頭切除術を実施しました。
 

筋肉を剥離し、大腿骨を露出。そのまま大腿骨頭部分を切除します。

こちらは術後のレントゲン写真ですが、
大腿骨頭が切除されているのがお分かりかと思います。

手術を終えても、今後は毎日のリハビリを行い、
しっかりと筋肉をつけていかなければなりません。

飼い主様も大変でしょうが、これからも全力でサポートさせていただきます。

 

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、拍手をお願いします♪
(拍手も、ランキング参加も、いつも、スタッフ一同の励みになっています(o^∇^o)ノ)

KUNIHIRO@U-KYO-Animal Hospital

 LINE@はじめました ⭐︎
 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等
    便利でお得な?情報を配信して参ります(^^)v
 フードのご注文も24時間可能です♪
 ID検索【ukyo-ah】

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師
 ISFMキャットフレンドリークリニック ゴールド認定 


2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com