右京動物病院

診察ネット予約はこちら

お問い合わせ

075-406-5211

24時間365日なんでも相談窓口
(当院かかりつけ専用)

050-2018-2505

右京動物病院ブログ

6月29日(水) 肥満は病気!

カテゴリー: ご飯 

6月29日(水)

*****本院からのお知らせ*********
5月から夜間診療を開始しました。
平日20:00~24:00で実施しています。
ご来院前に必ずお電話いただき、救急の方のみご利用ください。
***********************

 

こんばんは、獣医師の二股です。
すっかり暑くなり、、、皆様体調など崩されていないでしょうか?

先日、診察に来た実家の愛犬ですが、
一度ダイエットに成功したものの見事にリバウンドしていました・・・💦




今日はそんな肥満のお話しをしたいと思います。

来院される動物さんの中でも肥満の子をよく見かけます。
避妊去勢手術の後に太りやすくなるので体重管理気をつけましょうねと言われたり、
もう少し痩せましょうとダイエットフードのサンプルを渡された方もいるかもしれません。

ぽっちゃりした子も可愛いし、ついついおやつをあげるし、ダイエットって難しい、、、
と思われる方も少なくないと思います。


ただ、問題なのは肥満は病気のリスクがぐんと上がってしまうということです⚡

心疾患、関節疾患、糖尿病、尿石症、脂肪肝、腫瘍、麻酔のリスク、、、など


猫でいうと、
肥満猫は正常猫に比べて4倍糖尿病になりやすく、
5倍関節疾患になりやすいそうです。


肥満の子は通常の子よりも2年寿命が短くなる!という報告もあります。
そう聞くとかなり怖いですよね、、、??💦


現在太っている子に関しては
今食べているフード量が適正なのか見直す必要があります。
大体が食べすぎが原因です。

フードの裏に書いてある体重ごとの一日の給与量はあくまで目安なので
体重の増減でその都度調整していきます。

ダイエット専用の療法食に切り替えることもおすすめです!
そういった療法食は低カロリーで痩せやすくなっているだけではなく、
早食い防止でフードの形状に工夫があったりと満腹感を得られやすく、
動物さんのストレス軽減につながったりというメリットがあります。

(早食い防止のための形状)




去勢、避妊手術が終わったタイミングで太りにくいごはんに変更することも効果的です!


また、そもそも甲状腺機能低下症、クッシング病といった肥満になる原因の病気が隠れているかもしれませんので
やはり健診は大切です。


なかなか痩せない、そもそもうちの子は肥満なのか?フードどれくらいあげたらいいの?
など気になる方は是非一度ご相談にいらしてください。



それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、いいねをお願いします♪

(拍手も、ランキング参加も、いつも、スタッフ一同の励みになっています(o^∇^o)ノ)

futamata@U-KYO-Animal Hospital


⭐︎ LINE@はじめました ⭐︎

 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等
    便利でお得な?情報を配信して参ります(^^)v
 フードのご注文も24時間可能です♪ 
 ID検索【ukyo-ah】

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師
 ISFMキャットフレンドリークリニック ゴールド認定

 

2022年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031