右京動物病院

診察ネット予約はこちら

お問い合わせ

075-406-5211

24時間365日なんでも相談窓口
(当院かかりつけ専用)

050-2018-2505

右京動物病院ブログ

4月4日(月) たかが外耳炎?

カテゴリー: 診察 

4月4日(水)

*****セミナーのお知らせ*********
パピー教室:4月10日(日)、29日(金・祝)
デンタルセミナー:4月24日(日)
シニアセミナー:4月22日(金)
*****本院からのお知らせ*********
10月から”予約優先診察”となっておりますが、ご予約されていない方でも、診察は可能です。
 もし予約が出来なかった場合は、直接ご来院ください。(*獣医師の指名はできませんのでご了承ください)

こんばんは!獣医師の細田です
とうとう4月になり、働きはじめてもう1年が経ったことに驚いている細田ですが、
新人のメンバーも増え、先輩獣医師になり身が引き締まる思いです✨
先輩と言ってもまだまだ学ぶべき事が溢れているので、後輩達とともに
一緒に成長していきたいと思っています!!🌸

今回は、暖かくなってくるこの時期に増えてくる『外耳炎』についてお話しします👂
ここ数週間の間に外耳炎で来院される子がとても多くなったように感じます。
しきりに耳を掻いたり、頭を振ったり、写真のように耳の中が真っ赤に腫れ上がったり。

痒そうな姿は見ていてとても辛いですよね😢
外耳炎になる原因はいろいろありますが、細菌や真菌の繁殖、あるいは寄生虫などが多くみられます。
元々、健康なわんちゃんの耳の中には多少細菌や真菌は存在しています。
健康な耳ではバリア機能が正常に作動して細菌や真菌が異常に繁殖しないようになっています。
しかし、アトピー性皮膚炎や脂漏症、異物、ホルモンの異常、高温多湿な環境など
様々なことがきっかけとなり、そのバリア機能が作動しなくなり細菌や真菌の異常繁殖が起こります。
外耳炎は、耳を綺麗に洗浄する事と点耳薬の治療で治ることが大半です🐶
しかし、再発を繰り返す子、慢性化している子はなんで治らないのか、
何が原因になっているのかをしっかり追求する必要があります!
たかが『外耳炎』と思いがちですが、皮膚だけの問題ではなく
実はホルモンの病気だった、実は腫瘍があったなど根本に病気が隠れている事も少なくありません😱
難治性になると点耳薬だけでは治せなくなり、最悪の場合外科的な手術が必要になることもあります。
そうなる前に、しっかり外耳炎になってしまう原因を見つけ、それに対する治療を実施する必要があります。
たかが『外耳炎』と思わずしっかり原因を見つけ治療してあげましょう!!
些細な変化でも、何か気になりことがあったらお気軽にご相談してください👌

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、拍手をお願いします♪
(拍手も、ランキング参加も、いつも、スタッフ一同の励みになっています(o^∇^o)ノ)

HOSODA@U-KYO-Animal Hospital


⭐︎ LINE@はじめました ⭐︎

 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等
    便利でお得な?情報を配信して参ります(^^)v
 フードのご注文も24時間可能です♪ 
 ID検索【ukyo-ah】

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師
 ISFMキャットフレンドリークリニック ゴールド認定

 

 

2022年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930