予防医療(ワクチン、避妊・去勢) 高度医療(CT検査、腹腔鏡、整形、ヘルニア) トリミング ペットホテル デイケア リハビリ 各種セミナー(しつけ教室)

右京動物病院ブログ

7月10日(土) 目の色

カテゴリー: あれこれ・・・ 

7月10日(土)

*******臨時休診のお知らせ*********

院長(平野)は完全予約制となりますので、ご注意ください。
田中:7月12日(月)、25日(日)、26日(月)27日(火
小澤:7月11日(日)

7月19日(月)は研修のためスタッフ数が少なくなります。
その為、19日は完全予約制とさせていただきます。
診察を希望される場合は必ず一度病院にご連絡ください。
また、可能であれば別日にご来院くださいますようご協力よろしくお願いいたします。

******セミナーのお知らせ*********
パピー教室:7月11日(日)、25日(日)

こんばんは☆

我が家のチコリはオッドアイなのですが
皆様はオッドアイを知っていますか?

オッドアイ=虹彩異色症と言い
左右の目の色が違うことを言います。

猫の場合、白猫や一部の純血種に時たまみられます。

片方が青色でもう片方が黄系のカラーが一番有名です。
チコリもこれです💄

他にも色の濃淡が違ったりがあります。

古来から縁起が良いものとされてきました💎

生活上で何か問題があるかと言われれば
聴覚障害があるかもしれないということ⚡

何で目の話なのに耳のこと?になりますが、
猫の目の色は遺伝子が関係しています。
メラニン色素の量によって目の色が決まるのですが、
白猫がもつ遺伝子の中でメラニン色素(メラノサイト)を抑制する力を持つものがあり
毛色と同様に目の色も抑制されます。

目の色素が欠乏することで目が青く見えているということが分かりました💡

メラノサイトは毛や目の色以外にも耳の発達にも関与しており
耳の組織の形成時にメラノサイトが欠乏するとその影響を受け、
聴覚障害を起こすと言われています。

両目が青色の白猫で60−80%
オッドアイの青色側の目の耳で30−40%聴覚障害があるかもという研究結果も🤔

実際は他の遺伝子が複雑に関わっているかもしれませんが
まだまだ謎が多いそうです🙄

今のところチコリは元気に過ごしているので一安心です🕶

Miyauchiそれでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、「いいね」をお願いします♪

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師
 ISFMキャットフレンドリークリニック ゴールド認定 

2021年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031