予防医療(ワクチン、避妊・去勢) 高度医療(CT検査、腹腔鏡、整形、ヘルニア) トリミング ペットホテル デイケア リハビリ 各種セミナー(しつけ教室)

右京動物病院ブログ

7月7日(火) 毛が薄いのは?

カテゴリー: 診察 中医学 

*******臨時休診のお知らせ*********
院長(平野)は完全予約制となりますので、ご注意ください

 

こんばんは。獣医師の三浦です。
毎日、朝の連ドラを見るのが日課だったのですが
コロナの影響で再放送に変わり、少し寂しい気持ちです😥
自粛ムードが少しずつ和らいできていますが
第2派の予兆があったり、まだまだ油断大敵ですね。
引き続き予防を徹底していきましょう💪

 

さて、以前ご紹介したトイプードルのMちゃん。

四肢のふらつきで、椎間板ヘルニアかと思いきや
甲状腺機能低下症で、ホルモン剤の投与で歩けるように戻ってきた子です。

その後、どうなったかというと…

ご覧ください👀

毛がフサフサ🤗
お腹や後肢の辺りがしっかりと生えてきました。
写真では分かりにくいのですが、毛の色も濃く変化しています。

ホルモンって大切とつくづく思います。

東洋医学ではこのように毛の薄い状態は「血虚(けっきょ)」と捉えます。
「血虚」とは、身体の栄養成分である「血(けつ)」が不足している状態。
他の症状としては
・皮膚の乾燥・痒み
・爪がパサパサ
・関節の動きが悪い
・不安・イライラ・不眠
・舌色が薄い
先天不足や病気後の消耗、胃腸の虚弱による生成不足により起こるとされます。
「血」とは西洋医学での血液のことも含みます。
実際に当初は貧血もみられていたMちゃんは、まさに血虚の状態と一致していました。

そして血虚が進むと血の循環が悪くなり、固まった血液は「瘀血(おけつ)」になります。
瘀血は痛みを生じますし、腫瘍や癌へ変化すると考えられています。
だから、早めの対処が必要なのです。

現状、数値も改善し歩けるようになってまあまぁ良い状態ですが、
まだまだ火照りがあったり、東洋医学的には「未病」の状態です。
Mちゃん、これからもしっかりケアしていきましょうね😊

 

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、「いいね」をお願いします♪

R.Miura@U-KYO-Animal Hospital

LINE@ご登録ください。 ID検索【ukyo-ah】⭐︎

⭐︎インスタ人気です⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師
 ISFMキャットフレンドリークリニック ゴールド認定

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031