予防医療(ワクチン、避妊・去勢) 高度医療(CT検査、腹腔鏡、整形、ヘルニア) トリミング ペットホテル デイケア リハビリ 各種セミナー(しつけ教室)

右京動物病院ブログ

5月10日(金) 歯周病から・・・

カテゴリー: 診察 

5月10日(金)
*******セミナーのお知らせ*********
パピー教室 :5月11日(土)、17日(金)、25日(土)、31日(金)
デンタル教室:5月19日(日)

*******獣医師臨時休診のお知らせ*********
平野:5月14日(火)、21日(火)


こんばんは、獣医師の國廣です。
世間のゴールデンウィークも終わり、早4日。
みなさん10連休はゆっくり過ごせましたでしょうか?
10連休もしてしまうと、仕事に復帰するのが辛そうですよね。笑
「五月病」とはよく言ったものです。
そんな私は2.5休を頂き、恩師に会ったり、実家に行ったり、結婚式に行ったりと
予定が詰まっておりました。
休みがあっても、家で寝てるのがもったいないと思ってしまい、
結局ゆっくりできないことが多いです。
おやすみモードの気持ちを切り替えて、診察に励みたいと思います!

それでは、今日のテーマは13歳トイプードルのNくんのお話。
来院理由は「歯周病が原因となった下顎骨折の手術をしてほしい。」というものでした。
他院さんで診断をつけてもらって、外科手術は紹介されるということはたまにありますが、
院長が”外科認定医”になってからは、ますます増えた気がします。

Nくんは来院時、口が開いたままとなっており、
ごはんも缶詰などの柔らかいものしか食べれなくなっていました。
こちらがNくんのレントゲン写真です。

下顎の骨に亀裂が入っているのが見てわかると思います。

では手術に移りましょう。と言いたいところですが、
Nくんは高齢なこと、心臓に雑音があることなど
麻酔のリスクを上げる点がいくつかありました。
なので、まずNくんがしっかり麻酔に耐えうるかというところを
全身隈なく検査する必要があります。
血液検査、レントゲン検査、胸腹部のエコー検査をすべて行った上で、
Nくんは手術適応だろうという判断が下りました。

麻酔をかけ、手術を行う前にCTを撮影して骨の状況を把握します。

顎の下から見た3D画像ですが、
より詳細に骨折面が確認できます。

骨折手術はこの骨折面をプレートで固定する方法が用いられました。
骨折部分が湾曲していること、歯周病により骨が弱くなっていることなど
極めて難しい手術となりました。
一部写真を載せておきます。

無事手術を終えて、目が覚めたNくんは
なんと口をしっかり閉じていました。
これを見て飼い主様も大変喜んでおられました。
手術翌日からはしっかりごはんも食べ、
元気に退院されました。

歯周病1つで下顎骨折にまでなってしまうという今回のケースですが、
やはり歯も健康の重要な要素になってくることを改めて実感しました。

歯磨きなどのデンタルケアは手間がかかりますが、
ぜひみなさんしていただきたいと思います。
デンタルセミナーも月1回開催しておりますので、参加お待ちしております。

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、拍手をお願いします♪
(拍手も、ランキング参加も、いつも、スタッフ一同の励みになっています(o^∇^o)ノ)

KUNIHIRO@U-KYO-Animal Hospital

LINE@はじめました ID検索【ukyo-ah】⭐︎

獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等
便利でお得な?情報を配信して参ります(^^)v
フードのご注文も24時間可能です♪

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師
 ISFMキャットフレンドリークリニック ゴールド認定 

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com