予防医療(ワクチン、避妊・去勢) 高度医療(CT検査、腹腔鏡、整形、ヘルニア) トリミング ペットホテル デイケア リハビリ 各種セミナー(しつけ教室)

右京動物病院ブログ

10月7日(日) 打倒!血管肉腫 !(>_<)//

カテゴリー: 診察 

10月7日(日)

゜゚・*:.。..。.:*・゜獣医師の臨時休診のお知らせ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
それぞれの通常の休みに加え、下記日程が休みとなりますのでご注意下さい。
詳しくはホームページの獣医師出勤表をご確認下さい。 
平野:10月6日(土)午後、7日(日)、16日(火)、19日(金)
20日(土)、21日(日)、27日(土)、28日(日)
百石:10月1日(月)、22日(月)出勤
13日(土)午後、23日(火)、24日(水)、25日(木)、26日(金)
27日(土)、28日(日)
廣畑:10月20日(土)、22日(月)、23日(火)出勤
三浦:10月1日(月)、2日(火)、3日(水)、25日(木)出勤


先日、私のおばあちゃんの91歳のお誕生日会がありました。
久々に親戚みんな集まって、美味しいものを食べて笑って大賑わいでした😄
おばあちゃんもたくさんの家族に囲まれてとても嬉しそうでした😊
おばあちゃんはとても活発でとても元気なんです💪
週に数回フィットネスジムに通っていて、水泳やストレッチをしているそうです。
私の血筋はおばちゃんから受け継がれてきたのだなと再認識しました😙
そんなスーパーおばあちゃんを見習って、私も1ヶ月半後のマラソン大会に向けて頑張りますっ💪😁
応援よろしくお願いします!!

さて、今回は病気と懸命に闘っているMちゃんのお話です。
Mちゃんは初め腹腔内出血を起こし、貧血がかなりひどく危ない状態でした。
原因は脾臓に巨大な腫瘍ができ、それが破裂してしまったんです。
命を救うためには出血を止めて、原因である脾臓の腫瘍を切除する必要があります。
何度か輸血を行い状態を安定させた上で、腫瘍切除の手術を行うことになりました。
腹腔内の大きな腫瘍を摘出する際には、腫瘍を採った直後に血圧が急に下がってしまい命を落とすことがあるので、かなりの注意が必要です。
そういった事態に対しての準備も万全にして、手術開始です。

開腹すると大きな腫瘍が出て来ました。
思った以上に大きく重量感があります。

癒着しているところをソノサージ(超音波メス)を使って慎重に剥がしていきます。

術中血圧は安定しており、なんとか無事切除できました。

術後は徐々に一般状態も回復し、数日で元気にご飯も食べるようになってくれました。
オーナーさんも大喜びでした!

そして1週間後、腫瘍の診断結果がでました。
”血管肉腫”です。
そう、私の愛犬アムロの命を奪った病気と同じです。
かなり悪性度の高い悪性腫瘍です。
手術して病変を切除しても、その後無治療では数ヶ月で再発し命を落とすと言われています。
なんとかその再発を抑えるためには抗癌剤治療が必要になります。
もちろん抗癌剤ですから、副作用の面からもどこまでコントロールできるかはわかりません。
反応の出方もその子によってさまざまです。
オーナーさんと相談した結果、なんとか今の元気な状態が少しでも長く続ければということで、抗癌剤を開始することになりました。
先日、1回目の抗癌剤治療を行いましたが、今のところ元気にしてくれているようです。
まだまだ始まったばかりです。
愛犬アムロから学んだことをなんとかMちゃんに繋げていけたらを思っています。
Mちゃん、全力でサポートします!!
一緒に頑張っていこうね!!

それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、拍手をお願いします♪
(拍手も、ランキング参加も、いつも、スタッフ一同の励みになっています(o^∇^o)ノ) 

A.Hyakkoku@U-KYO-Animal Hospital

  にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ
京都市右京区(鳴滝・常盤・太秦・嵯峨・嵐山・花園・梅津・円町・西京極)
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com