右京動物病院

診察ネット予約はこちら

お問い合わせ

075-406-5211

24時間365日なんでも相談窓口
(当院かかりつけ専用)

050-2018-2505

右京動物病院ブログ

11月23日(火) 愛くるしいけど、、、

カテゴリー: 診察 

*****セミナーのお知らせ*********
デンタルセミナー:12月19日(日)
パピー教室:12月3日(金)、12月17日(金)

*****本院からのお知らせ*********
10月から”予約優先診察”となっておりますが、
ご予約されていない方でも、診察は可能です。
もし予約が出来なかった場合は、直接ご来院ください。
(*獣医師の指名はできませんのでご了承ください)

こんばんは!獣医師の細田です🍁

いきなりですが皆さん短頭種という言葉はご存知ですか?
短頭種とは、パグやブルドッグ、ペキニーズ、シー・ズー、マルチーズなどの
鼻がぺちゃっとなっているワンちゃんたちのことです。
短頭種の子たちは、なんとも言えない愛嬌溢れるお顔立ちをしていてとても可愛いですよね!
しかし、その愛くるしいお顔を持つ短頭種ならではの病気があります。
ブルドックやパグが呼吸しずらそうに「ガーガー」「フガフガ」「ブーブー」言っている姿をよく見ませんか?
短頭種は他の犬種よりも生まれつき空気の通り道である気道が狭い傾向にあります。
そのため、呼吸困難(いびき、睡眠時無呼吸症候群、異常呼吸音)などの症状が出ることがあり、
これを短頭種気道症候群と言います。
これらの症状は、具体的には鼻の穴が狭かったり(外鼻孔狭窄)、軟口蓋と呼ばれる喉の奥にあるひだが長かったり(軟口蓋過長)などの生まれつきの気道の構造異常によって生じます。
短頭種気道症候群は、生まれつきの病気なので内科的な治療で完治はしません。
しっかり治すためには外科的な治療が必要な場合があります。

こちらは、短頭種気道症候群の原因うちの1つである、外鼻孔狭窄のフレンチブルドックさんの写真です。

鼻の穴がほとんど見えず、見るからに呼吸がしづらそうですよね💦
この子は、いびきや興奮した時に「ブーブー」と鼻が鳴り呼吸がしづらそうという症状がありました。
飼い主様の希望もあり、避妊手術の際に一緒に外鼻孔を広げる手術を実施しました。
術後の写真がこちらです。

鼻の穴がはっきりと見えるようになりました。これで呼吸がしやすくなります!

短頭種気道症候群と言っても、ワンちゃんにとって症状の程度は様々です。
短頭種を飼っていらっしゃる方で、ワンちゃんのいびきや呼吸音が気になる、しんどそうという方はお気軽にご相談ください。


それでは今日はここで・・・ 出来ましたら、「いいね」をお願いします♪

HOSODA@U-KYO-Animal Hospital


⭐︎ LINE@はじめました ⭐︎

 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等
    便利でお得な?情報を配信して参ります(^^)v
 フードのご注文も24時間可能です♪ 
 ID検索【ukyo-ah】

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師
 ISFMキャットフレンドリークリニック ゴールド認定

 

2022年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930