予防医療(ワクチン、避妊・去勢) 高度医療(CT検査、腹腔鏡、整形、ヘルニア) トリミング ペットホテル デイケア リハビリ 各種セミナー(しつけ教室)

右京動物病院ブログ

11月24日(水) 体型管理

カテゴリー: 未分類 

11月24日

*****セミナーのお知らせ*********

パピー教室:11月26日(金)

*****本院からのお知らせ*********
10月から”予約優先診察”となっておりますが、
ご予約されていない方でも、診察は可能です。
もし予約が出来なかった場合は、直接ご来院ください
(*獣医師の指名はできませんのでご了承ください)

こんばんは!
SAGANOとOIKEで勤務しています、看護師の辻岡です!
最近だんだん寒くなり秋から冬になってきていますが、皆さんも体調に気をつけてお過ごしくださいね!

さて、今回はわんちゃん、ねこちゃんの体型BCSについてお話していこうとおもいます!
BCSとは?
ボディーコンディションスコアの略でわんちゃん、ねこちゃんの身体を見たり触ったりしてその体系を5段階(もしくは9段階)で判断する指数のことです。
1:痩せすぎ、2:痩せ気味、3:適正、4:太り気味、5:肥満の5段階で表せます!

↑これがスコアのイメージ図です。
お家の子のチェック方法は...
まず1つ目は、わんちゃんねこちゃんのくびれを見てください!(毛の長い子は触りながらやってみてください!)
ほどよくくびれがある子の場合は3の適正です。
くびれが分かりにくかったり、全く分からない場合は4もしくは5の評価になります。
反対に、顕著にわかる場合は1もしくは2の評価になります。

2つ目は、肋骨周りを触って見てください!
少し力をいれて、肋骨が指で触れる程度の場合は3の適正の評価になります。
指で探さないと分からない、全く分からない場合は4もしくは5の評価になります。
反対に、力を加えなくても肋骨が触れたり、ぱっと見ただけでも肋骨がわかる場合は1もしくは2の評価になります。

どうでしょうか、お家のわんちゃん、ねこちゃんの身体をチェック出来ましたでしょうか?
痩せていたり、太っていたりするのには様々な原因があります。
一日の運動量や、その子のライフステージによることや、ご飯の量や種類などによっても変わってきます。
また、体型によっての病気もリスクも様々です。
なので、体調管理の一環としてBCSの評価をしてみてくださいね✨

 

それでは今日はここで・・・ 出来ましたら、「いいね」をお願いします♪

Tsujioka@U-KYO-Animal Hospital

LINE@ご登録ください。 ID検索【ukyo-ah】⭐︎

⭐︎インスタ人気です⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO・OIKE
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師

2021年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031