右京動物病院

診察ネット予約はこちら

お問い合わせ

075-406-5211

24時間365日なんでも相談窓口
(当院かかりつけ専用)

050-2018-2505

右京動物病院ブログ

8月6日(土) 日頃のチェック大切!

カテゴリー: あれこれ・・・ 

*****セミナーのお知らせ*********

パピー教室:8月20日(土)、21日(日)、27日(土)
デンタル:8月11日(木祝)

シニアセミナー:8月30日(火)

*****本院からのお知らせ*********

三浦:8月19日(金)

5月から夜間診療を開始しました。
平日20:00~24:00で実施しています。
ご来院前に必ずお電話いただき、救急の方のみご利用ください。
***********************

 

こんばんは、分院の二股です。

猛暑が続いていますね💦
もうすぐお盆!ですが分院は祝日8月11日以外は通常通り開院していますので
万が一体調不良などあれば安心してご来院下さい🍉


最近あったことといえば、分院の看護師Tさんの猫、ゆめちゃんの手術をしました。
健診で来院したゆめちゃんでしたが、
お腹の皮膚に3mm程度の小さなできものがあるとのこと、、、

一見悪いもののようには見えないかもしれませんが
皮膚の結節を見つけた時、猫では2/3は悪性と言われています。
犬よりも悪性の可能性が高いのです。。。

検査の重要性が分かりますね💦


細胞診検査をすると顕微鏡で肥満細胞が沢山みられ、
肥満細胞腫と診断しました。
肥満細胞とは炎症や免疫に関わる細胞です。
細胞内にヒスタミン、セロトニン、ヘパリンといった
生理活性物質を含んだ顆粒が沢山あります。
(写真で濃い青に染まった顆粒)
この細胞が腫瘍化したものが肥満細胞腫です。


猫の皮膚にできる肥満細胞腫は犬とは違って穏やかな経過を辿ることが多く、
脾臓など他の臓器に病変がなければ、外科手術のみで良好な予後が得られます。

ゆめちゃんも他臓器の病変はなく、皮膚のみであったため、
早速翌日に手術での切除を行いました。

今回見事に小さいできものを見つけてくれたTさんでしたが、
日頃の観察、触れ合いはとても大切!と改めて感じた出来事でした✨

内臓疾患とは違い皮膚病変は自宅でも見つけられるため、
日頃から触れ合いの機会に是非チェックしてあげてくださいね!

 

 

 

futamata@U -KYO-Animal Hospital

 

⭐︎ LINE@はじめました ⭐︎
 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等便利でお得な?情報を配信中!
 フードのご注文も24時間可能です♪ ID検索【ukyo-ah】

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO・OIKE・ARASHIYAMA
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師

2022年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031