右京動物病院

診察ネット予約はこちら

お問い合わせ

075-406-5211

24時間365日なんでも相談窓口
(当院かかりつけ専用)

050-2018-2505

右京動物病院ブログ

9月26日(日) よくする検査

カテゴリー: 診察 

9月26日(日)

******臨時休診のお知らせ*********
院長(平野)、三浦は完全予約制となりますので、ご注意ください。

*****セミナーのお知らせ*********


こんばんは、獣医師の國廣です。
夏も終わり、涼しく過ごしやすい季節になってきました。
あっという間に9月も終わりで、今年も残すところあと3ヶ月です。
年内の目標も立てて、行動していきたいですね!

さてさて、本日は最近よく実施する検査について
皆さん、「細胞診」という検査方法はご存知でしょうか?
実際どういうときに実施するかというと、腫瘤や結節といったデキモノができている子に対して行います。
皮膚表面だけでなく、お腹の中のリンパ節や、肝臓などの臓器にも実施することがあります。


写真のように針をついて、直接細胞を取ってきます。
シリンジを使って吸引をするFNAと、吸引をかけないFNBがあります。
実際どのように細胞が見えるのか写真を載せていきます。

こちらはリンパ腫の細胞診所見です。
血液の悪性腫瘍で、この子は全身のリンパ節が腫脹する多中心型リンパ節と診断がくだりました。


続きまして、こちらは肛門嚢に硬い腫瘤ができており、そのときの所見です。
診断は肛門嚢アポクリン腺癌という悪性腫瘍を疑うというものでした。

このように麻酔などを行わずに、検査、診断できるのが細胞診のメリットかと思います。
しかし100%診断ができるかというと、全くそうではありません。
最終的には病理組織検査が必要になる場合も多いです。

そのときの状況や進行具合など、色々な情報を踏まえて方針を決めなければいけません。
どんな病気でも早期発見・早期治療が重要なので、気になることがあればすぐに来院してください。
10月からはホームページでも載せているように、診察の形態が少し変わります。
土日は指名の方ですぐ予約が埋まってしまう可能性はありますが、今後ともよろしくお願い致します。


それでは今日はこの辺で・・・ 出来ましたら、拍手をお願いします♪

(拍手も、ランキング参加も、いつも、スタッフ一同の励みになっています(o^∇^o)ノ)

KUNIHIRO@U-KYO-Animal Hospital


⭐︎ LINE@はじめました ⭐︎

 獣医師の診察スケジュール、フードの日、セミナーのご案内等
    便利でお得な?情報を配信して参ります(^^)v
 フードのご注文も24時間可能です♪ 
 ID検索【ukyo-ah】

⭐︎インスタ始めました⭐︎ 
京都市内初の腹腔鏡システム、CT検査装置導入 [腹腔鏡下避妊手術、遠隔診断]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER・SAGANO
JAHA認定 総合臨床医・外科医/ 国際中獣医学院認定 中獣医鍼灸師
 ISFMキャットフレンドリークリニック ゴールド認定

2022年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031