予防医療(ワクチン、避妊・去勢) 高度医療(腹腔鏡、整形、ヘルニア) トリミング ペットホテル デイケア リハビリ 各種セミナー(しつけ教室)

診療方針

ごあいさつ

院長 平野 隆爾

現代の家庭で飼われる動物は、“伴侶動物”とも呼ばれ、家族の一員として、まさに“人生の伴侶”として認識されつつあります。
それとともに近年の獣医療も発展し動物たちの寿命が延びることで腫瘍(がん)や心臓病・腎臓病といった慢性疾患も人間と同様に増加してきています。

当院ではそんな伴侶動物達が健康で長生きするために、また飼い主様と動物達がともに幸せに暮らしていけるように、獣医療を含めた動物のトータルヘルスケアサービスを提供します。

具体的には医療として5本の柱(地域医療、高度医療、予防医療、低侵襲医療、救急医療)を軸に動物の健康・命を守ります。また健康診断(動物ドック)、トリミング、ペットホテル、デイケアサービス、ペットグッズ販売、しつけ教室、各種セミナー(飼い主様向け・獣医療者向け)を実施します。動物の総合健康管理施設として、そして京都に必要不可欠な動物病院になるべく、「動物にも飼い主様にも優しい医療が“ここ”にはあります」をキャッチコピーに、地域に愛される動物病院として、そして世界中の動物達が幸せに暮らせるように…
常に努力し、考え、実践していきたいと思っています。
何かお困りのことがあれば、小さなことでもお気軽にご相談ください。

右京動物病院 院長 平野 隆爾

右京動物病院のクレド(信条)

  • ①EBM(科学的根拠に基づいた医療)ならびに“心”のこもった医療を提供します
  • ②インフォームドコンセントを重視し、分かりやすい説明を心掛けます
  • ③地域に愛され信頼される動物病院を目指し、常に向上心をもって努力し続けます

5本柱の獣医療

低侵襲医療 高度医療 地域医療 予防医療 救急医療